インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  平塚市美術館「リアル(写実)のゆくえ」

平塚市美術館「リアル(写実)のゆくえ」

撮影・文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2017年6月3日

会場に入ってすぐ、2つの鮭の絵が並べられています。
明治期に描かれた高橋由一の『鮭』と、平成の磯江毅の『鮭 ─ 高橋由一へのオマージュ ─ 』です。

高橋由一《鮭》、制作年不詳、油彩・キャンバス、山形美術館寄託
高橋由一《鮭》、制作年不詳、油彩・キャンバス、山形美術館寄託
  磯江毅《鮭 ─ 高橋由一へのオマージュ ─ 》、2003年、油彩・板
磯江毅《鮭 ─ 高橋由一へのオマージュ ─ 》、2003年、油彩・板

絵画はいつも目の前にある現実との対決にあったように思えます。
写実のための必要品だった絵画は、正確に記録できるカメラが発明されることによりその意義が問われてきました。
「リアル(写実)のゆくえ」では、日本洋画の先駆者と言われる高橋由一からはじまり、現代までの写実絵画を時系列に鑑賞することができます。

西洋から油絵が伝わったとき、遠近感、光と影など、今まで見たことのないリアルな描写に人々は驚いたといいます。
由一の『鮭』は、お歳暮に贈られる新巻鮭をリアルに描くことによって、本物の新巻鮭を贈ることと絵を贈ることは同等に価値があるということを証明したかったのかもしれません。

西洋から入ってきた油絵は、西洋的なリアルさを追求したとはいえ、日本人の感性というフィルターを排除することはできません。

原田直次郎《神父》、1885年、油彩・キャンバス、信越放送(株)

人物を写実的に描くことは、正確に写し取る以上にモデルの人物像に迫るということでもあります。

それは次第に「そっくりに描く」というリアルさから、精神性を重視するように傾いていった岸田劉生の人物画へとつながっていきます。

岸田劉生《近藤医学博士之像》、1925年、油彩・キャンバス、神奈川県立近代美術館

絵画においてのリアルとは、画家の目と心を通して届けられる画像情報なのかもしれません。

長谷川潾二郎《猫》、1966年、油彩・キャンバス、宮城県美術館

カメラどころか、今では誰もが身近にスマホを携帯し、いつでも気楽に現実を切り取ることができる時代です。そんな時代だからこそ、現代の作家たちの中にはスーパーリアルに心を突き動かされるのかもしれません。

上田薫《なま玉子C》、1976年、油彩・アクリル・キャンバス、東京都現代美術館

写真なのか、絵画なのか。画家の観察力と描写力に驚かされます。

三浦明範《鮭図―2001》、2001年、シルバーポイント・黒鉛・墨・パネル、作家蔵

画家の目と心で見た現実への追及は、私たち観る者を圧倒し、今ここにないものを想像し、感動を与えてくれます。

この展覧会では、作品の横に作家たちの文章や言葉が添えられています。それらは、作家たちが目の前にあるものをどのように捉え、表現しようとしていたのかを、とてもよく伝えています。それは制作へのリアルを知ると言うこともできるでしょう。


この展覧会は、足利市立美術展(6月17日(土)~7月30日(日))、碧南市藤井達吉現代美術館(8月8日(火)~9月18日(月))、姫路市立美術館(9月23日(土)~11月5日(日))にも巡回します。

会場平塚市美術館
開催期間2017年4月15日(土)~6月11日(日)
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
所在地神奈川県平塚市西八幡1-3-3
0463-35-2111
HP : http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
料金一般 800円、高大生 500円、中学生以下は無料
展覧会詳細へ 「リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社