インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  ポーラ美術館「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」

ポーラ美術館「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」

撮影・文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2017年3月18日
佐藤忠良《カンカン帽》

ポーラ美術館がある箱根町は、温泉あり、さまざまなジャンルの美術館ありの関東近郊屈指の観光地です。ポーラ美術館は、「森の遊歩道」を敷地に備えた自然と美術が調和した素敵な場所です。

坂東優《雪の子Ⅰ》

現在、ポーラ美術館開館15周年を記念して20世紀を代表するふたりの巨匠「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」が開催されています。

会場入口

1881年生まれのピカソと1887年生まれのシャガールには、故郷を離れパリで暮らし、2つの世界大戦を経、ついに故郷に戻ることなく、異邦人としてフランスで90歳を超える長い生涯を終えたという共通点があります。

しかし、2人の芸術における表現方法は大きく異なっています。

それは、スペインの光あふれた地で生まれ、開放的なピカソと厳寒の地ロシアで生まれ、敬虔なユダヤ教徒であったシャガールが持つそれぞれのバックボーンが大きく影響しています。本展は、ところどころに2人の作品を並べられた壁があり、それぞれの作品が時には対峙するように、時には呼応するように鑑賞することができます。

現実の2人は、共通する友人が多く存在していたものの、親しく交わることはなかったといわれます。キュビスムの旗手でもあり、次々と実験的で革新的な表現を生み出していた時代の寵児としてのピカソ。フランス美術界ではそんなピカソよりも評価が高く、パリ・オペラ座の天井画を任されたシャガール。同じ時代を生きた者同士であったればこその複雑な想いがそこにはあったのでしょうか。

会場

見どころは、2人の代表作でもある《ゲルニカ》と《平和》を原画として制作された幅6mを超える巨大なタペストリーです。

原画:パブロ・ピカソ、タペストリー制作:ジャクリーヌ・ド・ラ・ボーム=デュルバック 《ゲルニカ (タピスリ)》1983年 ウール、木綿 群馬県立近代美術館蔵  ©2017-Succession Pablo Picasso-SPDA (JAPAN)
原画:パブロ・ピカソ、タペストリー制作:ジャクリーヌ・ド・ラ・ボーム=デュルバック 《ゲルニカ (タピスリ)》1983年 ウール、木綿 群馬県立近代美術館蔵 ©2017-Succession Pablo Picasso-SPDA (JAPAN)

《ゲルニカ》は故郷スペイン内乱の際行われたゲルニカへの無差別爆撃を批判する気持ちから制作されたピカソの代表作と言われる壁画です。このタペストリーの糸は、直接ピカソ本人から色の指示を与えられたものだそうです。

原画:マルク・シャガール、タペストリー制作:イヴェット・コキール=プランス 《平和》 2001年 ウール 個人蔵 © JASPAR, 2017 except for tapestries made with Marc Chagall © Tapestry by Marc Chagall made in collaboration with Yvette Cauquil-Prince / JASPAR,2017 G0860
原画:マルク・シャガール、タペストリー制作:イヴェット・コキール=プランス 《平和》 2001年 ウール 個人蔵
© JASPAR, 2017 except for tapestries made with Marc Chagall
© Tapestry by Marc Chagall made in collaboration with Yvette Cauquil-Prince / JASPAR,2017 G0860

《平和》は、ニューヨーク国際連合本部ダグ・ハマーショルド記念講堂のステンドグラスとして制作されたものです。シャガールの豊かな色彩を忠実に再現したタペストリーです。

戦争により運命を狂わされ、故郷に帰ることなく生涯を終わった2人の平和への祈りがテーマとなっています。

会場

展覧会では、2人の「愛」とは何かを私たちに問いかけてきます。

マルク・シャガール 《誕生日》 1923年 油彩/カンヴァス AOKIホールディングス蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017, Chagall® G0860
マルク・シャガール 《誕生日》 1923年 油彩/カンヴァス AOKIホールディングス蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017, Chagall® G0860
《誕生日》は、妻ベラとの結婚式直前のシャガールの誕生日を描いた作品です。ベラの持つ花束はシャガールへの贈り物だったのでしょうか。身をよじりくちづけをするシャガールに驚いたようなベラの表情が印象的です。じゅうたんの鮮やかな赤、美しい模様のファブリックに囲まれた室内は、幸福に満ちています。

ピカソの芸術の原動力は「恋愛」だといわれます。一方シャガールにとっての愛は、ユダヤ教の教えに基づいた神からの恩恵だといわれます。

身近にいる恋人、妻、子をいとおしむように見つめられた肖像画を描いたピカソと浮遊する恋人たちや動物たちを色鮮やかに描いたシャガール。表現は異なるものの、作品を眺めているうちに、穏やかな優しい気持ちになってきます。

併設レストラン「アレイ」では「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」特別メニュー「太陽の食卓」(¥2,810)が用意されています。


上はデザートの「サワークリームのガトーとオレンジタルト」。サワークリームとベリー、オレンジとチョコレートの組み合わせがマッチしていておいしいです。

ミュージアムショップ

コンパクトながら、おしゃれなグッズがいっぱいのミュージアムショップです。「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」オリジナルグッズも5点ほどありました。



上はピカソの《海辺の母子像》をイメージしたノンカフェインコーヒー(¥594)。 このコーヒーとシャガールをイメージしたフルーツゼリー(8粒入り¥480/22粒入り¥1,320)をお土産にしました。3種の豆が楽しめる1杯用のドリップコーヒーとフルーティなゼリーで美術館の余韻を帰宅後も楽しみました。

これからゴールデンウィーク、夏休みの計画される時ですね。緑豊かな恵まれたロケーションで巨匠たちの愛と平和の讃歌に耳を傾けるの良いのではないでしょうか。(会期中展示替えがあるようなので、詳しくは美術館サイトをご覧ください)

会場ポーラ美術館
開催期間2017年3月18日(土)~9月24日(日)
開館時間9:00 ~ 17:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
0460-84-2111(代表)
HP : http://www.polamuseum.or.jp/sp/picasso_chagall_2017/
料金大人 1,800円、大学生・高校生 1,300円、中学生・小学生 700
※中学生・小学生は土曜日無料
展覧会詳細へ 「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社