インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  京都国立近代美術館「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」

京都国立近代美術館「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年8月21日
カラフルな絹谷ワールド全開!

幸せな場所には必ず色彩があり、色彩のない場所には生物は住めないと語る絹谷幸二。
彼が長年取り組んできたのが、「アフレスコ」(フレスコと同義)という壁画です。

彼は学生時代に法隆寺金堂壁画を目にし、壁画の持つ圧倒的な力強さに心を打たれたのをきっかけに、大学院で壁画技法を研究し、イタリアで本格的にアフレスコの技法を学びました。
それまで絹谷の作品は色調が穏やかで、やや物悲しい印象がありましたが、イタリア留学を機に、作品には鮮やかな色調が舞うようになりました。

一見ポップな作品に見える絹谷の作品ですが、よーく見てみると、そこには今にも崩壊してしまいそうな危うさが潜んでいます。

印象的だった作品を中心に、その世界観をご紹介していきます。


(左から)絹谷幸二《あううん・祈り》1996年 / 絹谷幸二《アルベリ(木霊)》1990年。

左の作品の中央に描かれているのは、祈りを捧げる人。

画面には「あううん」や、「波羅密多」という言葉がカラフルに描かれていますが一方では、「piece」の文字も見えます。

左の顔の目には釘のようなものが刺さっていますが、それでも諦めず、祈り続けているように見えます。

よく見てみると、戦争を意味するようなモチーフがあちらこちらに配置され、今にも崩壊しそうな危うさも感じられます。


絹谷幸二《富嶽旭日風神雷神》2017年

先ほどの作品とは打って変わり、絹谷は日本の伝統的絵画を踏まえてこんな作品も制作しています。

富士山のあたりは太陽が出ていて、天気が良さそうですが、風神雷神のいる下の天気はとても荒れ模様です。
風神雷神の表情に着目してみると、なんだかガキ大将のような風貌で、どこか楽しげに感じるのは気のせいでしょうか。

今年は京都国立博物館で、「国宝」展が開催されますね。
「国宝」展では、絹谷が描いた「風神雷神」のモチーフ元となっていると思われる、俵屋宗達の《風神雷神図屏風》が展示されます。
俵屋宗達の風神雷神図はこれまで様々な画家によって繰り返し描かれてきましたが、絹谷もその系譜に位置づけることができるのではないでしょうか。


絹谷幸二《ヴェネツィア朝陽・希望》2006年

描かれているのは、朝陽にきらめくヴェネツィアの風景です。
絹谷が大学院時代に訪れたヴェネツィアの風景は、彼の心に深く焼きついており、彼の作品の持つ鮮やかさの原点がそこにはあります。
中央に描かれた教会堂の上には「Sallute」の文字が見え、登楼からは鐘が鳴っているのでしょうか。音符が飛び出しています。

最後に展覧会風景をご紹介します。



どーんと描かれたこちらの作品には、日本人なら誰でも知っているあの場所と、その上に立ち昇る龍が描かれています。



黒い壁に展示された極彩色の作品群。
色彩の鮮やかさに圧倒されることはもちろんですが、不動明王や阿弥陀如来の、静かでありながらも語りかけてくるような表情にもご注目ください。


会場京都国立近代美術館
開催期間2017年8月22日(火)~10月15日(日)
休館日毎週月曜日、9月19日(火)、10月10日(火) ※ただし9月18日(月)、10月9日(月)は開館
開館時間9:30~17:00、金曜日・土曜日は~21:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
075-761-4111
HP : http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/421.html
料金一般 1,400円、大学生 900円、高校生 500円、中学生以下は無料 ※コレクション展もご覧いただけます。
展覧会詳細へ 「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社