インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立国際美術館「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」

国立国際美術館「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年1月27日
ピエール・アレシンスキー《至る所から》1982 年 インク / アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 ベルギー王立美術館蔵 © Royal Museums of Fine Arts of Belgium, Brussels / photo: J. Geleyns - Ro scan © Pierre Alechinsky, 2016

90歳を迎える今なお、精力的に制作活動を続けているベルギーの画家、ピエール・アレシンスキー。

ピエール・アレシンスキー ©Adrien Iwanowski, 2009

日本・ベルギー友好150周年を記念して開催されている日本初の回顧展で、日本との意外なつながりも明らかにされます。

本の装丁や版画を学んでいたアレシンスキーは、芸術家集団コブラに参加し、その後の芸術活動に影響をもたらす経験を積みます。

筆で絵を描く彼は偶然、日本の前衛書道誌「墨美」をきっかけに書道家の森田子龍らと交流して大きな影響を受け、彼らを撮影した映画「日本の書」を制作。書道の世界に近づき、次第に書道のように床にキャンパスや紙を置いて制作するようになったとのこと。

ピエール・アレシンスキー ©Agnés Bonnot , 1986

さらに、墨やアクリル絵具、水彩などを用いて、日本や他国の文化を想起させる多様な作品を制作するようになりました。

こちらの作品は、書を思わせる表現です。

ピエール・アレシンスキー《夜》1952 年 油彩、キャンバス 大原美術館蔵 © Pierre Alechinsky, 2016

こちらは、日本のマンガやアメリカのコミックスのような表現。

ピエール・アレシンスキー《ボキャブラリーⅠ-Ⅷ》1986 年 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 作家蔵 © Pierre Alechinsky, 2016

彼は、近年、話題を呼んでいる人気の江戸時代の画家、仙厓からもインスパイアされたそうで、どことなく飄々とした表現が似ているようでもあり、興味深いです。

文筆家でもあるアレシンスキーは、文字や言葉へのこだわり、思い入れをもっており、手紙・書類・帳簿など、使い古しの紙を再利用することで独自の表現も行っています。

ピエール・アレシンスキー《あなたの従僕》1980 年 水彩、郵便物(1829 年12 月17 日の消印) ベルギー王立美術館蔵 © Royal Museums of Fine Arts of Belgium, Brussels / photo: J. Geleyns - Ro scan © Pierre Alechinsky, 2016

他に見たことのない独自の世界観なのに、なぜか親しみを感じるのは、画家と日本との距離感が近いからでしょうか。

今なお新しい表現を模索して制作を続けているアレシンスキー。(日本の芸術家では草間彌生さんと同年代だそうです。)彼の情熱、筆の勢いを実際にご覧ください。
より深い理解のための関連イベントも用意されています。

講演会
2月18日(土)14時~
国立国際美術館館長 山梨俊夫
先着130名
当日10時から整理券配布

担当学芸員によるギャラリートーク
3月4日(土)14時~
先着90名(要観覧券)
当日13時半から聴講用ワイヤレス受信機貸し出し

会場国立国際美術館
開催期間2017年1月28日(土)~4月9日(日)
開館時間10:00~17:00、金曜日は~19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日月曜日、3月20日(月・祝)は開館、翌日(3月21日)は休館
所在地 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
06-6447-4680(代)
HP : http://www.nmao.go.jp/exhibition/2017/alechinsky.html
展覧会詳細へ 「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社