インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立国際美術館「クラーナハ展 ― 500年後の誘惑」

国立国際美術館「クラーナハ展 ― 500年後の誘惑」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年1月27日
ドライで冷たい誘惑の眼差し

ドイツ・ルネサンスを代表する画家であり、教科書に載っている宗教改革のマルティン・ルターの肖像画で知られるルカス・クラーナハ。

宗教改革からちょうど500年の今年、彼の芸術の全貌を紹介する日本初の大回顧展が大阪・中之島の国立国際美術館で開催されています。


ウィーン美術史美術館、昨年同展覧会が開催された国立西洋美術館、そして国立国際美術館の強力タッグにより、世界13カ国から集まった約100点で展観する史上最大級のクラーナハ展です。

ウィーン美術史美術館所蔵、メインビジュアルの《ホロフェルネスの首を持つユディト》は、3年に及ぶ修復を経ての公開。

ルカス・クラーナハ(父)《ホロフェルネスの首を持つユディト》 1525/30年頃 ウィーン美術史美術館 © KHM-Museumsverband

16世紀、神聖ローマ帝国で宮廷画家として頭角を現したクラーナハは、著名人や政治家、権力者とも知己を得て、当時の記録用「メディア」として彼らの肖像画を大量生産します。

ルカス・クラーナハ(父)《ザクセン公女マリア》 1534年 リヨン美術館 © Photo Josse / Scala, Florence

親友であったルターもその例外ではなく、多数の肖像画を描き、彼の思想を視覚化して伝え、宗教改革の後押しをする役割も担っていました。

ルカス・クラーナハ(父)《マルティン・ルター》 1525年 ブリストル市立美術館 © Bristol Museums, Galleries and Archives

クラーナハは経営者としても非常に長けた人物で、効率化のために大きな工房を作り、弟子や息子とともに作品を分業で制作。仕事の速さから「最も素早い画家」と呼ばれました。
さらにより効率を上げるために、書店や薬局、印刷所なども多角的に経営。
宮廷画家になってわずか数年後の1508年にザクセン選帝王フリードリヒ賢明公から授かった、翼を持つヘビの紋章は、自らの工房のトレードマークとし、ブランド化に活用しました。

クラーナハの代表的な作品といえば、独特の雰囲気を持つ裸婦像。
神話や聖書などを題材に、ある意味隠れ蓑にしながら官能的な女性を描き、貴族の男性たちへの貢物にもしていたとか。

ルカス・クラーナハ(父)《泉のニンフ》 1537年以降 ワシントン・ナショナル・ギャラリー © Courtesy National Gallery of Art,Washington

こちらはイタリア・ルネサンスの一般的な美の女神ヴィーナスのイメージとは異なる、クラーナハのヴィーナス像。

ルカス・クラーナハ(父)《ヴィーナス》 1532年 シュテーデル美術館、フランクフルト © 2016 DeAgostino Picture Libars / Scala, Florence

体の角度、体型、顔と身体のバランス、見れば見るほど違和感が増します。

着衣の女性さえ、不思議なくらい裸婦より官能的で挑発的です。
英雄ヘラクレスでさえ、こんな風にメロメロに。

ルカス・クラーナハ(父)《ヘラクレスとオンファレ》 1537年 バンベルク財団、トゥールーズ © bpk / PMN - Grand Palais / Mathieu Rabeau

女性の冷めた眼差しや表情によって、女性の力やたくらみである「誘惑」を表現することで、クラーナハは男性たちへのいましめ、警告を行い、性差を超えたイメージの力を表現しました。

ルカス・クラーナハ(父)《不釣り合いなカップル》 1530/40年頃 ウィーン美術史美術館 © KHM-Museumsverband

彼に影響された20世紀の画家も多く、ピカソや、セルフポートレートで知られる森村泰昌氏の作品も関連作品として展示されています。ぜひ見比べて見てください。

ルカス・クラーナハ(父)《正義の寓意(ユスティティア)》 1537年 個人蔵

ちょっぴり不気味、なんだかよくわからない。
妖艶だけど、濃厚というよりはドライで冷たい誘惑の眼差しに捉えられ、あっという間に独特の世界に引き込まれてしまう展覧会です。

展示会場の最後にあるミュージアムグッズコーナーには、ユディトの帽子を被ったシュタイフのテディベアが。


ユスティティアの首飾りをモティーフにしたバックやTシャツも素敵だなと思いました。


日本ではあまり知られていないクラーナハ、もっと深く知りたい!と思うこと必至で、そのための関連イベントも多数予定されています。ぜひ足を運んでみてください。

担当学芸員によるギャラリートーク
2月25日(土)、4月8日(土)14時から
先着90名(要観覧券)
当日13時半から聴講用ワイヤレス受信機貸し出し

アーティストトーク
3月25日(土)14時〜15時30分
坂本夏子(画家)
先着130名(要観覧券)
当日10時から整理券配布

会場国立国際美術館
開催期間2017年1月28日(土)~4月16日(日)
開館時間10:00~17:00、金曜日は~19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日、3月20日(月・祝)は開館、翌日(3月21日)は休館
所在地 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
06-4862-5777(事務局)
HP : http://www.tbs.co.jp/vienna2016/
展覧会詳細へ 「クラーナハ展 ― 500年後の誘惑」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社