インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立国際美術館「ブリューゲル「バベルの塔」展」

国立国際美術館「ブリューゲル「バベルの塔」展」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年7月17日
こんなの見たことない!衝撃の美しさ!もう見ましたか?あのバベルの塔が満を持してついに来日!

東京で大盛況だった、「ブリューゲル バベルの塔」展が国立国際美術館にやってきました。約四半世紀ぶりに来日したブリューゲルの大傑作を心ゆくまでとことん楽しみましょう。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このバベルの塔、実は三つあります。今回の展覧会で見られる、ブリューゲルの「バベルの塔」は三作目。
とは言っても、ジュリオ・クローヴィオと共同で制作した一作目のバベルは残念ながら現存していません。
のちに描かれた二作目・三作目の礎となった絵がどんなものだったのか気になるところです。

このレポートでは、ウィーン美術史美術館に所蔵されている、ブリューゲル二作目の《バベルの塔》と、三作目の《バベルの塔》を比較し、両者の違いを明らかにしていこうと思います。

ではまず二作目からご紹介します。(本展覧会では二作目は展示されていません)



ピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》(1563年)。

こちらは、私が先日ウィーンの美術史美術館に行った際に撮影してきました。
左下前景では、ニムロド王が何やら指示を出しています。(ニムロド王とは「ノアの箱舟」でおなじみのノアのひ孫です)
そして画面中央にはニムロド王が人々を説得して造らせた「バベルの塔」がどどんと描かれています。
さて、建物の作りに注目してみましょう。二作目のバベルの塔は建物の外側が石で、内側はレンガで建てられています。

そして、二作目完成から約5年後に描かれた三作目がこちら。



ピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》(1568年頃)。

三作目のこちらのバベルには、ニムロド王の姿はなく、塔はすべてレンガで建てられています。
塔をよく見てみると、アーチの形状が二作目と三作目では大きく異なっていることがわかります。
二作目では、塔の中央から上部と下部でアーチのデザインが異なっていますが、三作目では、長い年月を経て建築されたからでしょうか、階層ごとにアーチのデザインが異なっています。
また、塔の中央部分にはカトリックの教会堂を思わせるアーチ型の窓があり、その付近に宗教行列の一行が見えることから、この三作目のバベルの塔には、人が居住し、教会も機能しているということがわかります。

さて、今回の展覧会では、このバベルの展示に合わせて、東京藝術大学COI拠点が特別協力した拡大複製画が展示されています。



細部にまで趣向が凝らされたブリューゲルのバベルを見るために、単眼鏡があればベターですが、この拡大複製画でも細部までご覧いただけます。

また、会場の外には、「AKIRA」などの漫画で知られる、大友克洋氏がバベルの塔の内部がどうなっていたのかを考察し、それを描いた「INSIDE BABEL」も公開中です。



では最後に必ず見ていただきたい、個人的にオススメな作品を2点ご紹介します。



こちらはヒエロニムス・ボス《放浪者(行商人)》(1500年頃)。

中央に描かれている人物は、カゴにかけられた猫の皮と木の杓を用いた商売をする行商人。
この男、大変貧しいようで、左右でちぐはぐな靴を履いています。
後ろ髪引かれるような表情の男の後ろには娼館が描かれていますが、この男は宿から出てきたばかりでしょうか。それとも、ただ通りすぎただけでしょうか。



こちらはピーテル・ブリューゲル1世、彫版ピーテル・ファン・デル・ヘイデン《農民の婚礼の踊り》(1570-1572年頃)。

この作品は、ブリューゲルが亡くなってからかなり後に彫られた作品で、ブリューゲルの油絵作品でおなじみのモチーフがあちこちに見受けられます。

ブリューゲルの油絵作品は40点余りと大変少ないので、これを機に全作品を解説書でチェックし、どのモチーフが繰り返し描かれているのか、という視点で作品を見ても面白いかもしれません。

会場国立国際美術館
開催期間2017年7月18日(火)~10月15日(日)
休館日月曜日 ※ただし、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
開館時間10:00 ~17:00、金曜日、土曜日は21:00まで(入場は閉館の30分前まで)
所在地大阪府大阪市北区中之島4-2-55
06-6447-4680 (代)
HP : http://babel2017.jp/
料金一般 1,500円、大学生 1,200円、高校生 600円
展覧会詳細へ 「ブリューゲル「バベルの塔」展」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社