インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  秘蔵の木村武山展

秘蔵の木村武山展

内容

茨城県笠間市に生まれた木村武山(1876-1942)は、岡倉天心に認められ五浦で横山大観らと共に研鑽を積み、のちに再興院展の中心画家として活躍しました。人々に広く愛されたその作品は個人所蔵のものが多く、当館では継続して作品調査を行ってきました。本展では、平成23 年に開催した「木村武山の芸術展」開催時の作品調査では発見されなかった優品が一堂に会します。展示作品のほとんどが初公開であり、特に、大正13 年の再興第11 回院展出品作「群鶴(其一)」は、長らく行方不明とされていた名品で、約90 年ぶりの公開となります。
武山の代名詞ともいえる華麗で優雅な花鳥画を中心に、新発見の作品もあわせた41 点により、武山芸術の新たな魅力とその広がりを紹介します。

【出品点数】 41点(日本画)
※3月20日(火)から一部出品作品が変わります。

【主な出品作品】 ※所蔵はすべて個人蔵
■ 「海景図」 明治40~43(1907~1910)年頃
■ 「不動明王」 大正4~5(1915~1916)年頃
■ 「秋草図屛風」 大正5~6(1916~1917)年頃
■ 「老松ニ鷹」 大正9~10(1920~1921)年頃
■ 「群鶴(其一)」 大正13(1924)年
■ 「春暖 古面蘭陵王」 昭和7~10(1932~1935)年頃

【関連イベント等】
■講演会「新発見の木村武山」
日 時: 3月17 日(土) 13:30~
講 師: 中田智則(当館首席学芸員)
会 場: 講堂(入場無料・定員114 名)
■学芸員によるギャラリートーク
日 時: 2月18 日(日)・4月22 日(日)
各日共13:30~(約40 分間)
集合場所: 企画展示室入口(要企画展観覧券)
■来て・見て・発見!アートツアーfor Kids
日 時: 2月17 日(土) 10:30~(約40 分間)
対 象: 小中学生(参加無料)
会 場: 企画展示室
集合場所: エントランスロビー
■映画会 14:00~/講堂(入場無料)/定員114 名
3月4日(日) 「舞踏会の手帖」 1937 年/130 分/モノクロ/フランス

会場

茨城県天心記念五浦美術館
〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
電話:0293-46-5311
茨城県天心記念五浦美術館

会期

2018年2月9日(金)~2018年4月22日(日)

料金

一般310(260)円/高大生210(150)円/小中生150(100)円
※( )内は、20 名以上の団体料金
※満70 歳以上の方及び身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をご持参の方は無料
※3月31日を除く土曜日は、高校生以下無料

イベント開催中の休館日

月曜日(ただし2 月12 日〔月・振〕は開館、2 月13 日〔火〕は休館)

分類

展覧会

URL

 
秘蔵の木村武山展 茨城県天心記念五浦美術館
 
茨城県天心記念五浦美術館
茨城県天心記念五浦美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 有り ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
茨城県天心記念五浦美術館

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア ゴッホ展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
フェルメール展 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ タータン 伝統と革新のデザイン
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社