インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」

兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年5月19日
ゆるキャラの元祖?

ヒエロニムス・ボスから始まる「奇想」の系譜をたどる展覧会が兵庫県立美術館で開催中です。

まず、ヒエロニムス・ボスについて簡単にご紹介しましょう。

ボスはドイツの古都アーヘン出身で、本名はヒエロニムス・ファン・アーケン。移り住んだセルトーヘンボスという都市で生涯を過ごしたことから、ボスという通称名で呼ばれるようになりました。彼は熱心なキリスト教信者で、人間の愚行や罪をテーマとした作品を多く制作しました。

現存する作品はわずか40点足らず。
ボスオリジナルのキャラクターや世界観は当時、諸外国にも知れ渡るほど人気を博し、ブリューゲルを始め、多くの画家がボスを真似た作品を作りました。

展覧会は三章構成。
第一章では、ボスやブリューゲルら15世紀から17世紀のフランドル美術を紹介。
続く第二章では、19世紀末から20世紀初頭にかけてのベルギー象徴派・表現主義に着目し、ボスに起源を持つ「奇想」がどのように受け継がれたのかを紹介。
最後の第三章では、20世紀のシュルレアリスムから現代にかけての美術作品に見られる「奇想」を紹介しています。

ボスに始まる「奇想」の系譜はそれぞれの時代で、どのような軌跡をたどってきたのでしょうか。


こちらは、今回チラシにも使われている、ヒエロニムス・ボス工房《トゥヌグダルスの幻視》(1490-1500年頃)です。

描かれているのは、アイルランドの修道士、マルクスが12世紀半ばに記した、『トゥヌグダルスの幻視』の逸話です。

放蕩にふけっていたトゥヌグダルスは、ある時3日ほど仮死状態に陥ってしまいます。
その時、彼の魂は天国と地獄をさまようことになったのですが、この作品に描かれているのは地獄の様子です。

作品には、もうこれ以上飲めない、というほどにワインをグイグイと飲まされている人や、槍で刺されそうになっている人、沼のようなところにズブズブと飲み込まれそうになっている人など、様々な懲罰方法が描かれています。

しかし、よく見てみると、懲罰を下す側のキャラクターからはどこか愛らしさを感じます。


こちらは右から、ヤン・マンデイン《聖クリストフォロス》(制作年不詳)と、ヤン・マンデイン《パノラマ風景の中の聖アントニウスの誘惑》(制作年不詳)です。

ヤン・マンデインは、聖クリストフォロスや聖アントニウスを主題とする作品に、独自のアレンジを加えたヒエロニムス・ボス風の怪物や悪魔のモチーフをたくさん登場させています。


左側の作品は、フェリシアン・ロップス(原画)、アルベール・ベルトラン(彫版)《娼婦政治家》(1896年)。

19世紀にベルギーで活躍した、フェリシアン・ロップスは自らの豊かな想像力を武器に、象徴主義的な作品を数多く制作したことで知られています。

この作品では、目隠しされた、娼婦の格好をした政治家が彫刻、音楽、詩、絵画の擬人像を踏みつけて堂々と立っています。

ロップスは本作品で、現代の政治家には私利私欲に目がくらんだ者がいる、ということを表現しています。


こちらは、現代の作品です。
トマス・ルルイ《生き残るには脳が足りない》(2009年)。

巨大化した脳を支えきれなくなったように、ドスっと頭部が落ちてしまっています。
口元からは嘔吐物が流れ出ており、心身ともに疲れ切っている様子が見て取れます。

ルルイは、この作品で、たくさんの人が理想的な身体を求め、崇めてきたものの、そこには際限がないために、成れの果てには自滅に至ることを示しています。

最後に展覧会風景をご紹介します。


こちらは、ピーテル・ブリューゲル(父)〔原画〕、ピーテル・ファン・デル・ヘイデン〔彫版〕、ヒエロニムス・コック〔発行〕の「七つの大罪シリーズ」の版画です。

本展覧会では、「第二のボス」と謳われた、ピーテル・ブリューゲルの下絵をもとに作られた版画が多数展示されています。


展覧会の一角にはこんなスペースも。
ブリューゲルの作品をもとにしたアニメーションが上映されています。
これを見たら、見落としてしまっていた細部に気づくかもしれません。

ボスから始まる「奇想」の系譜を是非会場でご体感ください。

会場兵庫県立美術館
開催期間2017年5月20日(土)~7月9日(日)
開館時間10:00~18:00、金・土は~20:00(いずれも入場は30分前まで)
所在地兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 (HAT神戸内)
078-262-0901
HP : http://www.artm.pref.hyogo.jp/
料金一般 1,500円、大学生 1,100円、70歳以上 750円、高校生以下は無料
展覧会詳細へ 「ベルギー奇想の系譜展」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
そりとむくり
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社