インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  MIHO MUSEUM「雪村-奇想の誕生」

MIHO MUSEUM「雪村-奇想の誕生」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年7月31日
認知度低めだけど実はすごい!大画家、雪村の展覧会、堂々開演。

時は戦国時代。雪村周継は北関東・常陸国部垂の守護大名、佐竹氏一族の子として生まれました。
一説には、雪村は家を継ぐべき立場にありましたが、側室の子供を寵愛する父親に嫌われて家を出され、禅寺に入ったと言われています。
有名な僧侶の幼少時代を紐解いてみると、あの一休さんは実は天皇の皇子であったり、雪舟は岡山の豪族の子供であったりと、裕福な生い立ちの人物が僧侶となるのは珍しいことではありません。
雪村は十代から佐竹氏の菩提寺の正宗寺で修行を積み、多くの絵画に接し、貪欲に技術を習得したと考えられます。
生没年は未だ不明で謎の多い画家ですが、尾形光琳をはじめ、雪村のファンは多く、光琳に至っては作品を模写するだけに収まらず、雪村が使ったと言われる石印まで所有していました。

MIHO MUSEUMで開催される本展は過去最大規模の回顧展。
大芸術家達を惹きつけてやまない、雪村の魅力を探ってみませんか?



こちらは雪村《呂洞賓図(りょどうひんず)》(16世紀)、大和文華館蔵(展示:8/20に終了)。
描かれているのは、呂洞賓という中国の仙人。

中国では、呂洞賓といえば、瓢箪(ひょうたん)を持ち、背中に剣を帯びた図像が一般的ですが、雪村は手に水瓶を持たせ、そこからにょろにょろと子龍を昇らせ、天空雨の龍と対峙させる、という独創的なユーモアあふれた呂洞賓を描いています。

強風が吹きつける中、呂洞賓は龍の頭上に立ち、かーっと目を見開いて、天空の龍を捉えています。
ものすごい迫力に圧倒されます。



こちらは、雪村《蝦蟇鉄拐図(がまてっかいず)(16世紀)、東京国立博物館蔵(展示:8/13に終了)。

右に描かれているのは、自分の魂を飛ばす李鉄拐(りてっかい)。
李鉄拐は自身の魂を飛ばして(幽体離脱?)出かけている際中、弟子が誤って彼の体を燃やしてしまったために、自らの体に戻ることができず、やむなく近くにあった死骸に乗り移ったと言われています。彼は中国を代表する八仙のひとりです。
この瞬間はまさに自らの魂を飛ばし、幽体離脱しているところ。
口からピューっと出たその先には、彼の小さな分身がいます。



こちらは雪村《猿猴図》(16世紀)、茨城県立歴史館蔵(展示:8/20に終了)。
右の作品、柔らかそうな毛に覆われた可愛いサルたちが何かを取ろうと川に手を伸ばしています。
左の作品では、ブドウに手を伸ばすサルと、そこから落ちるであろうブドウを狙っているサルが描かれています。
何とも微笑ましい光景ですね。

次に展覧会風景をご紹介します。



右に見える六曲一双の屏風は雪村《鷹山水図屏風》(16世紀)、東京国立博物館蔵(展示:8/6に終了)。
作品の中には、鷹の襲撃から逃れるようにウサギが隠れています。



こちらのコーナーは、雪村に私淑していた、尾形光琳をはじめ、酒井抱一の作品も展示されています。

大画家たちを魅了してやまなかった雪村の作品の魅力を是非会場でご体感ください。


会場MIHO MUSEUM
開催期間2017年8月1日(火)~9月3日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00 ~17:00(入場は16:00まで)
所在地滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
0748-82-3411(MIHO MUSEUM)
HP : http://miho.jp/
料金一般 1,100円、大高生 800円、小中学生 300円
展覧会詳細へ 「雪村-奇想の誕生」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社