インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」by白川瑞穂

あべのハルカス美術館「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2016年11月18日

日本だけでなく海外でも人気が高く、世界のムナカタと称される板画家(はんがか)、棟方志功の回顧展。習作期の油彩画から、モノクロームまたは色鮮やかな版画作品、肉筆画など、代表作を集めた全60点で、志功の芸術世界を概観します。

サブタイトルの「わだばゴッホになる」は、子供の頃ゴッホの絵に魅せられて画家を志した彼のことばです。

故郷の青森を離れ、東京で絵を描いていた志功は、当時の日本の油彩画の在り方に疑問を持ち、やがて版画に魅せられていきます。

版画を制作し、展覧会に出品するようになった志功は、民芸運動の柳宗悦や濱田庄司、河井寛次郎に認められ、多大な影響を受けます。

特に師と仰いた河井寛次郎の自宅に滞在して禅の講義を受け、仏教をテーマに最初に制作した作品が「華厳譜」。

《華厳譜》「風神の柵」 昭和11(1936)年 棟方志功記念館蔵

志功は風景を写生した後、必ず手を合わせて祈っていたそうです。何か大きな力で作品を描かされていると、自然の力や神仏とのつながりを常に感じながら制作していたようです。

志功は、版画、ではなく板画(はんが)という言葉を用いていました。これは、板の声を聞き、木の魂をじかに生み出そうと制作していたからだと書き残しています。

そして、多くの作品の題名に使っている「柵」という言葉には、自分の願いと信念を一つ一つ納めていくという意味を込めていました

《飛神の柵(御志羅の柵) 》 昭和43(1968)年 棟方志功記念館蔵

「飛神の柵」は、版画でありながらたった一枚しか刷らず、自身でも生涯大切に持っていた、世界でたった一点の作品。裏彩色による鮮やかな色彩とダイナミックな構図が印象的です。

志功の代名詞である美人画は晩年に多く描かれました。豊かな曲線と華やかな彩りで描かれた女性像からは、溢れる母性と生命力を感じます。

《門世の柵》 昭和43(1968)年 棟方志功記念館蔵

他にも、会場の壁をいっぱいに使った大型の作品、長い絵巻状の作品、屏風仕立の作品など、形状も様々で、それらの作品の細かな線の一本一本まで志功の思いが込められ、命を宿しているよう。展示室に入るなり、作品が放つエネルギーに圧倒されます。ぜひ実物を見て体験してみてください。

巡回展はなく、大阪での開催のみになりますので、どうぞお見逃しなく。

会場あべのハルカス美術館
開催期間2016年11月19日(土)~2017年1月15日(日)
開館時間10時~18時、火~金曜日は~20時(入場は閉館の30分前まで)
休館日11月21日(月)、28日(月)、12月31日(土)、2017年1月1日(日・祝)
所在地 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
06-4399-9050 10時~18時
HP : http://www.aham.jp/
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社