インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  写真発祥地の原風景 長崎

写真発祥地の原風景 長崎

内容

東京都写真美術館では、「明治150年」を記念し、写真発祥地をとらえた初期写真を核に、幕末・明治の姿を再構築する連続展を開催します。本年は、その第一段として「写真発祥地の原風景 長崎」を開催します。150年前に江戸時代は終焉し、日本は西洋的近代国家へと向かいます。開国期に渡来した写真は、この転換期を捉え、現代に伝えています。江戸時代には留学(遊学)先としても栄えた“異域”「長崎」は、ジョセフ・ロシエやフェリーチェ・ベアトなどの外国人写真師が訪れて写真を残しました。さらに、写真開祖と呼ばれる上野彦馬をはじめ、内田九一、竹下佳治、為政虎三などの日本人写真師が制作を行い、写真文化を普及します。写真が早くから普及した写真発祥地では、近世から近代の日本の姿を記録した写真が大量に制作されました。
本展では、初期写真だけでなく長崎学全般に詳しい姫野順一博士(長崎外国語大学教授/長崎大学名誉教授)をアドバイザーに迎えて、「物」として現存する幕末・明治の写真作品に中心軸を据え、これらを支える台紙や写真帳の装幀にも注目します。さらに古地図や絵画・工芸など、ジャンルを交差したオリジナル作品・資料、投影画像や拡大地図等の併出によって、多元的に幕末~明治の「長崎」を再構築します。

出品作品・資料は、東京都写真美術館が収蔵する上野彦馬『長嵜市郷之撮影』、内田九一『西国巡幸写真帖』および同撮影で日下部金兵衛が頒布した《(長崎パノラマ)》、フェリーチェ・ベアト『幕末アルバム』や、堀江鍬二郎《上野彦馬像》(日本大学藝術学部蔵)、『ボードウィン・アルバム』(長崎大学附属図書館蔵)、『内田九一写真帖』(長崎歴史文化博物館蔵)等の写真作品のほか、長崎にまつわる稀覯本、幕末~明治の絵画作品、長崎版画、《長崎風物図箱》などの工芸品、長崎大学附属図書館収蔵の《肥州長崎図》をはじめとする古地図を予定しています。
本展は、初期写真を中心としたオリジナル作品・資料を鑑賞する稀有な機会であり、新たな切り口で幕末・明治の長崎を再構築する試みです。

※2018年4月9日(月)に一部展示替えを行います。
※長崎歴史文化博物館に巡回(5月22日~6月24日)を予定しています。

会場

東京都写真美術館
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
電話:03-3280-0099
東京都写真美術館

会期

2018年3月6日(火)~2018年5月6日(日)

料金

一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円

※ ( )は20名以上団体、館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(公式サイトのご利用案内をご参照ください)
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
※館年間パスポートご提示者

イベント開催中の休館日

毎週月曜日(ただし、4月30日[月・振休]、5月1日[火]は開館)

分類

展覧会

URL

 
写真発祥地の原風景 長崎 東京都写真美術館
 
東京都写真美術館
東京都写真美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 無し カフェ・レストラン 有り ライブラリー 有り ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
東京都写真美術館

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社