インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  第4回府中ビエンナーレ トゥルー・カラーズ—色をめぐる冒険

第4回府中ビエンナーレ トゥルー・カラーズ—色をめぐる冒険

内容

 私たちは、日常さまざまな色彩に囲まれて暮らしています。目を開きさえすれば多様な色彩が目に飛び込み、私たちは特に意識することもなくこの情報を認識しています。ただし、現代ではコンピューター技術などの普及により、アナログな色彩からデジタルな色彩への移行がますます加速しています。なるほど街はきらびやかなモニターや商用看板にあふれ、テレビやパソコンと日々向かい合い、昼夜を問わず明るい照明の下で暮らす日常生活には膨大な種類の人工的な色彩が満ちています。しかし、数値で操作可能な人口色の氾濫は、むしろ色彩が本来備えている豊かな味わいを均一化されてきているといえるのではないでしょうか。そしてこの色彩の均一化はまた、グローバリズムやコマーシャリズムによって文化の社会全体が同調していくかに見える流れとも結びつき得ます。こうした環境の中で、若い作家たちはどのような色彩表現を試みているのでしょう。
 今、美術における色彩の意味をあらためて問い直したいと思います。今回のビエンナーレでは、色彩に強いこだわりを持つ作家、新しく現代的な色彩感覚を持つ作家、そして色彩を使って個性的な表現やメッセージを伝えている作家など7名の作家たちを選出し、新しい色彩表現と芸術の可能性を探っていきます。
 「色」という言葉がそのまま「個性」の謂でもある通り、誰しもが数値に変え難い、自分にとって「しっくりくる色」を持っているはずです。環境の変化に誰より敏感な若き作家たちの表現を通じて、私たちの誰一人として無関係ではないこ「色」の本質に迫り、観客の皆様ひとりひとりの「トゥルー・カラー(真実の色)」を見つめ直す機会になれば幸いです。

会場

府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
府中市美術館

会期

2008年11月15日(土)~2009年2月1日(日)

料金

一般:600円(480円)/大学生・高校生:300円(240円)/小・中学生:150円(120円)
※( )内は20名以上の団体料金

イベント開催中の休館日

月曜日(ただし11月24日、1月12日は開館)、11月25日、12月30日~1月3日、1月13日

分類

展覧会
 
第4回府中ビエンナーレ トゥルー・カラーズ—色をめぐる冒険 府中市美術館
knowledge 2006-2007林檎実物大、油彩、プラキャスト、木
 
府中市美術館
府中市美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 有り ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
府中市美術館

[ AD ]



第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社