インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  イン・ア・ゲームスケープ

イン・ア・ゲームスケープ

ヴィデオ・ゲームの風景,リアリティ,物語,自我

内容

現代の文化としてのヴィデオ・ゲームは、文化庁メディア芸術祭においても顕彰の対象となり、現代の社会にも大きな影響力を持つものとなっています。それは、現代の社会のあり方を反映したものであり、また、これからの社会のありようを見出すことができるものと言ってもいいでしょう。

本展覧会では、現代のヴィデオ・ゲームのあり方や、それらが創り出す文化を検証することで、そこからどのようなことが読みとれるのかを、インディ・ゲーム及び、ヴィデオ・ゲーム・アートの2つの動向から捉えることを試みます。

展覧会タイトルの「ゲームスケープ(Gamescape)」とは、ゲームから見た風景・社会という造語で、ヴィデオ・ゲームがそれぞれのプレイヤー、制作者にもたらす新たな世界観を表現しています。

個人もしくは小規模チームで制作されるヴィデオ・ゲームは、インディ・ゲーム(Indie Games)と呼ばれています。「Unity」などの、個人でも入手でき、扱いやすいゲームエンジンの浸透による開発環境の発展や、「Steam」に代表されるオンラインストアなどのインフラが整備されるのに伴い、ヴィデオ・ゲーム産業のなかで一定の影響力と規模を持つものとして定着しました。制作規模の「小ささ」ゆえ、主流となったヴィデオ・ゲームの概念を覆すような新しい表現の場ともなりつつあり、アニメーション映画、コンテンポラリー・アート、電子音楽など、ヴィデオ・ゲーム以外のさまざまなコンテクストを出自とする開発者の参入も活発化しています。

また、ヴィデオ・ゲームに馴染み親しんできたアーティストが、ヴィデオ・ゲームというメディアを批評的な視座から俯瞰する、メタメディアとしてのアート表現は、「ヴィデオ・ゲーム・アート」と呼ばれ、現在の「ポスト・インターネット」状況(インターネットが日常化した社会状況のこと)も踏まえながら、メディア・アートのひとつの潮流をなしつつあります。ヴィデオ・ゲーム・アートでは、ヴィデオ・ゲームにおけるインターフェイスの操作や、ゲームが展開されている空間、またはその構造に着目することで、私たちが日常的にプレイするゲームに潜在するもうひとつの意味を考察しています。

現在では大学などの教育研究機関での文化研究としてのゲーム・スタディーズも充実化する中、ゲームに関する批評も盛り上がりを見せています。この展覧会では、ヴィデオ・ゲームというプラットフォームを用いた(ヴィデオ・ゲームというプラットフォームについての)表現を、「風景」「リアリティ」「ストーリーテリング」「自我」といったテーマに沿って集めることで、ヴィデオ・ゲームがもたらす世界観について考えることを企図しています。

会場

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー4F
電話:0120-144-199(フリーダイヤル)
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

会期

2018年12月15日(土)~2019年3月10日(日)

料金

一般・大学生 500(400)円 / 高校生以下 無料

※( )内は15名以上の団体料金

イベント開催中の休館日

月曜日(月曜が、祝日もしくは振替休日の場合翌日.ただし2/11[月]は休館、2/12[火]は開館)、年末年始(12/28–1/4)、保守点検日(2/10)

分類

展覧会

URL

 
イン・ア・ゲームスケープ NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
フライヤーデザイン:戸塚泰雄
 
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 無し ライブラリー 有り ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

[ AD ]



取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社