インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  大阪市立自然史博物館「石は地球のワンダー」

大阪市立自然史博物館「石は地球のワンダー」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年4月21日

長い年月をかけて形造られ、現代の私たちの目の前に美しく不思議な姿で現れる鉱物や化石。
それらの石に魅了されたお二人のコレクションは、「地球のワンダー」を実感させてくれる展覧会です。

まずは広島大学の故・北川隆司教授が世界中で収集した約2000点から選りすぐった約180点の鉱物の展示。

鉱物学の専門家とはいえ、個人の収集の域を超える規模と多様性に富んだ「ミュージアムサイズ」のコレクションだそうです。
ビジュアルだけでなく、研究対象としても充実した鉱石の数々、と事前の説明を受けてから展示会場に向かったのですが、実物は想像の斜め上を行く、見たことのない種類のものばかり!ちょっとだけご紹介しますね。


これはオブジェかアート作品?
綺麗にカットして研磨した石を配置したようにしか見えませんが、黃鉄鉱という鉱石です。

下の写真は束沸石。クリーム色の束沸石と透明な魚眼石が共存しているのですが、切り取ればアクセサリーに使えそうな美しさです。


こちらの左下のものは、一般的な塩の無色透明に近い色の岩塩です。含有成分によって、オレンジやピンクなどの色がつくそうです。認識していませんでしたが、私たちが食用にしている岩塩も鉱物なんですね。


一方、化石の展示は、香川県在住の金澤芳廣氏から大阪市立自然史博物館に寄贈されたコレクションによるものです。

化石といえば思い浮かぶのはアンモナイト?
カタツムリの殻のようなあの形と思いきや、参加者驚愕のバリエーションが。例えばこちら。
ネジでもヘビでもありません。異常巻き型アンモナイトというのだそう。


では、これはなんでしょう。


正解は木・・・の年輪もしっかり残った化石です!
顕微鏡で見ると樹脂道が確認でき、マツ科であることもわかります。


もともと一本の木だったものが、きれいにセットで残っているのも凄いですね。
奇跡的な確率で生まれた化石、まさに「地球のワンダー」!ロマンを感じます。

下の写真は、ハドロサウルス類の脊椎骨の可能性があると今年1月に学会で発表されたばかりの「恐竜化石」です。


大阪と同じ地層の和泉層群(約8300〜7200年前)、香川県から発掘されました。
大阪府下ではまだ恐竜の化石は発掘されていませんが、近年、京都府で丹羽竜の化石が発見されましたし、今後の発見に期待が高まります。

また、会場内には「47都道府県の石」も展示、紹介されています。


「県の木」「県の花」と同様に各都道府県の化石、鉱物、岩石が決められたのだそうで、岩石に関しては全都道府県のものが展示されています。
お住まいの都道府県や出身地の石が何か、ぜひ探してみてください。

なお、この特別展は、大阪市立科学館の同タイトルの企画展と同時開催となっていますので、あわせてご覧いただくのがおすすめです。そちらも6月4日まで。

子供から大人まで、幅広い年齢層の方が見て楽しめる、知るともっと楽しめる展覧会ですよ。
緑いっぱいの長居公園の散策も楽しみながら、「地球のワンダー」にワクワク、ドキドキされてみてはいかがでしょうか。


会場大阪市立自然史博物館
開催期間2017年4月22日(土)~6月4日(日)
開館時間9:30~17:00
所在地大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
06-6697-6221
HP : http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
料金大人 300円、高校生・大学生 200円
展覧会詳細へ 「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社