インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「生誕300年記念 伊藤若冲 ─ 京に生きた画家 ─」by白川瑞穂

細見美術館 「生誕300年記念 伊藤若冲 ─ 京に生きた画家 ─」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2016年7月27日
モノクロームの若冲を堪能!
今年、生誕300年を迎え、ますます人気沸騰中の伊藤若冲。今、京都の細見美術館で、当館や京都の若冲ゆかりの寺院が所蔵している作品を中心にした展示が開催されています。

若冲といえば、まずは真っ先に、鮮やかな色彩で描かれた「動植綵絵」を思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか。今回の展示でも、動植綵絵を思わせる、鶏を精密に描いた作品が最初のパートで展示されています。

伊藤若冲《雪中雄鶏図》
しかし、素晴らしい画力をほぼ独力で身につけた若冲作品の魅力を十二分に感じられるのは、実は水墨画ではないかと思います。

伊藤若冲《花鳥図押絵貼屏風》左隻
紙や墨、筆の性質、描くときの筆のスピード、濃淡、全て熟知し計算したうえで描かれた作品たち。

伊藤若冲《鼠婚礼図》
ただ描かれているのは、現代のゆるキャラのような愛嬌のある動物だったりして、絵に必要以上の緊張感をにじませることなく、観る者を笑顔にさせてくれます。

家督を弟に譲り、今でいう引きこもりに近いような形で絵の世界に没頭していた若冲は少々変わった人物だと受け止められていたのかもしれませんが、身の回りの生き物に対する優しいまなざしから、心やさしくちょっとおちゃめな人だったのではと思わずにはいられません。

伊藤若冲《糸瓜群虫図》
この絵には11匹の小さな虫が描かれています。私は8匹しか見つけることができませんでしたが、全部わかりますか?

晩年には郊外に移り住むことになり、昔のように貴重で高価な画材を使うことができない状況にあったという事情もありますが、若冲の水墨画は若い頃よりも晩年に多く描かれており、余計なものをそぎ落としたシンプルな作品、一見地味なモノクロームの世界に若冲の独特な世界観が広がっています。若冲イヤーの今年、若冲が生きた京都でのこの展示で、ぜひ体感してみてください。

ところで、この展示の図録が製作・販売されていなかったのは少し残念でした。 2014年に発行された、細見美術館所蔵の若冲作品を中心とした「伊藤若冲と京の美術」(青幻舎)には、今回出品される若冲作品19点のうち、15点が収録されているそうですので、こちらを買いました。


伊藤若冲と京の美術 ―細見コレクションの精華 (2,700円)
他にも琳派の作品などが掲載されていて、考えようによってはお得かもしれません。

※画像提供 細見美術館

会場細見美術館
開催期間2016年6月24日(金)~9月4日(日)
所在地 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
TEL : 075-752-5555
HP : http://www.emuseum.or.jp/
展覧会詳細へ 「生誕300年記念 伊藤若冲 ─ 京に生きた画家 ─」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
も美濃の茶陶
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 奥の細道330年 芭蕉 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社