インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  神戸市立博物館 特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」by胤森由梨

神戸市立博物館 特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年12月22日
多様性こそが最大の魅力 ─ 古代ギリシャ7000年の歴史

ギリシャ国内40カ所以上の国立博物館群から厳選された300件を超える貴重な作品が一堂に展示される、かつてない規模の展覧会が神戸市立博物館で開催中です。

紀元前6800年の新石器時代からローマ時代に至るまで、古代ギリシャ7000年の歴史を体感してみませんか。

以下に、興味深かった作品をご紹介していきます。

《スペドス型女性像》、紀元前2800年~紀元前2300年、クフォシニア群島出土か、キュクラデス博物館所蔵

「スペドス」とはこういった像が出土した墓地の名前で、抽象化された女性が表現されています。この作品は、20世紀のピカソやブランクーシにも影響を与えたと言われています。

《牛頭形リュトン》、紀元前1450年頃、クレタ島、ザクロス宮殿「神殿宝庫」出土、イラクリオン考古学博物館所蔵

実はこれ、お酒を入れるための壺です。頭頂部に孔が二つ、下顎の中央にも孔が一つ空いていて、顎からお酒が流れるようになっていたそうです。

《悲劇用仮面 巻き毛の若者》、紀元前50年~紀元後50年、エウボイア島の工房か、エウボイア島、カルキスの墓地出土、アテネ国立考古学博物館所蔵

ギリシャといえば、演劇が有名ですよね。こちらは実際に演劇で使われていた仮面です。

クラシック時代(紀元前5世紀~紀元前4世紀)のアテネでは、演劇コンクールが1年に2度ほど開催され、こうしたコンクールへの参加はアテネ市民にとって大きな名誉でした。皆、一生のうちに一回は劇の中で重要な役を演じたいと思っていたそうです。

(右から)《レスラー小像 征服者としてのプトレマイオス5世》、紀元前2世紀~紀元前1世紀、エジプト、アレクサンドリア出土か、アテネ国立考古学博物館所蔵 / 《円盤投げ小像》、紀元前500年頃、テバイ、カベイロイ神域出土、アテネ国立考古学博物館所蔵

紀元前8世紀にオリンピアのゼウス神域で4年に一度の競技祭(古代オリンピック)が始まりました。当初は短距離走だけでしたが、次第に競技科目が増え、全ギリシャから選手が集まる大競技祭に発展します。優勝者には葉冠とこの上ない名誉が与えられ、優勝選手をかたどった彫像は神域に奉納されました。

《エロスを表したディアデマ(冠)》、紀元前4世紀後半~紀元前3世紀前半、テッサロニキ、セデス、コツィアス墓地(C墓)出土、テッサロニキ考古学博物館所蔵

中央から少し右にそれたところにある小さな像は、両翼で両性具有の「エロス」を表現しています。この冠からは、マケドニアの卓越した金細工技術がうかがえます。。

次に展覧会会場をご紹介します。


こちらは第一章「古代ギリシャのはじまり」の展覧会風景です。


こちらは先ほどご紹介した演劇用の仮面が展示された、第五章「クラシック時代」の展示風景です。

大小様々な仮面がズラーッと並んでいます。

(左から)《アフロディテ像》、2~3世紀、アテネ、ヴァシリアス・ソフィアス通り出土、アテネ考古学監督局所蔵 / 《イルカに乗ったアフロディテ像》、紀元前2世紀~紀元前1世紀頃、タソス島、ポセイドン神域出土、タソス考古学博物館所蔵

こちらは第八章「ヘレニズムとローマ」の展示風景です。

ギリシャといえばこういった大理石彫刻をイメージされる方も多いのではないでしょうか。本展覧会では全部でおよそ60点もの大理石彫刻が展示されています。


東京では二回目となるオリンピックが2020年に開催されます。本年(2016年)は1896年にギリシャで近代オリンピックが開催されてちょうど120年という節目の年です。オリンピックの起源となったギリシャの歴史をこの機会にぜひご体感ください。

会場神戸市立博物館
開催期間2016年12月23日(金)~2017年4月2日(日)
開館時間9時30分~17時30分 ※土曜日は午後7時まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日[ただし、1月9日(月・祝)、3月20日(月・祝)は開館] 1月10日(火)、3月21日(火)
所在地 神戸市中央区京町24
078-391-0035
HP : http://www.greece2016-17.jp/
展覧会詳細へ 特別展「古代ギリシャ ―時空を超えた旅―」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社