インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」by胤森由梨

京都市美術館「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年10月3日
茶目っ気たっぷり若冲ワールド
10月4日から、生誕300年を迎える伊藤若冲の展覧会が、ゆかりの地である京都で開催されています。



若冲は、河原町に程近い錦市場にある青物問屋の長男として生まれました。彼は家業のかたわら、当時絵画マーケットで大きな市場を占めていた、狩野派、尾形光琳、中国の元代・明代の画法を学びました。そして40歳という若さで家業を弟に譲り、亡くなるまで絵を描き続けました。

若冲が生まれ育った18世紀の京都は、朱子学を重んじる江戸とは異なり、中国からの影響で様々な思想が生まれ、自由な精神が育まれていました。若冲の作品はそうした自由な精神風土の中で描かれたため、同時代の江戸で活躍した画家の作品と比べても、茶目っ気たっぷりです。

以下で特に印象深かった作品と、展覧会の様子をご紹介していきます。

伊藤若冲《布袋図》、個人蔵(展示期間 通期)
この作品は本展覧会の図録の表紙にも使われている作品で、布袋さんがこちらにあっかんベーをしています。若冲のお茶目さがにじみ出ていますよね。

伊藤若冲《雪中雄鶏図》、細見美術館(展示期間10月4日〜11月6日)
雪が積もった冬の日に、雪の中に餌を探す雄の鶏が描かれています。近年の研究では、この雄鶏が「世俗を離れ、風雪に耐え、ひとり自己の信じる道を追求する求道者」のアレゴリーであるという解釈もあります。

伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》(右隻)、静岡県立美術館蔵(展示期間11月22日〜12月4日)
伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》(左隻)、静岡県立美術館蔵(展示期間11月22日〜12月4日)
この作品は「升目(ますめ)描き(縦横1cmの方眼に彩色を施す方法)」という、若冲が発明した面白い手法で描かれています。右隻は獣尽くし、左隻は鳥尽くしで描かれています。中には若冲が想像して描いた架空の動物もいるので、探してみるのも面白いかもしれません。



この展示室は鯉、鯉、鯉、と見渡す限り鯉の絵。すべて若冲が描いた作品です。当時は男児が生まれると、鯉が龍に変容するように男児がすくすくと育って出世してほしい、との願いから、こうした鯉の絵が多く描かれました。

この展覧会では、若冲の傑作一点のみを展示するのではなく、このように気軽に描いた作品も合わせて展示されています。

会期中、数回に分けて展示替えが行われるため、何度訪れても楽しめます(大きく切り替わるのは11月8日です)。

また、若冲が生まれ育った錦市場では、若冲の作品が商店街のシャッターにライトアップされる、「錦市場商店街ナイトミュージアム」が10月30日まで開催中です。こちらにもぜひお立ち寄りください。


会場京都市美術館
開催期間2016年10月4日(火)~12月4日(日)
所在地 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124 (岡崎公園内)
TEL : 075-771-4334(テレホンサービス)
HP : http://www2.city.kyoto.lg.jp/ bunshi/kmma/
展覧会詳細へ 「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社