インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  ヘレン・フランケンサーラ―[エクスペリメンタル・インプレッション]

ヘレン・フランケンサーラ―[エクスペリメンタル・インプレッション]

タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.31

内容

ヘレン・フランケンサーラー(1928-2011)は1950年代に抽象表現主義の第二世代として作家活動を開始し、にじみ止めを施さないキャンバスに薄く溶いた絵の具を注いで染み込ませる、ステイニングという技法を用いた絵画によって注目を集めました。

即興的な色面の広がりが独創的な絵画空間を生み出す作品は、モダニズムにおける抽象絵画の最良の実践として高く評価され、彼女はアメリカ美術に大きな足跡を残しました。

またフランケンサーラーは1960年代初頭にはじめてリトグラフに取り組んで以来、さまざまな工房を舞台に版画制作にも一貫して情熱を傾け、数々の名作を世に送り出してきました。

彼女が手がけた版画技法は銅版画、木版画、シルクスクリーン、モノタイプとあらゆる種類に及びますが、そのいずれにおいても技術的な熟達のみならず、既存の概念にとらわれない発想によって技法の新たな地平を切り拓くような作品を生み出し、こうして版画はフランケンサーラーにとって、絵画と並ぷ重要な表現媒体となりました。

とくに1977年にはじまったタイラーグラフイックス版画工房との共同制作では、工房の高い技術力を背景に革新的な作品を数多く発表しました。

さまざまな技法を駆使して、織細さと大胆さをあわせもった造形やみずみずしい色彩を実現した画面は、今なお私たちを惹きつけてやみません。

展覧会タイトルにある「エクスペリメンタル・インプレッション=実験的な刷り」とは、フランケンサーラーが1978年に制作したモノプリント(一点制作の版画)のシリーズのタイトルですが、表現の新たな可能性をつねに追い求めた彼女の版画作品全体を指す言葉ともいえます。

本展はCCGA所蔵のタイラーグラフィックス・アーカイブコレクションの中から、1970年代から2000年代までの長きにわたりフランケンサーラーと同工房の共同制作から生まれた版画作品を展示し、その魅力をご覧いただきます。

会場

CCGA現代グラフィックアートセンター
〒962-0711 福島県須賀川市塩田宮田1
電話:0248-79-4811
CCGA現代グラフィックアートセンター

会期

2018年9月15日(土)~2018年12月23日(日)

料金

一般 300円 / 学生 200円

※小学生以下と65歳以上、および障害者手帳をお持ちの方は無料

イベント開催中の休館日

月曜日(ただし、9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)

分類

展覧会

URL

 
ヘレン・フランケンサーラ―[エクスペリメンタル・インプレッション] CCGA現代グラフィックアートセンター
 
CCGA現代グラフィックアートセンター
CCGA現代グラフィックアートセンター
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
CCGA現代グラフィックアートセンター

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
サントリー美術館「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」
京都・醍醐寺
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東洋文庫ミュージアム「企画展「大♡地図展」」
大♡地図展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
川崎市市民ミュージアム「連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……」
「ゴルゴ13」展
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京ステーションギャラリー「横山華山」
横山華山
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」
1968年
太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」
歌川広重
東京国立近代美術館工芸館「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展」
インゲヤード展
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」
[エリアレポート]
カール・ラーション
パナソニック 汐留ミュージアム「開館15周年 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」
[エリアレポート]
ジョルジュ・ルオー
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
[エリアレポート]
ピエール・ボナール
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 フェルメール展 特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」 特別展「王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで」
オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展 京都・醍醐寺-真言密教の宇宙- 京のかたな 匠のわざと雅のこころ 鴻池朋子「ハンターギャザラー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社