インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  あべのハルカス美術館「没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑」

あべのハルカス美術館「没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年6月5日
妖艶な指先にご注目

明治後期、東京や京都では、鏑木清方と上村松園を筆頭とする二つの画壇が主流で、大阪はその東西二大都市と比べるとややマイナーな地域でした。
そんな大阪で、「画壇の悪魔派」と揶揄されながらも、画壇の改革を起こそうと奮闘したのが、今回の主人公、北野恒富。

作品を見てみると、どれも現代性を感じるものばかり。

では早速ご紹介しましょう。


こちらは、北野恒富《道行》(1913年頃)。

この作品は文展に出品したものの、道徳的に良くないという理由で落選した作品です。

描かれているのは、近松門左衛門の「心中天の網島」に登場する遊女小春と紙屋治兵衛が死出の旅(心中へと向かう旅)へと向かう場面です。
威嚇し合うカラスが描かれ、道ならぬ恋に走る二人を責め立てているかのようです。
小春の顔は空一点を見つめ、生気が感じられないほど憔悴した様子です。

二人がつなぐ手の指先にご注目ください。
指先はほんのり赤く、それが妙な生々しさを感じさせます。まるで彼女らの心情を象徴するかのようです。


左から、北野恒富《宝恵籠》(1931年)、北野恒富《涼み》(昭和初期)。

北野恒富の《宝恵籠》は私のお気に入りの作品の一つで、鮮やかな赤色と芸妓さんの黒い結い髪の対比がとても美しいです。
近くで見てみると、結い髪はただ黒で塗られているのではなく、繊細にニュアンスを感じさせるように描かれているのがわかります。

着物にもご注目ください。
帯の絞りの粒は一粒一粒丁寧に色が塗り重ねられていて、少し厚塗りになっています。
恒富の作品は、塗り重ねるところと、薄く色付けしてニュアンスを出しているところが混在しているのが面白いです。


左から、北野恒富《ポスター原画:高島屋》(1929年)、森村泰昌《北野恒富・考/壱(恒富風桃山調アールデコ柄)/森村泰昌》(2011年)。

森村泰昌といえば、古今東西の名画に入り込んだり、著名なアーティストに扮したセルフポートレート作品で有名ですが、こちらでは、北野恒富の《ポスター:高島屋》に描かれる女性に扮しています。

この作品で是非注目いただきたいのが、森村の指先です。
実際の女性像とは異なりますが、彼は恒富の指先へのこだわりを見抜き、あえて手入れの行き届いた長い爪をあらわにしています。


こちらは下段右から北野恒富《ポスター:貿易製産品共進会》(1911年)、北野恒富《ポスター:朝のクラブ歯磨》(1913年)、北野恒富《ポスター:サクラビール》(1913年)。

右の作品を見て、ミュシャを連想された方も多いのではないでしょうか。
恒富はミュシャから影響を受けた画家の一人で、この作品は恒富制作のポスターの中で最も古い作品です。
それから2年後には、中央の作品のように、恒富好みのやや憂いを帯びた女性のポスターが制作されるようになりますが、ポスター制作のスタート地点に、こうした西洋舶来品の影響が見られる、というのは興味深いですね。

最後に展覧会風景をご紹介します。


こちらは北野恒富といえばコレ!という作品が一堂に並ぶコーナーです。
いろんな風景の中に、はんなりとした女性が描かれています。


こちらは恒富が設立した、画塾「白耀社」の門下生たちの作品コーナーです。
祭りをテーマにした作品や、夕涼みが描かれた作品など、どれも夏らしい作品です。彼の作品からいつも感じられる憂いがそこにはあります。

ただ綺麗なだけじゃない、恒富の美人画を是非会場でお楽しみください。

会場あべのハルカス美術館
開催期間2017年6月6日(火)~7月17日(月)
休館日6月26日(月)
開館時間火~金 / 10:00~20:00、月土日祝 / 10:00~18:00(いずれも入場は30分前まで)
所在地大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
06-4399-9050
HP : https://www.aham.jp/exhibition/future/kitanotsunetomi/
料金一般 1,300円、大学・高校生 900円、中学・小学生 500円
展覧会詳細へ 「没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社