インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立国際美術館「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」

国立国際美術館「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年4月25日
甘さと辛さの絶妙なバランス

コンセプチュアル・アートの旗手と言われるライアン・ガンダーの個展が国立国際美術館で開催中です。
日本でも何度か展覧会が開催されましたが、まだまだ知名度が高い芸術家とは言えません。
しかし、実際に作品を見てみると、ユーモラスな作品ばかりで、思わず笑みがこぼれます。

この展覧会の構成は以下の通り。
 地下二階:「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」
 地下三階:「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」

では、地下三階のガンダーの個展からご紹介していきます。
展覧会会場はこんな感じです。


まず入ってすぐに目を引くのがこの大きな穴です。
穴の中を覗いてみると・・・


無数の矢が本当に、床や壁に刺さっています。
こちらは、《ひゅん、ひゅん、ひゅうん、ひゅっ、ひゅうううん あるいは同時代的行為の発生の現代的表象と、斜線の動的様相についてのテオとピエトによる論争の物質的図解と、映画の100シーンのためのクロマキー合成の試作の3つの間に》(2010年)という作品です。

なぜこんなに大量に?どうやって刺したの?何を表しているの?
様々な想像力をかきたてられます。
よく見てみると、矢が刺さる向きはバラバラなのに、どことなくリズム感があります。

少し先に足を運ぶと、何やら実験室のような空間が広がっています。


右の壁に描かれた作品は、《もはや世界はあなた中心ではない》(2008年)で、床に置かれたクリスタルは、《何かを描こうとしていたまさにその時に僕のテーブルから床に滑り落ちた一枚の紙》(2008年)です。

壁に描かれた設計図のようなものは、まさに今ちょうど書き終えたばかり、といった具合に床にチョークの粉が落ちています。


右側の作品は《何でも最後のつもりでやりなさい−シャーロット》(2014年)、《何でも最後のつもりでやりなさい−マヤ》(2014年)、《イマジニアリング》(2013年)。
左にうずくまっているのは、《リアリティ・プロデューサー(構造と安定のための演劇的枠組み)》(2017年)という作品です。

展覧会会場に入ったときから気になっていた何かの匂い。地下二階から地下三階へ向かうにつれてだんだんと、独特な匂いが濃くなっていく気がする・・・発生源はどこだ?と探していたら、ここにたどり着きました。
今死角になっている壁の後ろにお香が炊いてあります。

これはガンダーがイギリスの海沿いのある、自分の家の暖炉を燃やした匂いを再現し、お香を炊いているそうです。
日本人にはなかなか嗅ぎ慣れない匂いで、少し独特です。

今の鑑賞者の気持ちをなかなかよく表現しているのではないかと思うのが、左の作品です。
頭を抱えたロボットが座っています。
ちなみにこのロボットは、子供が丸と線で描くような棒人形をイメージして作っているそうです。

この展覧会では、普通に展示を見て回るだけでは気づかないような小さな作品も展示されています。


右にあるアイスのようなものは、《動いていく物、または滑り落ちる瞬間》(2017年)という作品です。
作家の「神格化」に興味があるというガンダーらしい作品です。
台に置かれていない、こんなものも作品として認識され、崇められるということへの皮肉とも読めます。

では次に地下二階の展示をご紹介します。
地下二階は、国立国際美術館が所蔵する作品をガンダーが選定し、並べるコレクション展です。
隣り合うように、すべての作品がセットで展示されています。


右にある彫刻作品が、ジャン=ピエール・レイノー《自刻像》(1980年)、左にあるのが、エルヴィン・ヴルム《無題》(2008年)です。

ヴルムの方はタイトル《無題》ですが、服を着ていることから、おそらく自分自身を表現しているのではないかと想像できます。
この二つはそれぞれが自分自身を表現した作品ですが、表現の仕方は大きく異なっています。

ガンダーはこの地下二階の展示スペースで、普段は絶対に隣り合うことのない作品同士を横に並べて、それらが持つ共通点は何なのかというお題を、見る者に投げかけます。

ちょっとお茶目でちょっと皮肉っぽいガンダーの作品を、是非会場でご体感ください。

会場国立国際美術館
開催期間2017年4月29日(土)~7月2日(日)
開館時間10:00~17:00、金・土は~20:00(いずれも入場は30分前まで)
所在地大阪府大阪市北区中之島4-2-55
06-6447-4680 (代)
HP : http://www.nmao.go.jp/exhibition/2017/gander.html
料金 「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」
一般 900円、大学生 500円
夜間割引(金・土の17:00~20:00)一般 700円、大学生 400円
※「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」もご覧いただけます

「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ―かつてない素晴らしい物語」
一般 430円、大学生 130円
4月29日(土)、5月6日(土)、20日(土)、6月3日(土)、7月1日(土)は無料
展覧会詳細へ 「ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
サントリー美術館「information
左脳と右脳
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 「恐竜博 2019」 メスキータ展
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社