インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」

東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」

撮影・文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2017年9月22日

文化財は人類の宝ですが、「保存と公開」という2つの矛盾した目的のせめぎあいがあります。貴重なものを「知りたい、観たい」という欲望は誰もが持っているものですが、それは「劣化と損傷」という大きなリスクを背負わされているとも言えます。

本展「シルクロード特別企画展『素心伝心』クローン文化財 失われた刻の再生」は、東京藝術大学が中心となり、失われゆくシルクロードの6か所の遺跡を最先端技術と熟練の手作業でクローンとして蘇らせたプロジェクトの展示となっています。



「日本・法隆寺金堂」では、昭和24年の火災に遭った堂内の壁画を焼失前の状態に復元し、さらに通常間近で見ることができない釈迦三尊像も再現しています。釈迦三尊像は現在法隆寺にあるままを3Dプリンタで制作しただけではなく、歴史資料や文化財の形状から、本来あるべき姿と考えられる状態を再現しています。





例えば、左右の脇侍は現存しているものと左右を入れ替えて再現しています。それは衣の左右の長さから考えると、本来は左右入れ替えた状態であったのだろうと推察されるからだそうです。このようにクローン文化財は現存しているものをもう一つ作るのではなく、本来そうであっただろうということを科学や歴史的な観点から見直し、再現してみるという意義もあります。

「北朝鮮・高句麗江西大墓」は、現地の環境では大変湿度が高く、将来に壁画を遺すことが難しい文化財です。それを、完全に損失してしまう前にクローンとして遺していく試みがなされました。複製品というとちゃちで粗悪なイメージがありますが、実際の古墳と同じ花崗岩を使い、質感もリアルに表現されています。インクジェットプリンタを使用することにより画像を正確に印刷し、それを日本画家が手作業で彩色をしているとのことでした。



「中国・敦煌莫高窟第57窟」は、観光地化により劣化してしまった現在では、拝観が制限されています。なかなか観ることが出来なくなってしまった窟内を制作当初の状態に再現することで、観光に役立てることも可能になります。



「中国・キジル石窟航海者窟」は、20世紀のはじめドイツ探検隊により壁画が切り取られ、持ち去られてしまったそうです。その後一部は戦火により喪失してしまいました。それを『アルト・クチャ』という古書資料をもとに壁画として再現したものです。





「アフガニスタン・バーミヤン東大仏仏龕天井壁画」は、2001年にタリバン・イスラーム原理主義勢力により破壊されました。1970年代のポジフィルムや計測された仏龕の3Dデータを元にして再現された展示室は、まるで現地にいるような神秘的な気分になります。美しい青はラピスラズリが使われています。





このようにクローン文化財は、失われていく貴重なものを後世に遺していくという使命を担っていますが、それだけでなく、現地に行かずしてその素晴らしさを体感できるものです。また「観る」だけでなく、触れることもできるという利点もあります。



例えば視覚に障がいのある方や幼い子供たちも、触れることで文化財をリアルに体験することができます。これは文化財の新しい鑑賞の仕方を示唆しているのかもしれません。

また、今回の展覧会では、臭覚についても工夫がなされています。ある2つの展示室の中で、その場に合わせた香りを感じることができますので、ぜひその点にも注目されて観覧されてはいかがでしょうか。


会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2017年9月23日(土)~10月26日(木)
休館日月曜日(10月9日は開館)
開館時間10:00~17:00、金曜日~20:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地東京都台東区上野公園12-8
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://sosin-densin.com/
料金一般 1,000円、大学高校 800円、中学生以下 無料
展覧会詳細へ 「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社