インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」by胤森由梨

京都国立近代美術館「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年12月16日
五感で楽しむ茶碗の世界
約450年前に侘茶を大成した千利休の求めに応じて長次郎が生み出した樂茶碗。樂茶碗の技は一子相伝で大切に守られ、現代まで続いています。現代に至るまで、後継者は長次郎の茶碗を自分なりに解釈した上で、各々の哲学を作品の中でどのように表現するか、試行錯誤を繰り返してきました。

長次郎から始まった樂茶碗。現代の十五代吉左衞門に至るまで、どのような軌跡を辿ってきたのでしょうか。

この樂茶碗、見た目の美しさはさることながら、その質感にも注目です。実際に茶碗を手に取ってみるとどんな質感だろうか、抹茶が入っているのを想像すると美味しそうに見えるだろうか、と想像しながらご覧頂くと、一層楽しめるかもしれません。

以下に初代長次郎の代表作から十五代吉左衞門に至るまで、印象深かった作品をご紹介します。

初代 長次郎《黒樂茶碗 銘 大黒》重要文化財 桃山時代(16世紀) 個人所蔵

この《大黒》は利休の侘びの思想がもっともよく表れています。装飾性が一切排除されたこの作品は、ずっしりと重みがありながらも手にすっぽりと収まるような、そんな印象です。


六代 左入《赤樂茶碗 銘 毘沙門》 享保18年(1733年) 樂美術館所蔵

これは、赤黒200碗の連作「左入二百」の一つです。黒と赤が樂茶碗の代表的な色合いですが、この作品は赤い釉景色がとりわけ美しい一品です。つるつるとした手触りで、お茶の深い緑がよく映えそうです。



十一代 慶入《貝貼浮文白樂茶碗 銘 潮干》 樂美術館所蔵

見込み(茶碗の内側)の部分に貝と小さな石のレリーフを貼り付け、初夏の海浜をイメージしています。抹茶を飲み終えた後にこの貝が見えたら、と想像すると楽しい一品です。


十五代 吉左衞門《焼貫黒樂茶碗》 平成24年(2012年) 東京国立近代美術館所蔵

こちらの作品、土台となる土(胎土)に白土を用い、下部の方は銅釉を使い、上部にはコバルト釉を用いて色彩を表現しているそうです。こちらは表面がザラザラとしながらも、口当たりは柔らかそうです。現代風の和室に合いそうな一品です。


この展覧会では、樂家に大きな影響を与えたと言われる、本阿弥光悦の茶碗を始め、本阿弥光悦と共同で多くの作品を制作した俵屋宗達の作品も展示されています。

俵屋宗達筆《舞楽図屏風》 醍醐寺所蔵

色、配置、構図が見事にマッチしています。

次に展覧会会場をご紹介します。


初代長次郎の作品から十五代吉左衞門の作品に至るまで、順を追って紹介しています。


こちらはVR体験コーナーです。ここでは、十五代樂吉左衞門が設計の草案・監修した佐川美術館樂吉左衞門館の茶室と、彼のインタビューをご覧頂けます。

展示された樂茶碗の中で、どれか一点を選んで抹茶を飲むとしたらあなたはどの茶碗を選びますか?

会場京都国立近代美術館
開催期間2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)
開館時間9時半~17時(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日及び12月28日(水)~1月2日(月・振替休日)、1月10日(火)[ただし、1月9日(月・祝)は開館]
所在地 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
075-761-4111(代表)
HP : http://raku2016-17.jp/
展覧会詳細へ 「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社