インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  ジョセフ&アニ・アルバース、二つの抽象

ジョセフ&アニ・アルバース、二つの抽象

タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.30

内容

ジョセフ・アルバース(1888–1976)とアニ・アルバース(1899–1994)の夫妻は、いずれもドイツの造形学校バウハウスに学び、のちにアメリカに渡ってからはアーティストとして、そして教育者として活動し、戦後の美術やデザインに大きな影響を与えました。

ジョセフ・アルバースはバウハウス卒業後に同校教授となりましたが、1933年にナチスによるバウハウス閉鎖を機にアメリカに亡命。ブラック・マウンテン・カレッジやイェール大学で教鞭をとるほか、色彩理論書『色彩構成』を著すなど、画家、教育者としてアメリカ美術の発展に大きく貢献しました。色彩の相互作用と幾何学的形象による独自の絵画空間を追求した彼が、その実践として制作し続けた代表作〈正方形賛歌〉シリーズをはじめとする作品群は、のちの幾何学的抽象絵画やグラフィックデザインに強い影響を与えました。

アニ・アルバースはバウハウスでテキスタイルデザインを学んでいた学生時代、同校教授だったジョセフ・アルバースと結婚。1933年にジョセフとともにアメリカに亡命し、同じく美術教育にたずさわりながら織物作家として独創的な制作活動を行いました。のちのオプ・アートにも通ずるような、幾何学的形態のリズミカルなパターンをあらわしたテキスタイルは高い評価を受け、彼女はそれまで工芸の分野とされていたテキスタイルデザインを、アートの一ジャンルとした先駆的存在となりました。

アルバース夫妻の二人が、晩年の創作活動におけるおもな表現媒体として選んだのは版画でした。版画のシステマティックな制作過程と、それによって生み出されるハードエッジでフラットな色面やその繰り返しが、自らの作風を実現するのに最適と彼らが考えたであろうことは想像に難くありません。これを支え、さらには新たな表現の可能性を二人に示したのが、マスター・プリンター、ケネス・タイラーとの共同制作でした。タイラーがプリンターとしてのキャリアをスタートさせたタマリンド・リトグラフィ工房で1963年に始まったアルバース夫妻との共同制作は、その後タイラーが興した2つの工房、ジェミナイG.E.L.とタイラーグラフィックスを通して続けられ、アメリカ現代版画史に残る名作の数々を生み出してきました。

本展はCCGA所蔵のタイラーグラフィックス・アーカイブコレクションの中から、ジョセフとアニのアルバース夫妻による晩年の版画作品を展示し、彼らが生涯を通じて追及した、色彩や形態の表現の到達点をご覧いただきます。

また同時開催として、戦後の日本のグラフィックデザインにおける幾何学的抽象表現を用いた作品の小展示を行い、この分野にアルバース夫妻が与えた影響を検証します。

会場

CCGA現代グラフィックアートセンター
〒962-0711 福島県須賀川市塩田宮田1
電話:0248-79-4811
CCGA現代グラフィックアートセンター

会期

2017年9月16日(土)~2017年12月23日(土)

料金

一般300円/学生200円/小学生以下と65才以上、および障がい者手帳をお持ちの方は無料

イベント開催中の休館日

月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日を除く) *会期後12月24日(日)―2018年2月28日(水)は冬期休館となります。

分類

展覧会

URL

 
ジョセフ&アニ・アルバース、二つの抽象 CCGA現代グラフィックアートセンター
 
CCGA現代グラフィックアートセンター
CCGA現代グラフィックアートセンター
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
CCGA現代グラフィックアートセンター

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社