インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「メアリー・カサット展」by胤森由梨

京都国立近代美術館「メアリー・カサット展」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年9月26日
母と子へのあたたかい眼差し
メアリー・カサットはアメリカ出身の女性画家で、当時まだ女性の職業画家が少なかった時代に、数々の困難を乗り越えて画家となる意思を貫いた、バイタリティあふれる女性です。
日本では35年ぶりに開催された本展覧会は、横浜美術館から巡回し、京都国立近代美術館にやってきました。



奥の絵画は、カサットの代表作であり、日本初公開の≪桟敷席にて≫(1878年)です。京都での展覧会では、当時パリで流行していた≪デイ・ドレス≫(1875年頃)と併せて展示されています。

本展覧会は主に3つの章で構成されています。章ごとの簡単な説明とともに、展覧会風景をご紹介します。

第一章は、父親に反対されながらも画家になることを決心したカサットの最初期の作品がメインとなる、「画家としての出発」です。


(左から)メアリー・カサット≪赤い帽子の女性≫(1874‐75年) / エミリー・サーティン、題名不詳(1887年)
エミリー・サーティンは、カサットがペンシルヴェニア美術アカデミーに在籍していたころの同窓生で、女性画家として苦楽を共にした友人でした。

第二章は、巨匠ドガとの運命的な出会い、また印象派展への参加を果たしたことで、作風が変化したカサットの作品を展示する「印象派との出会い」です。


(左から)メアリー・カサット≪庭の子供たち(乳母)≫(1878年) / メアリー・カサット≪浜辺で遊ぶ子供たち≫(1884年)
左の作品には、印象派展への参加を通じて獲得した風景表現が見られ、右の作品では、風景よりも人物に関心を寄せるカサットの独自性が表れています。

第三章は、カサットのジャポニスムによる影響やシカゴ万国博覧会での壁画制作の様子、またカサットの代名詞といえる母子像が展示されている「新しい表現、新しい女性」です。


(左から)メアリー・カサット≪母のキス≫(1890‐91年) / メアリー・カサット≪沐浴する女性≫(1890‐91年) / メアリー・カサット≪仮縫い≫(1890‐91年) / メアリー・カサット≪手紙≫(1890‐91年) / メアリー・カサット≪オムビュスにて≫(1890-91年)
これらはカサットが1890年のエコール・デ・ボザール(国立美術学校)で開催された日本版画展で見た浮世絵に感動して制作された作品です。浮世絵版画から用いたモチーフもたくさん見られますが、カサットは浮世絵の造形原理を積極的に取り入れています。


(左から)フ左から、メアリー・カサット≪母親とふたりの子ども≫(1905年) / メアリー・カサット≪モレル・ダルル―伯爵夫人と息子≫(1906年)
≪母親とふたりの子ども≫について、メアリー・カサットは「自分の最高の作品のひとつ」と述べています。作品に描かれた年長の少女に注目すると、裸の赤ちゃんに対して少しうらやましがっているような、そんな様子が伝わってきます。

本展覧会では、『ジヴェルニーの食卓』でおなじみの原田マハさんのトークショーや、ギャラリー・トーク、そしてファミリープログラムとしてパステルを使って家族の絵を描くイベントが開催されます。

カサットの描く、母と子のあふれる愛のまなざしをぜひ体感してみてください。


会場京都国立近代美術館
開催期間2016年9月27日(火)~12月4日(日)
所在地 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL : 075-761-4111
HP : http://cassatt2016.jp/
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社