インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  しろとくろ きくちちき絵本展

しろとくろ きくちちき絵本展

内容

絵本作家・きくちちきが大切にするのは、“絵本を作りたいという純粋な気持ち”。2012年刊行のデビュー作「しろねこくろねこ」(学研プラス)は、翌2013年.スロヴァキア共和国で開催される世界最大規模の絵本原画コンクール「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(BIB)にて、「金のりんご賞」を受賞。一躍、気鋭の絵本作家として注目されます。

デビュー後は、墨を用いた流麗な線描と余白を生かした作風から一転、息を亥の増した筆の動きにあわせて、多彩な色が画面を彩るようになりました。父親となった喜びとともに、きくちは次第に、「金のりんご賞」の受賞日に誕生した愛息を主人公に投影させて絵本を作るようになります。

実体験に基づき、具体的なエピソードをもとにすることもありますが、息子の成を動物や自然の摂理になぞらえる場合も多く、そのつど作風を変えながら、何冊も美しい絵本を生み出しました。

本展にあわせてきくちが手がけた新作絵本は、猫の“しろ”と犬の“くろ”が主人公のふたつの物語。「しろとくろ」(講談社 2019年9月刊行予定)と、本展の図録掲載のために描かれた「くろ」(武蔵野市立吉祥寺美術館 2019年9月21日刊行予定)もまた、愛息の姿を投影して描かれました。

今回、対となる新作絵本2作の原画全点とラフスケッチ、加えて”絵本にならなかった原画”もあわせて展示。1冊の絵本を完成させるために、多い時は一つの場面で100枚以上、納得するまで描き続けて推敲を重ねる、制作への真摯な姿勢が伝わってきます。

デビューから現在までわずか7年間で生み出された絵本は、20冊以上。きくちは、自身の絵本を“100年越しの手紙”であってほしいと願っています。今、絵本を撮ってくれている人、そして100年後の誰かの心にも寄り添えるように…本展では、代表的な絵本原画や、デビュー前に自費出版していた手製本の原画のほか、今回のために制作された大型バナー作品や立体作品を含め、約200点を展示いたします。

きくちちきのみずみずしい感性と、美しく力強い線描が息づく、えほんせかいをお楽しみください。

会場

武蔵野市立吉祥寺美術館
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
電話:0422-22-0385
武蔵野市立吉祥寺美術館

会期

2019年9月21日(土)~2019年11月10日(日)

料金

一般 300円 / 中高生 100円 / 小学生以下・65歳以上・障がい者の方 無料

イベント開催中の休館日

9月25日(水)、9月30日(月)、10月30日(水)

分類

展覧会

URL

 
 
武蔵野市立吉祥寺美術館
武蔵野市立吉祥寺美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 無し カフェ・レストラン 無し ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
武蔵野市立吉祥寺美術館

[ AD ]



第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社