インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  MIHO MUSEUM「和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―」

MIHO MUSEUM「和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年3月17日
こんなガラス見たことない!COOLな江戸の職人芸

ポルトガル語vidroに由来する、江戸時代のガラス「びいどろ」。長崎の出島にもたらされたのをきっかけに、職人たちがそれをまねてつくるようになったのが始まりです。

この展覧会は、2011年に松山の道後温泉に開館した「瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の大藤範里氏が50年にわたり収集してきたコレクションをもとに構成されています。

「最も美しいガラスを探す」ということを大義とし、数多くのガラス細工を収集されてきた大藤さんに倣って、私もお気に入りの一品を探してみました。

《型吹き青色木瓜形皿》江戸時代 1711-1781

まずはこちら。こんなに綺麗な発色で、かつデザイン性に優れたお皿が江戸時代にあったなんて、と驚きを隠せません。

《型吹き菊形向付 十口》江戸時代 1711-1781

続いてこちら。このガラス、透明に見えますが、少し黄緑色がかっています。

菊の花をイメージして作られたこのガラスは、花びらの数が11枚になっているのですが、奇数の花びらを形にするのはとても難しいそうです。

《切子蓋茶碗 十合》江戸時代~明治時代前期 1844-1887

こちらの一品は使うのが勿体無いくらい綺麗な細工が施された切子の茶碗です。

蓋を開けるのでさえ緊張しそうです。

《雛道具 切子栓付瓶入り提重一式》江戸時代~明治時代前期 1844-1887

あれ?写真が小さくなった?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

こちら雛道具なんです。サイズはなんと、高さ約20センチ。

「提重」(さげじゅう)とは、4~5人分の酒の肴を入れる重箱のことで、お酒を飲むための器も一緒に入っています。観劇やお花見、紅葉狩りなど、行楽シーズンに大活躍していたそうです。

それをこのサイズで再現する江戸時代の技術、すごいですよね。

《雛道具 吹きガラス食器 十点》江戸時代 1760-1868

こちらも先程ご紹介した雛道具同様、ミニサイズのガラス食器たちです。

一番背の高いものでなんと10センチです。吹きガラスは熱が冷めてから口の部分が整えられます。このガラス食器には一体どれほどの技術が詰まっているのでしょうか。


こちらは展覧会風景です。カラフルなガラス食器がズラーっと並んでいます。


こちらは雛道具の展示されているコーナーの展覧会風景です。何が置かれているのかわからないほど小さい雛道具を、みんな目を凝らしてじっくり見ています。

この展覧会では全部で190点ものガラスコレクションが展示されているので、あなたのお気に入りの一品も必ず見つかるはずです。

まずはガラスの美しさを、ぜひ会場でご体感ください。

会場MIHO MUSEUM
開催期間2017年3月18日(土)~6月18日(日)
開館時間10:00 ~ 17:00(入場は16時まで)
所在地滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
0748-82-3411
HP : http://miho.jp
料金大人 1,100円、高大生 800円、小中生 300円
展覧会詳細へ 「和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社