インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  灰野文一郎展

灰野文一郎展

内容

灰野文一郎1は1901年、新潟県高浜町椎谷(現・柏崎市)に生まれました。
小樽商業学校に学び、在学中には後のプロレタリア作家、小林多喜二などと共に絵画サークルで制作や展覧会を行っていました。
その後、明浩六学商科を卒業、1926年より栃木県宇都宮市立宇都宮商業学校で教鞭をとるようになります。灰野は同校、また後には作新学院の教師として、商業美術の教育にも情熱を傾けます。
 昭和初期から光風会、白日会などに宇都宮の風景や静物などの身近な主題を掻いた油彩画を出品し始め、
自らの表現を追求する模索時代を過ごしながら、徐々にリズミカルな筆の運びで独自の動きある画面を制
作すようになります。
1936年には≪高原に炭を焼く≫(栃木県立美術館)により文展鑑査展に初入選しますが、翌37年から38年にかけて中国大陸に出征、.胸に銃弾を受け入院加療を余儀なくされました。
戦後になると、那須の山々や高原山、日光の風景などを多く描き、雄六な山々とその裾野を、広がる雲と流れる雲の下に表現しました。
特にその雲は「灰野の雲」とも呼ばれ、見る者に移ろいゆく光や風を感じさせてくれます。
本展覧会は、長年にわたり宇都宮を拠点とし、栃木県の豊かな自然を中心に多くの作品を描き続け、1977年に75歳で没した画家、灰野文一郎の回顧展です。

会場

宇都宮美術館
〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077
電話:028-643-0100
宇都宮美術館

会期

2018年1月28日(日)~2018年4月15日(日)

料金

一般600 (480)円
大学生・高校生 400(320)円
中学生・小学生 200(160)円

※( )は20名以上の団体料金
◎身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料

◎宇都宮市在字または在住の高校生以下は無料
◎毎月第3日曜日(2月18日、3月18日、4月15日)は「家庭の日」です。
高校生以下の方を含むご家族で来館された場合、企画展観覧料が一般・大学
生は半額、高校生以下は無料
●4月1日[日]「市民の日」は宇都宮市民の方は無料

イベント開催中の休館日

月曜日、ただし祝日の場合は開館、翌日休館

分類

展覧会

URL

 
灰野文一郎展 宇都宮美術館
 
宇都宮美術館
宇都宮美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 有り ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
宇都宮美術館

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア ゴッホ展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
フェルメール展 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ タータン 伝統と革新のデザイン
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社