インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  大阪市立美術館「木×仏像 - 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏 1000 年」

大阪市立美術館「木×仏像 - 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏 1000 年」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年4月7日


私たち日本人とかかわりの深い「木」。
公園や街角の木、木造の住宅など、私たちは木と親しみながら生活していると同時に、「ご神木」など、木を尊重する文化を持っています。
その「木」で作られた仏像に注目した展覧会をご紹介いたします。

日本最初の仏像は、6世紀に大阪湾に漂着したクスノキで彫られたものと言われています。
仏教が伝来した飛鳥時代には、仏像はすべてクスノキで彫られていたそうです。当時の仏像は純粋な信仰の対象であり、側面や背面を見ることを想定していないため、人体の形とは異なる、こんな薄っぺらいものも。
頭と体のバランス、表情がなんだかユーモラスで楽しいです。


木造 菩薩立像 飛鳥時代 東京国立博物館

時代とともに、技術の発展やデザインの流行による変化があるのも面白いところで、平安時代中期には、表面に鑿跡(のみあと)を残す「鉈彫」(なたぼり)像が登場。

こちらの仏像は、宝誌和尚という、分身の術を使ったり、予言を行ったりしたといわれるマジカルな伝説の人物の仏像です。
画家が彼の姿を描こうとした時に、自ら顔を裂くと、中から十二面(十一面)の観音菩薩が表れ、彼の姿は描かれなかったという奇譚があります。


重要文化財 木造 宝誌和尚立像 平安時代 京都・西往寺

こちらの、一見、似たような三体の仏像の真ん中は平安時代、左右の二体は鎌倉時代に造られたもの。
微妙な違いを、ぜひ実物をじっくりご覧になって見つけてみてください。
例えば胸部の張り、顔などが違うそうですよ。


木造 阿弥陀如来坐像 平安時代 大阪・大門寺(中央)

一本の木を彫って仏像の全身から台座までを造る一木造(いちぼくづくり)では、木の部分によって乾燥による損傷(「干割れ(ひわれ)」)が起きるので、内刳(うちぐり)といって蔵の内部を彫り出して造られるものが現れてきます。

今回の展覧会では、すべての仏像が360度の角度から見られるように展示されているため、このように背面まで見ることができます。


重要文化財 木造 観音菩薩立像 平安時代 滋賀・櫟野寺

ちなみに照明も、仏像の立体感が感じられるように工夫されているそうです。
暗すぎず明るすぎない、絶妙な雰囲気も醸し出しています。
こちらの画像のコーナーは、壁面に映った陰影まで美しいと思いました。


木造 十一面観音菩薩立像 鎌倉時代 大阪・四天王寺

ケースに入っていない仏像は、間近で、形や「彫り」をじっくりと見ることができるのも嬉しいですね。

さらに時代が進むと、片足だけで立つ難しいポーズを高い技術でバランスよく保つ像が造られたり。


木造 蔵王権現立像 南北朝時代 大阪・大門寺

今にも動き出しそうな躍動感がすごいです。

大きな仏像だけでなく、小さなものもあります。
こちらは白檀で彫られた鎌倉時代の閻魔像。
精巧で細密な表現が、たった4cmほどの像に施されています。


木造 閻魔王坐像 鎌倉時代 大阪・正明寺

江戸時代には、独特かつ斬新な仏像を数多く造った円空の出現も。


円空作 木造 秋葉権現三尊像 江戸時代

後ろから見ると、こんな感じです。


円空作 木造 秋葉権現三尊像 江戸時代

また、会場内には、種類によって手触りや重さの違う「木」を体感できるコーナーもありますので、ぜひ触れてみてください。


体験コーナー

今回のように、宗派を超えての木造の仏像の展示は大変珍しいものだそうです。
金属や石で造られた仏像には静謐でひんやりとしたオーラが漂いますが、木の仏像にはどれも温かみがあって、表情も柔らかく、とても穏やかな気持ちにしてくれます。

木造の仏像の歴史や変遷とともに、木を大切にして、木とともに歩んできた日本の文化も感じられる展覧会。

今は桜が満開ですが、これから緑と色とりどりの花で彩られる天王寺公園の風景も楽しみつつ、足を運ばれてはいかがでしょうか。


大阪市美術館

会場大阪市立美術館
開催期間2017年4月8日(土)~6月4日(日)
開館時間9:30~17:00
所在地大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
06-4301-7285
HP : http://www.osaka-art-museum.jp/
料金一般 1,300円、高大生 1,100円
展覧会詳細へ 「木×仏像 - 飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏 1000 年」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社