インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」

サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」

文 [エリアレポーター]コロコロ / 2017年9月19日
狩野派って何?
歴史の教科書で「狩野派」って目にします。しかし「狩野〇〇」がいっぱいで何がなんだかよくわかりません。日本美術を見ていても「狩野派」に学び・・・・みたいな話がよく出てきますが、狩野派っていったい何なのでしょうか? そんな疑問にも答えてくれる展示です。


「狩野〇〇」を整理してみました
会場にも系譜がありますが、主要な部分だけ抜き出してみるとこんな感じになります。


<※参考>

さらに生没年で並べてみると・・・・


<※参考>

一覧にすると、親と子、孫との重なりがわかります。今回のテーマ「元信」は二代目。初代は父「正信」です。有名な「永徳」は「元信」の。さらにその孫が「探幽」 これって隔世遺伝?!

狩野派は「血縁」が絶対条件です。ところが「山楽」や「山雪」は、直系ではなく「門人」で例外。だから「奇想」なんて外れたことができたのかも?


マニュアルで品質管理は現代にも通じる?
「元信」は父が始めた狩野派の品質を保つために、漢画のテクニックを分析してイメージでなく言語化し、描き方をマニュアル化しました。
そして一層広げるための、営業手腕も長けていました。幕府や禅宗だけでなく、公家、宮中、さらに当時、力を持ち始めてきた町衆へも… 親の七光りの2代目もいますが、「元信」は拡大し、今尚その名を轟かせるシステムを構築したのです。

こんな基本が展示を通して理解できます。


美術館の肝入り《酒伝童子絵巻》は必見!
狩野元信の《酒伝童子絵巻》がサントリー美術館の所蔵になった時、これは絶対に重要文化財になると確信したそうです。それはなぜ? 元信作品は非常に少ない中、真筆が確認されていたこと、出どころもしっかりしていたことなどが理由だそう。重文の暁には、絶対に「狩野元信」で展覧会を開く! と心に誓ったそうです。(会員向け内覧会の話)


重要文化財 酒伝童子絵巻 画/狩野元信 詞書/近衛尚通・定法寺公助・青蓮院尊鎮 三巻のうち巻三(部分) 室町時代 大永2年(1522) サントリー美術館 【全期間展示】(ただし展示替あり)

重要文化財 酒伝童子絵巻 画/狩野元信 詞書/近衛尚通・定法寺公助・青蓮院尊鎮 三巻のうち巻三(部分) 室町時代 大永2年(1522) サントリー美術館 【全期間展示】(ただし展示替あり)

めでたく重文指定されました。しかし狩野元信の作品は非常に少ない。単独開催は難しいと思われ、企画当初のタイトルは『狩野派の確立者 狩野元信とその時代』でした。しかし手を尽くし作品を集め、みごと「狩野元信」単独開催にこぎつけました。

担当の学芸員さんは、サントリー美術館も10周年という区切りの年に、先輩たちの思いも引き受けての開催。元信は永徳や探幽に比べると認知度が低いです。しかし、勝るとも劣らず、狩野派の礎を築いたその画力を紹介したい。そんな熱い思いが伝わってきます。


元信パワーを浴びる
第1章に足を踏み入れると、元信パワー全開で押し寄せシャワーを浴びてるような錯覚に襲われました。さらに学芸員さんたちの思いが重なり、元信を呼び寄せたようで、「俺はここにいる! しっかり見てくれ!」という声まで聞こえた気がしました。


重要文化財 四季花鳥図 狩野元信筆 八幅のうち一幅 室町時代 16世紀 京都・大仙院 【展示期間:10/18~11/5】

重要文化財 四季花鳥図 狩野元信筆 八幅のうち四幅 室町時代 16世紀 京都・大仙院 【展示期間:9/16~10/2、10/18~11/5】(ただし展示替あり)

重要文化財 禅宗祖師図 狩野元信筆 六幅 室町時代 16世紀 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives 【展示期間:9/16~10/23】(ただし展示替あり)

ビジネスへの応用
近年、美術鑑賞をビジネスに生かすという視点が着目されています。狩野元信が流派の質を均一化するために、まずは漢画の分析を行い、あいまいな画体をグルーピングして体系化するという作業は、混沌としたものの中から共通点をさぐりグループ化する具体例です。さらにグループワークにより作業の効率化をはかり、受注を拡大。世の中の情勢にアンテナを向け、しかるべきところに訴求するマーケティング・・・・元信は何を考えどう実現したかを具体的に想像したり、自分ならどう分類するか、この時代ならどんな戦略を立てるかという視点で見ると、ビジネスのヒントがみつかったりするかもしれません。

会場サントリー美術館
開催期間2017年9月16日(土)~11月5日(日)
休館日毎週火曜日 ※10月31日は開館
開館時間10:00~18:00、金・土、および10月8日、11月2日は~20:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地東京都港区赤坂9-7-4  東京ミッドタウン ガレリア3F
03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
料金一般 1,300円/大学・高校生 1,000円
展覧会詳細へ 「天下を治めた絵師 狩野元信」 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
コロコロ コロコロ
美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社