インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」by胤森由梨

国立国際美術館「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年10月21日
色彩の祭典 見よ、これがヴェネツィア・ルネサンス
東京の国立新美術館で開催された、「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展が巡回して大阪にやってきました。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《受胎告知》(1563−65年)、ヴェネツィア、サン・サルヴァドール聖堂所蔵

日本初公開のこの作品はティツィアーノの晩年を代表する作品で、なんと高さは約4mもあります。

この展覧会では、1400年代から1630年代までのヴェネツィア・ルネサンスの作品を中心に、約60点の名画が展示されています。この約200年の間に制作されたヴェネツィア・ルネサンス美術は、その後の美術史に大きな影響を及ぼしました。アングルやジェリコー、ドラクロワを始めとし、クールベ、ラトゥール、マネ、セザンヌからドラン、シャガールに至るまで錚々たる画家がこぞってルーヴルでその作品を模写したと言われています。

ルネサンスの発祥の地であるフィレンツェの、明快なデッサン、着彩、整然とした構図とは異なり、ヴェネツィアでは、自由奔放な筆致による豊かな色彩の表現や大胆かつ劇的な構図を持ち味とし、感情や感覚に直接訴えかけるような絵画表現が花開きました。

この展覧会では、ヴェネツィア・ルネサンスの初期、中期、後期に分かれて展示が行われ、多数の肖像画も展示しています。

以下に展覧会の様子を写真とともにご紹介します。

左から、ヤコポ・ティントレット《動物の創造》(1550−53年)、ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵、ヤコポ・ティントレット《アベルを殺害するカイン》(1550−53年)、ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵

左の作品に描かれているのは、神の世界創造を記した「創世記」において、世界創造五日目の「水の生き物の創造、鳥の創造」、そして六日目の「動物の創造」の場面です。この作品では、すべての動物が、右手に祝福のポーズを取る父なる神に付き従って左から右へと大移動しています。

左から、フランチェスコ・モンテメッザーノ《ヴィーナスに薔薇の冠をかぶせる二人のアモル》(1580年頃)、ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵、パルマ・イル・ジョーヴァネ《聖母子と聖ドミニクス、聖キュアキントゥス、聖フランチェスコ》(1595年)、ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵

左の作品に描かれている女性は、モンテメッザーノの作品に度々登場する女性像であることが近年の研究で明らかになっています。この作品には、ティツィアーノの官能的な女性像に挑戦する意図があるのではないかと言われています。

右から、ドメニコ・ティントレット《サン・マルコ財務官の肖像》(1600年頃)、ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵、ヤコポ・ティントレット《統領アルヴィーゼ・モチェニーゴの肖像》(1570年頃)、ヴェネツィア、アカデミア美術館所蔵

こちらは展覧会風景です。

ヴェネツィア政府の高官の肖像はその地位にふさわしい衣装をまとい、威厳のある精神性を持って表現されています。ご紹介した、ヤコポ(父)とドメニコ(息子)はこの分野でも傑出した存在でした。


展覧会の最後にはこのように、まるでヴェネツィアの貴族になったかのような気分を味わえる写真スポットもありました。

美術史に大きな影響を与えた、ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠の作品の色彩をぜひ体感してください。

会場国立国際美術館
開催期間2016年10月22日(土)~2017年1月15日(日)
開館時間10時〜17時、金曜日は10時〜19時(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日、12月28日(水)〜1月4日(水)
ただし、1月9日(月・祝)は開館し翌日休館
所在地 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
事務局:06-4862-5777 10時〜17時まで(土日祝をのぞく)
HP : http://www.tbs.co.jp/venice2016/
展覧会詳細へ 「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社