インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「美し(うまし うるはし)乾山 四季彩菜」by白川瑞穂

MIHO MUSEUM「美し(うまし うるはし)乾山 四季彩菜」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2016年9月28日
MIHO MUSEUMが所蔵する乾山作品と料理を収めた同じタイトルの写真集は、グルマン世界料理本大賞写真部門でこれまで三度最優秀賞を受賞。和食が世界遺産に登録された今、乾山コレクションを一堂に公開する展示が開催されています。

作り手の自己表現としての器そのものの美しさに加え、使う者の視線を意識し愉しませる意匠。乾山の魅力溢れる作品とともに、美しい写真で食と器にスポットを当てた展示です。

乾山は兄の光琳とともに琳派を代表する芸術家ですが、乾山の器の優れた点は、デザイン性にとどまらず、料理を盛り付け使用してはじめて驚きをもたらす用の美にあります。

分業量産体制で量産に適した食器類を生産していた時代の代表的なものが、色絵竜田川図向付。茶懐石の花形にもなったこちらの器は、和食の食材を引き立て、漆塗りの器の間で映える色彩が美しい。


引盃を載せる色絵桔梗文盃台も、口縁や筒胴、鍔だけでなく残った酒露などを流す中筒まで、手のこんだ作りと意匠になっています。さらに、桔梗の花弁を模した鍔が落とす影までも計算されているのです。


器の内側と外側あわせて見ることで全体の美が完成する器は他にも。

銹絵染付絵替扇形向付

しかもこの器の扇形は檜扇風に段を付けて形造られています。

乾山は町人でありながら、兄の光琳ともども深い教養を持つ人でした。器を画面に見立て、銹絵と詩歌を描く画期的なやきものを制作し、教養人々を楽しませる遊び心を発揮したのも彼の才覚の一つでしょう。


銹絵牡丹図角皿は兄の光琳との合作で、右上に慎ましく文字を記している乾山と、画面いっぱいに花を描いた光琳、二人の性格の違いとともに、兄弟仲の良さ、バランスのとれた関係を思わせます。

また、乾山は、海外の陶磁器の写し物も手がけ、異国のデザインも多様に取り入れています。現代の作品かと思われるようなモダンな器も。

こちらの色絵阿蘭陀写市松文猪口はデルフトブルーと呼ばれる鮮やかな青が美しい市松模様。


底の見込みは斜め45度傾けた市松模様で、変化と意外性をもたらしています。

どの器も全く古さを感じないデザイン、そして和食に限らず、例えば洋食やチョコレートなど洋菓子を盛り付けてもマッチするのではないかしら、とわくわくさせてくれるところも乾山ブランドの力であり魅力でもあるように感じます。

さて食といえば、こちらのミュージアムでは自然農法にこだわった食材を使用した料理が頂けるレストラン、カフェが併設されているのをご存知でしょうか。



私は松花堂弁当を頂きました。写真にはありませんがこのあと出された味噌汁、デザートに至るまで、素材を活かしたやさしい味の料理で大変美味なものでした。

秋の一日を和洋の美と食、紅葉で存分に楽しまれてはいかがでしょうか。ムガール皇帝とマハラジャの宝石展と同時開催で、こちらも12月11日までです。

会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2016年10月1日(土)~12月11日(日)
所在地 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL : 0748-82-3411
HP : http://miho.jp
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社