インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  国吉康雄と清水登之 ふたつの道

国吉康雄と清水登之 ふたつの道

内容

国吉康雄(くによし やすお, 1889-1953)と清水登之(しみず とし, 1887-1945)は、若くしてアメリカに渡り、働きながら美術を学びました。
二人はともに1910年代から20年代初めのニューヨークで画家としての自己を確立し、国吉は日本画や古いアメリカ絵画の技法を取り入れた作品で、また清水は哀歓あふれる庶民の暮らしを描く作品で高く評価されました。1920年代のパリもそれぞれに体験し、彼らの画業はさらに充実しました。清水の日本帰国後も二人の友情は続き、清水は国吉の成功をたたえる文章を雑誌に寄稿しています。
ところが彼らは後半生において大きく異なる道を歩むことになりました。国吉は日米開戦後もニューヨークの画壇や母校アート・スチューデンツ・リーグでの立場からアメリカに残り、清水との共通の友人でもある石垣栄太郎・綾子夫妻とともに日本の軍国主義に対抗する活動を行いました。
一方、1927(昭和2)年に帰国した清水は早くから戦争を主題とする作品に取り組み、中国や東南アジアの戦場に従軍したのです。清水はその名も誕生の地、紐育(ニューヨーク)に由来する愛息育夫をアメリカとの戦争で喪い、深い悲しみの中で1945(昭和20)年12月、疎開先の栃木の生家で没しました。
明治末、青雲の志を抱いて渡米し、1910年代から20年代のニューヨークで深い親交を持ちながらも、戦争によって異なる道を歩まざるを得なかった二人の日本人画家。展覧会では20世紀前半の日本とアメリカに生きた彼らの生涯と作品を、福武コレクションと岡山大学国吉康雄研究講座の協力を得て対比します。
また、彼らと共にニューヨークで活動した日本人画家(石垣栄太郎、古田土雅堂、清水清)や、アート・スチューデンツ・リーグでの彼らの師(ジョン・スローン、ジョージ・ベローズ)らの作品もあわせて展示します。

【関連事業】

[鼎談]「祖国・日本・敵国」
講師:椹木野衣(美術批評家/多摩美術大学教授)、才士真司(岡山大学准教授/本展共同企画者/映像作家)、杉村浩哉(展覧会担当学芸員)
日時:6月9日(土)午後2時~(90分程度)
会場:集会室(午後1時30分開場、先着100名)

[ギャラリートーク]
講師:才士真司+杉村浩哉
日時:4月28日(土)午後3時30分~、6月17日(日)午後2時~(各回1時間程度)
会場:企画展示室(企画展観覧料が必要)

[対話型ギャラリートーク]
講師:才士真司
日時:6月2日(土)午後2時~(1時間程度)
国吉康雄の作品を前にしての対話形式のトーク。

[トーク・ライブ]「岡山のおじいちゃんおばあちゃんとクニヨシの話をしよう」
講師:才士真司
日時:5月20日(日)午後2時~
会場:企画展示室(企画展観覧料が必要)
国吉康雄の地元岡山から国吉を愛してやまない人々が来場、講師と共に熱く語り合う。

[上映会]国吉康雄検証ドキュメンタリー「国吉を誤解している日本・忘れたアメリカ」
日時:6月3日(日)午後2時~(1時間程度)
会場:集会室(午後1時30分開場、先着100名)
上映終了後、監督の才士真司氏によるトークを実施。

[ギャラリー・コンサート]「初夏の宵のジャズ」
出演:井上陽介(ベース)、秋田慎治(ピアノ)
日時:5月19日(土)午後5時~6時
会場:常設展示室 大壁面前(先着100名、当日の観覧券が必要)

会場

栃木県立美術館
〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7
電話:028-621-3566
栃木県立美術館

会期

2018年4月28日(土)~2018年6月17日(日)

料金

・一般 800(700)円
・大高生  500(400)円
・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※6月9日(土)、10日(日)、15日(金)は県民の日関連で無料

イベント開催中の休館日

月曜日休館(4月30日は開館)、5月1日(火) ※入館は午後4時30分まで ※5月19日(土)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)

分類

展覧会

URL

 
国吉康雄と清水登之 ふたつの道 栃木県立美術館
 
栃木県立美術館
栃木県立美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
栃木県立美術館

[ AD ]



取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社