インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」by胤森由梨

大阪市立美術館 「デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年7月8日
ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入した、デトロイト美術館のコレクションの中から、印象派から20世紀フランス絵画に至るまでの選りすぐりの52点の作品を4章立てで展示しています。


フィンセント・ファン・ゴッホ 《オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて》 1890年 Bequest of Robert H. Tannahill
本展覧会はフランスの近代絵画、とりわけ印象派を代表するセザンヌ、ルノワール、モネ、ドガの作品にはじまり、その発展形態といえる20世紀のドイツとフランスの絵画を展示することで、印象派の展開をみることができます。

ここでは、印象派の展開を章ごとに、作品とともに簡単に紹介していきます。

印象派

クロード・モネ 《グラジオラス》 1876年頃 City of Detroit Purchase
モネやドガ・ルノワールを代表する印象派は戸外での作品制作を重視し、アカデミーの伝統的で保守的な自然主義からの脱却を目指し、画家は目にした光や大気の印象を短い筆致でとらえようとしました。

ポスト印象派

ポール・セザンヌ 《サント=ヴィクトワール山》 1904年—1906年頃 Bequest of Robert H. Tannahill
印象派が一瞬の形態を画面上にとどめようとしたのに対し、ポスト印象派はより普遍的なものを表現しようとしました。例えば、セザンヌは、画家は自然に敬意を払いながらも単純に従うのではなく、それを素材として扱うべきであると考えました。

20世紀のドイツ絵画

ワシリー・カンディンスキー 《白いフォルムのある習作》 1913年 Gift of Mrs. Ferdinand Moeller
20世紀ドイツでも、印象派に端を発する潮流は受け継がれました。ドイツでは、印象派がそうしたようにアカデミーへ反発を見せながらも、造形化しがたいような内的世界が描かれるようになりました。

20世紀のフランス絵画

アンリ・マティス 《窓》 1916年 City of Detroit Purchase
20世紀ドイツ絵画と同じく、古典的な規範を打ち破る新しい表現が志向され、フォーヴィズム、キュビズム、プリミティヴィズム、表現主義、抽象といった新たな潮流が生まれました。

本展覧会では、全ての作品を写真に撮ることができます(一部の作品はSNSをはじめとする不特定多数への公開が禁止されています)。大阪展では、7・8月の火曜、水曜、木曜(祝日を除く)に撮影可能です。
また、夏休み企画として小学生の子供と一緒に楽しむことができるイベントとして、鑑賞ノートづくり(7月9日~8月31日)と親子ミュージアム講座(7月16日、7月18日)が開催されます。
この夏休みにご家族で思い出づくりに行かれてみてはいかがでしょうか。

会場風景

左からギュスターヴ・クールベ《川辺でまどろむ浴女》、ピエール・オーギュスト・ルノワール《肘掛け椅子の女性》、ピエール・オーギュスト・ルノワール《座る浴女》

左からアンリ・マティス《コーヒータイム》、アンリ・マティス《窓》、アンリ・マティス《ケシの花》

会場大阪市立美術館
開催期間2016年7月9日(土)~9月25日(日)
所在地 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
TEL : 0748-82-3411
HP : http://www.osaka-art-museum.jp/
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社