インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  神戸市立博物館 特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」by胤森由梨

神戸市立博物館 特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年12月22日
多様性こそが最大の魅力 ─ 古代ギリシャ7000年の歴史

ギリシャ国内40カ所以上の国立博物館群から厳選された300件を超える貴重な作品が一堂に展示される、かつてない規模の展覧会が神戸市立博物館で開催中です。

紀元前6800年の新石器時代からローマ時代に至るまで、古代ギリシャ7000年の歴史を体感してみませんか。

以下に、興味深かった作品をご紹介していきます。

《スペドス型女性像》、紀元前2800年~紀元前2300年、クフォシニア群島出土か、キュクラデス博物館所蔵

「スペドス」とはこういった像が出土した墓地の名前で、抽象化された女性が表現されています。この作品は、20世紀のピカソやブランクーシにも影響を与えたと言われています。

《牛頭形リュトン》、紀元前1450年頃、クレタ島、ザクロス宮殿「神殿宝庫」出土、イラクリオン考古学博物館所蔵

実はこれ、お酒を入れるための壺です。頭頂部に孔が二つ、下顎の中央にも孔が一つ空いていて、顎からお酒が流れるようになっていたそうです。

《悲劇用仮面 巻き毛の若者》、紀元前50年~紀元後50年、エウボイア島の工房か、エウボイア島、カルキスの墓地出土、アテネ国立考古学博物館所蔵

ギリシャといえば、演劇が有名ですよね。こちらは実際に演劇で使われていた仮面です。

クラシック時代(紀元前5世紀~紀元前4世紀)のアテネでは、演劇コンクールが1年に2度ほど開催され、こうしたコンクールへの参加はアテネ市民にとって大きな名誉でした。皆、一生のうちに一回は劇の中で重要な役を演じたいと思っていたそうです。

(右から)《レスラー小像 征服者としてのプトレマイオス5世》、紀元前2世紀~紀元前1世紀、エジプト、アレクサンドリア出土か、アテネ国立考古学博物館所蔵 / 《円盤投げ小像》、紀元前500年頃、テバイ、カベイロイ神域出土、アテネ国立考古学博物館所蔵

紀元前8世紀にオリンピアのゼウス神域で4年に一度の競技祭(古代オリンピック)が始まりました。当初は短距離走だけでしたが、次第に競技科目が増え、全ギリシャから選手が集まる大競技祭に発展します。優勝者には葉冠とこの上ない名誉が与えられ、優勝選手をかたどった彫像は神域に奉納されました。

《エロスを表したディアデマ(冠)》、紀元前4世紀後半~紀元前3世紀前半、テッサロニキ、セデス、コツィアス墓地(C墓)出土、テッサロニキ考古学博物館所蔵

中央から少し右にそれたところにある小さな像は、両翼で両性具有の「エロス」を表現しています。この冠からは、マケドニアの卓越した金細工技術がうかがえます。。

次に展覧会会場をご紹介します。


こちらは第一章「古代ギリシャのはじまり」の展覧会風景です。


こちらは先ほどご紹介した演劇用の仮面が展示された、第五章「クラシック時代」の展示風景です。

大小様々な仮面がズラーッと並んでいます。

(左から)《アフロディテ像》、2~3世紀、アテネ、ヴァシリアス・ソフィアス通り出土、アテネ考古学監督局所蔵 / 《イルカに乗ったアフロディテ像》、紀元前2世紀~紀元前1世紀頃、タソス島、ポセイドン神域出土、タソス考古学博物館所蔵

こちらは第八章「ヘレニズムとローマ」の展示風景です。

ギリシャといえばこういった大理石彫刻をイメージされる方も多いのではないでしょうか。本展覧会では全部でおよそ60点もの大理石彫刻が展示されています。


東京では二回目となるオリンピックが2020年に開催されます。本年(2016年)は1896年にギリシャで近代オリンピックが開催されてちょうど120年という節目の年です。オリンピックの起源となったギリシャの歴史をこの機会にぜひご体感ください。

会場神戸市立博物館
開催期間2016年12月23日(金)~2017年4月2日(日)
開館時間9時30分~17時30分 ※土曜日は午後7時まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日[ただし、1月9日(月・祝)、3月20日(月・祝)は開館] 1月10日(火)、3月21日(火)
所在地 神戸市中央区京町24
078-391-0035
HP : http://www.greece2016-17.jp/
展覧会詳細へ 特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京オペラシティ
白髪一雄
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 デザインあ展 in SHIGA
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社