インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  Bunkamura ザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」

Bunkamura ザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」

撮影・文 [エリアレポーター]松田佳子 / 2017年10月6日

ベルリンで生まれ、ドイツ・スイスで活動した画家、オットー・ネーベル(1892-1973)の日本初の回顧展が、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで行われています。



会場全体に広がる美しい色彩の裏には、第2次世界大戦時のナチス・ドイツからの迫害を受けた当時の前衛芸術家の苦悩があります。オットー・ネーベルは、影響を受けたクレー・カンディンスキー・シャガールと同じようにドイツを追われ、その後スイスで活動をします。

初期のカラフルで幻想的な小品は、テーブルに作品を置いて絵本を読むように指で指し示しながらお話ができるように作られたそうです。隣の壁に展示されているシャガールの影響を感じることができます。


(左から)オットー・ネーベル《11人の子どもたちが「日本」ごっこ》1934年 ミクストメディア、グアッシュ オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《青から出てきた姿たち》1934年 油彩・キャンヴァス(卵の溶剤で溶いた白亜地) ベルン美術館

上はオットー・ネーベル財団理事長 テレーゼ・バッタチャルヤ=シュテットラーさんによるギャラリートークの写真です。

建築学を学んだネーベルは、建築的な景観を重視した独特の風景画を作成します。色鮮やかな作品を間近で見てみると、細かい点やマス目で構成されていて、それが質感や立体感として表現されていることがわかります。


(左から)オットー・ネーベル《煉瓦の大聖堂》1934、1947年 油彩・キャンヴァス オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《青い広間》1930、1941年 樹脂絵の具・白亜地、キャンヴァス オットー・ネーベル財団

1931年イタリアを旅したネーベルは、風景の中の色彩を取り出し「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」を制作します。「カラーアトラス(色彩地図帳)」とは、大小のマス目にその土地土地の色のイメージを並べ構成したものです。


オットー・ネーベル《ポンペイ》『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』より 1931年 インク、グアッシュ・紙 オットー・ネーベル財団

建築学だけでなく、音楽や演劇に造詣が深かったネーベルは、音楽用語を題材としたり、音楽記号をモチーフとした作品も数多く制作したりしています。その作風は、交流の深かったカンディンスキーと重なる部分も感じられます。


(左から)オットー・ネーベル《叙情的な答え》1940年 テンペラ・紙 オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《ロンド・コン・ブリオ(元気に)》1940年 テンペラ・紙 オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《青い動き》1940年 テンペラ・紙 オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《かなり楽しく》1940年 テンペラ・紙 オットー・ネーベル財団

その他にも文学や文字への興味も尽きず、ゲルマン語の古い文字体であるルーン文字からインスピレーションを受けた作品も多くあります。ネーベルの広く深い知識が、彼の作品を生み出したとも言えるでしょう。


(左から)オットー・ネーベル《持続的に》1950年 水彩、グアッシュ、金銀箔・紙 オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《幸福感》1950年 水彩、グアッシュ、金箔・厚紙 オットー・ネーベル財団 / オットー・ネーベル《自らの内に浮揚して》1947年 グアッシュ・紙 オットー・ネーベル財団

抽象画というと「難しい」「何が描いているかわからない」と思いがちですが、ぼんやりと色鮮やかな画面の中の不思議な形を見つめていると、自分の心の中にある感情や情景が浮き上がってくるような気がします。



本展のオリジナルグッズもおしゃれで豊富です。オットー・ネーベルの作品は造形的な美しさが際立つ作品だからこそ、このように身近な製品にも応用しやすいのでしょうか。




会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2017年10月7日(土)~12月17日(日)
休館日10/17、11/14
開館時間10:00~18:00、金・土曜日は~21:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_nebel/
料金一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
展覧会詳細へ 「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
松田佳子 松田佳子
湘南在住の社会人です。子供の頃から亡き父のお供をして出かけた美術館は、私にとって日常のストレスをリセットしてくれる大切な場所です。展覧会を楽しくお伝えできたらと思います。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社