インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  大阪歴史博物館「渡来人いずこより」

大阪歴史博物館「渡来人いずこより」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年4月25日
渡来人ってどこから来たの?

中学校の教科書を見てみると、「渡来人」とは、大陸文化を日本に伝えた人、とあります。

彼らが日本に来ていたのは、主に古墳時代で、その頃朝鮮半島は三国時代と呼ばれており、4つの国(高句麗:こうくり、新羅:しらぎ、百済:くだら、加耶:かや)に分かれていました。

4つの国があったわけですから、もちろん墓の形態や文化も多種多様でした。

この展覧会では、主に近畿地方から出土した資料をもとに、それらがどの国からもたらされたものなのか、渡来人の「出身地」を明らかにする展示となっています。

以下、特に興味深かった出土品をご紹介します。


まずはこちら。これは、《熨斗》(のし:古墳時代中期(5世紀))と呼ばれるもので、今でいう「アイロン」の役割を果たしていたものです。

昔は電気もなかったので、このくぼんだ部分に火や熱を発するものを入れて、布に押し当て、シワを取っていたそうです。

こちらはとても高級品だったようで、これとよく似たものが百済の武寧(ぶねい)王陵からも出土しているそうです。


こちらはすべて《角杯》で、右手前にあるものが古墳時代後期(6世紀)に作られ、日本で発掘されたもので、右奥のものは朝鮮三国時代(5〜6世紀)に作られ、朝鮮半島から発掘されたものです。

ほぼ同時期に作られたものですが、日本で作られた角杯の方は先が尖らず、平らになっています。

寺井学芸員の話では、当時、日本では牛がまだ珍しかったために、「角」を見る機会が少なかった。ゆえにこうした角の先が取れた角杯を作ったのではないか、ということでした。

渡来人から受け継いだ技術をそのままそっくり踏襲するのではなくて、アレンジを加えているというのが面白いですね。


こちらは、すべて様々な地域から出土した《甑》(こしき)と呼ばれる土器です。

これらは主に穀物などを蒸す調理具、つまり今でいう炊飯器として使われたもので、5世紀の始め頃に竃(かまど)と一緒に、朝鮮半島から近畿地方に伝えられたものです。

米などの穀物を蒸すときには、甑の下に水を張った甕(かめ)、そしてその下に火を起こした竃をセットします。

そうすると甕から上がってきた蒸気で穀物などを蒸すことができる、という仕組みです。

甑の底の穴の開け方には地域性があるため、穴を見れば地域が判別できるそうです。

これは蒸す穀物の違いなのか、それとも蒸し上がった穀物の固さの好みの違いなのか・・・謎は深まるばかりです。


こちらは展覧会風景です。

出土品と言っても馬の装備品から、竃まで様々です。


左の方には馬の埴輪も見えます。

出土品を元にした展覧会は一見地味ですが、これは現代ではどんな家電なのだろうか、と想像を膨らませてみてみると楽しいかもしれません。

会場大阪歴史博物館
開催期間2017年4月26日(水)~6月12日(月)
開館時間9:30~17:00、金曜は~20:00
所在地大阪府大阪市中央区大手前4-1-32
06-6946-5728
HP : http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2017/toraijin.html
料金【特別展のみ】大人 1,000(900)円 高校生・大学生 700(630)円
展覧会詳細へ 「渡来人いずこより」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社