インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  グランフロント大阪「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」by胤森由梨

グランフロント大阪「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年11月30日
マンガってアートなの?


フランスでは、「バンド・デシネ」と呼ばれるマンガ文化があり、これらは絵画のように技巧に富んだ作品が多く、その特徴から第9番目のアートとして位置付けられています。

21世紀に入り、ルーヴル美術館では現代アートとしてマンガに注目し、ルーヴルをテーマに自由な表現で作品を描いてもらう、「ルーヴル美術館BDプロジェクト」をスタートさせました。

マンガの歴史を遡ってみると、日本では専門的な美術の訓練を受けた画家たちによって描かれたのが始まりです。その後、田河水泡や手塚治虫を始めとする、いわゆる美術訓練を受けていないマンガ家たちの作品が爆発的にヒットし、日本でマンガは娯楽文化として定着しました。

もともとアートの延長としてはじまったマンガは1990年代に村上隆等の芸術家によって、再びアートの中に取り込まれ、アートとして再評価されるようになりました。2000年代に入ると、金氏徹平やパラモデル達によって、マンガとアートがよりナチュラルに結び付けられるようになり、アートとマンガの境界線は徐々に無くなりつつあります。

この展覧会では、日仏など16人のマンガ家たちがパリのルーヴル美術館をテーマに描いたマンガの原画が約300点展示されています。

以下に、展覧会の風景をご紹介します。


こちらは第一章から第二章へ至る展示スペースです。ここはルーヴル美術館の表の顔をテーマにした展示から、同美術館の知られざる裏側をテーマにした異次元のストーリーへと移行していく、摩訶不思議な空間となっています。


こちらの展示室では、フランスのバンド・デシネと日本のマンガの違いが分かりやすく紹介されています。


こちらは坂本眞一の《王妃マリーアントワネット モナリザに会う》の展示コーナーです。丸ごと一室が漫画のストーリーの一章分になっています。

次に特に印象深かった作品をご紹介します。


こちらは荒木飛呂彦の《岸辺露伴ルーヴルへ行く》という作品の一部です。

この露伴のポーズは、実は左手前にあるミケランジェロの彫刻を模しています。ここにもアートとマンガの新たな関係性を考えるヒントがあるのかもしれません。


こちらはダヴィッド・プリュドムの《ルーヴル横断》の一部です。

これはかの有名な《モナ・リザ》をテーマにした作品で、モナ・リザの視点から見た景色が描かれています。彼女から見ると、私たちはこんな風に映るのではないでしょうか。写真を撮る人もいれば、じーっと作品を眺める人、本を読む人など様々です。そしてよーく見てみると、後ろに掛けられた巨大な作品と鑑賞者が重なり、まるで大きな作品をなしているかのようです。

日本ではこれまで、マンガは娯楽文化として定着し、アートとは少し距離を置いた文化として認識されてきました。フランスで新たに始まったマンガそのものを9番目のアートとする試みを通じて、今後、日本でアートとマンガはどのような融合を見せていくのでしょうか。

この展覧会では、実際に普段マンガを読むように絵と文章でゆっくりその世界観をお楽しみください。

会場グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
開催期間2016年12月1日(火)~2017年1月29日(日)
開館時間11時~18時(入場は閉館の30分前まで)
休館日12/31、1/1
所在地 大阪府大阪市北区大深町3-1
050-5542-8600(ハローダイヤル 8時~22時)
HP : http://manga-9art.com/
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社