インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  植田正治の出雲と松江

植田正治の出雲と松江

内容

植田正治は、1960年代を中心に「出雲」と「松江」をテーマに多くの撮影を行っています。1950年代から「古きよきもの」に強く関心をいだいていた植田から、山陰の代表的な景勝地「出雲」と「松江」をテーマに撮影したことは必然であったでしょう。雑誌『フォトアート』には、「新出雲風土記」(1964年)や「出雲風土記」(1968年)の連載、そして「山陰の町/松江」(1962年)、「松江雨情」(1965年)、「松江初夏」(1966年)といった多くの掲載がみられます。この頃、そでに写真家としての地位を確立していた植田が、「出雲」と「松江」を自身が撮るべき被写体として強く意識していたことがわかります。

「カメラ紀行 出雲の神話 神々のふるさと」(淡交新社、1965年)、「出雲路旅情」(朝日新聞社、1971年)、「松江」(山陰放送、1978年)など、意外なことに、植田は「出雲」と「松江」の紀行本などを多く手掛けています。もちろん、依頼によるものが多いのですが、依頼する出版社も、演出写真の上だが「出雲」と「松江」をいかに表現するかといった、期待があったのでしょう。

今回の展覧会では、水の都といわれる「松江」。神々のふるさとといわれる「出雲」、いずれも、植田流の演出がきかない被写体に対して、植田がいかに挑み、いかに表現したかをご覧いただけることでしょう。これらの写真に潜む、植田独自のまなざしをお楽しみください。

会場

植田正治写真美術館
〒689-4107 鳥取県伯耆町須村353-3
電話:0859-39-8000
植田正治写真美術館

会期

2019年3月1日(金)~2019年6月2日(日)

料金

一般 900(800)円 / 高校・大学生 500(400)円 / 小・中学生 300(200)円

※( )内は20名以上の団体料金

イベント開催中の休館日

火曜日(ただし、4月30日は開館)

分類

展覧会

URL

 
植田正治の出雲と松江 植田正治写真美術館
 
植田正治写真美術館
植田正治写真美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 無し ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
植田正治写真美術館

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
サントリー美術館「information
左脳と右脳
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
東京国立近代美術館「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」'
福沢一郎展
TOC五反田メッセ「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」'
ストーンズ展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社