インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「ムガール皇帝とマハラジャの宝石 カタール・アル サーニ・コレクション」by白川瑞穂

MIHO MUSEUM「ムガール皇帝とマハラジャの宝石」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2016年9月28日
カタールのシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アル サーニ殿下のコレクションからムガール帝国の時代から現代までのインド宝石181点の名品を選りすぐり、宝飾デザインの軌跡と豊かなインド文化を概観するインドジュエリー展です。

18世紀までダイヤモンドはインドが唯一の産出国だったそうです。石を可能な限り大きく重く残すカット方法、宝石の下に金箔や銀箔を置いて光を反射させて見せるインド特有の技法によるジュエリーは独特の美しさ。


左と真ん中はバラ水の散水瓶で正式な訪問の際の礼儀としてバラ水を撒くためのもの。右は蠅払いで、どれも王宮や貴族の館で使用されていました。

ダイヤは破壊されない硬さであることから、古来インドでは伝統的に男性の石とされ、権力と富の象徴として身につけられてきました。こちらはターバン飾りで、ナワナガル藩王国のマハラジャ、ランジートシンジー・ビバージが、王位就任のために発注したものです。


メインビジュアルのハイデラバード君主のネックレスは、ハイデラバードの君主が正式な儀式で身につけたもので、王国の富と力を表すものでした。


また、宝石を身につけて魔除けにしたり、運を呼び込んだりといった行為は今でも続いていますが、装飾品であるだけでなく信仰文化の象徴でもありました。

95万個の真珠や宝石を使用した天蓋。バローダの君主が預言者ムハンマドの墓用に制作を命じたものです。


圧巻が、世界有数の5個のダイヤモンドが眩く煌めくコーナー。


あまりのサイズ感に、一瞬本当にダイヤモンド?と思ってしまうのですが、輝きと複雑な色彩が本物の証であることを物語っています。世界最大のカット・ブルーダイヤモンド、アイドルズ・アイをはじめ、実物をぜひご覧下さい。

16世紀にインドを統治したムガール皇帝や、その後各地を統治したマハラジャは、ヨーロッパとの文化的交流を盛んに行い、西洋のカット方法やデザインが好まれたことから、ヨーロッパ的なイメージが取り込まれていきました。

こちらはインドの彫刻エメラルドをヨーロッパ風にアレンジした初期の作品、ブローチもしくは髪飾り。


20世紀にはカルティエをはじめとするヨーロッパの宝石ブランドとインドジュエリーのコラボレーションが発生します。


こちらはカルティエのネックレス。

更に21世紀、現代の技術を駆使したジュエリーも展示されています。


左はペアバングルでジャスミンの花輪を真珠でデザインしており、約1500点の古代天然真珠からのよりすぐり。

右も塩水産古代天然真珠のネックレスでスイス宝石学会鑑定書添付書類に「凄い宝」と絶賛されたそうです。

12月11日まで。インドの歴史と多様な文化との交流から生まれた日本初公開となる名品の数々を目にすることができる貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2016年10月1日(土)~12月11日(日)
所在地 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL : 0748-82-3411
HP : http://miho.jp
展覧会詳細へ 「ムガール皇帝とマハラジャの宝石 カタール・アル サーニ・コレクション」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社