インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  横須賀美術館「デンマーク・デザイン」展

横須賀美術館「デンマーク・デザイン」展

撮影・文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2017年5月4日

デンマークの工芸品といえば、ロイヤル・コペンハーゲンの陶磁器やジョージ・ジェンセンの銀製品などがおなじみですが、どちらにも共通しているのは、シンプルながら非常に洗練されたデザイン性であることでしょうか。

現在、横須賀美術館では、「デンマーク・デザイン」展(世界一幸福な国のかたち)が開催中です。

横須賀美術館

デンマークは、国連が発表する世界幸福度で常に上位にランキングされているそうです。
幸福に生活する人たちが日常を過ごす家具や調度品はどのようなものでしょうか。

この展覧会で出品されているものは、美術品や贅沢品はありません。
日常を豊かにするためには、使い心地の良いものや身近に置いてくつろげるものが必要なのではないでしょうか。

例えばロイヤル・コペンハーゲンの「ブルーフルーテッド」シリーズの食器は華美にならず、すっきりとしたデザインです。飽きることなく、長く愛用される大切な条件でしょう。デンマークデザインの基礎ともいわれるこれらは、日本や中国の磁器の影響を受けているとのことです。

アーノル・クローウ《記念プレート1888》1888年 ロイヤル コペンハーゲン 塩川コレクション

デンマークはこのほかにも、優れた工業デザイナーを抱える企業が多く、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)、アーネ・ヤコプスン(アルネ・ヤコブセン)、フィン・ユールなどが活躍し、彼らが生み出した製品は国内外で高い評価を得ています。



上の椅子は、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)がデザインしたものですが、この展覧会では自由に座ることができます。

体格の良いオランダの人たちに合わせたサイズで、小柄な日本人である私にはちょっと大きいように思えましたが、実際に座ってみると椅子が身体を包んでくれるような安らぎを感じました。デザインの美しさだけでなく、使い心地が良いからこその日用品と言えるでしょう。

ポウル・ヘニングスン、ペンダント・ランプ〈PHアーティーチョーク〉1957年 ルイスポールセン Photo Michael Whiteway

長い時間を過ごす住まいの中に、極められたデザインの調度品があるということは、それだけで心が豊かになるように思えます。
このようなデンマークデザインの中には、日々を幸福に過ごすヒントがあるのかもしれません。

今回の展覧会にちなんで、美術館1階に併設されているレストラン・アクアマーレではコラボ・メニューも用意されています。


お天気の良い日は、正面に海を臨めるテラス席はとても気持ちが良いです。


屋上は東京湾を遠く見渡せる絶景ポイントです。屋上から続く山の広場も自然がいっぱい。ぜひ、足を運んでみてください。


なお、本展は静岡市美術館(2017年9月9日~11月12日)に巡回します。

会場横須賀美術館
開催期間2017年4月28日(金)~6月25日(日)
開館時間10:00~18:00
所在地神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
046-845-1211(代表)
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/
料金一般 1,000円、高大生・65歳以上 800円、中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「デンマーク・デザイン」展詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社