インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」

大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年9月29日


大阪で生まれ、発展してきた人形浄瑠璃文楽は、2008年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

一方、朝鮮通信使は、江戸時代に12回、朝鮮から日本を訪れ、各地で様々な交流を持ったた両国の友好のシンボルで、こちらは現在、ユネスコ記憶遺産登録に向け申請中。

大阪が誇るこの二つの文化遺産を、貴重な館蔵品で展観する展覧会です。

展示は二室に分かれていて、まずは文楽から。こちらの見どころは二つ!
一つ目の見どころとして、文楽人形鬘師・床山として活躍された名越昭司氏(1931~2016)が後世に残すために制作した鬘見本が多数展示されています。



初めて知ったのですが、文楽の人形鬘は、公演が終了するたびに解きほぐされ、また新たに製作されるのだそうです。



とても華やかで美しいですね。
毛は、動物(ヤク)の毛や中国奥地の女性の毛が使われているそうです。

鬘は技術の進歩、材料の変化とともにより複雑で精巧なものに進化していき、特に名越氏は使用する道具や技術に工夫を凝らし、こだわりをお持ちだったとのこと。お使いになっていた道具の展示もあります。

もう一つの見どころは、戦前・戦後の文楽の広報資料です。

娯楽のバリエーションが広がった昭和初期の頃、文楽は存続の危機にまで陥り、国や民間の支援を受けたり、興行に工夫を凝らしたりしながら今日まで発展してきました。


人形浄瑠璃ポスター 四ツ橋文楽座 昭和16年(1941)6月 大阪歴史博物館蔵(中村知也氏寄贈)

戦時下では世相を反映した演目の上映や、戦争のニュース映画を劇場で流したことも。

展示の最後を飾る1970年の大阪万博の文楽のポスターが、次の大阪万博誘致の期待へとつながっています。



通路を挟んで別室に、朝鮮通信使の展示があります。

江戸時代、日本が唯一対等な国交を持った朝鮮から、ソウルを出発して江戸まで旅した通信使の一行は、途中、大阪にも立ち寄り、一週間程度滞在しました。 民間人との交流は制限されていたそうですが、朝鮮通信使の小童(お世話係のようなもの)が通りがかりの日本人から絵を描いてほしいと頼まれている様子を描いたものも。


朝鮮通信使小童図 江戸時代 1幅 大阪歴史博物館蔵(辛基秀氏寄贈)

また、大阪港に入港した一行の様子を記した一般人の貴重な資料も残っています。
旗の模様まで細かく記してあり、大変な興味を持って観察していたのでしょうね。



もちろん、幕府の公式の記録もきちんと残っています。
次回の朝鮮通信使がいつになるかわからないため、対応の方法などを細かく記録して残したものです。



おもてなし料理の献立を記録したものもあり、こちらに記されているメニューは、松茸や伊勢海老もあるフルコース!豪華ですよね。



基本的には、日本側が食材を提供して朝鮮の料理人が調理をしたそうですが、日本側がおもてなしをするケースもありました。

大阪を出て、京都まで船に乗って淀川を旅する一行の様子も描かれています。
大変豪華な船で、一行も驚いたと通信使の日記に残されているほど。


朝鮮通信使御楼船図屏風 江戸時代 6曲1隻 大阪歴史博物館蔵

その後の旅の途中で、朝鮮側の絵師が休息中に突然頼まれてお国のプライドを賭け?!描いた作品や、江戸幕府ご用達、狩野派の絵師が、朝鮮を出発する船を描いた異国情緒あふれる作品なども展示されていますので、会場でぜひご覧ください。

気になる朝鮮通信使の記憶遺産登録の結果ですが、11月ごろに判明する予定と伺いました。
会期中に発表されれば、展覧会もより盛り上がりを見せそうです!楽しみに待ちたいですね。


ところで、大阪歴博の10階エスカレーターホールから大阪城が一望できることをご存知でしょうか?
残念ながら今回は撮影できなかったのですが、全面ガラス窓から真正面に大阪城が見えて、迫力満点!

常設展示もスケールが大きく、見どころ満載で何度見ても飽きません。大阪の歴史を楽しみながら深く知ることができますので、特別企画展とあわせてご覧のうえ、大阪の魅力を満喫してくださいね!



会場大阪歴史博物館
開催期間2017年9月30日(土)~11月26日(日)
休館日毎週火曜日
開館時間9:30 ~17:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地大阪市中央区大手前4丁目1-32
06-6946-5728(ゴーナニワ)
HP : http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2017/osakanoisan.html
料金大人600円、高校生・大学生400円
展覧会詳細へ 「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
サントリー美術館「琉球 美の宝庫」
琉球 美の宝庫
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
「ショーメ」展
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
東京国立博物館「特別展「縄文―1万年の美の鼓動」」
「縄文」展
神奈川県立歴史博物館「明治150年記念 真明解・明治美術」
真明解・明治美術
静嘉堂文庫美術館「─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物」
明治からの贈り物
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」
深堀隆介
太田記念美術館「落合芳幾」
落合芳幾
国立歴史民俗博物館「企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」」
おみやげ博物誌
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」
クレパス画展
出光美術館「「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ」
都市の華やぎ
千葉市美術館「木版画の神様 平塚運一展」
平塚運一
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
大阪歴史博物館 「明治維新150年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」」
[エリアレポート]
西郷どん
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル 肖像芸術
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 生誕110年 田中一村展 フェルメール展
縄文―1万年の美の鼓動 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 特別展 人形師 辻村寿三郎 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018 スタート!!
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社