インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ミュージアム 干支コレクション アワード 2016 猿  >  現在の結果を見る

ミュージアム 干支コレクション アワード 2016 猿

投票は締め切りました。たくさんの応援をありがとうございました
 
  投票数 >コメントを見る
1
《袋を背負う猿》
須坂市立博物館 )
44 % 5619 (44%) ・哀愁があります
・猿!でかしたぞ
・お猿さんが袋をもっているのが可愛いです☆
2
《動物象形壺》
BIZEN中南米美術館 )
38 % 4802 (38%) ・皆でモニートちゃんというお名前のあるこの子そのものを応援して楽しかったです!ありがとう☆
・モニちゃんにポチ☆彡
・この企画で初めて貴館及びモニートちゃんを知りました。今年必ず実物を見に行きたい!^^
3
《枯木猿猴図》
下関市立美術館 )
2 % 347 (2%) ・いたいた!今日も会えてよかった!
・本物見ました!お顔が可愛いです。
・応援を楽しんでいます。
4
《土佐和紙漆喰張り子 こだき申》
高知県立歴史民俗資料館 )
1 % 247 (1%) ・素朴で懐かしさを感じる素晴らしい民芸品ですね。
・地元の素材を使っての干支の張子人形は、身近でとても愛おしいですね。応援の一票、お猿さん頑張れ!
・みんなにプレゼントしたいと思える可愛さですね。
5
《浜松張子 柿乗り猿》
富士市立博物館 )
1 % 196 (1%) ・素敵‼︎作ってみたいです*(^o^)/**/
・可愛い♡
・野外の撮影とは斬新ですね!
6
《月百姿 玉兎 孫悟空》
太田記念美術館 )
1 % 142 (1%) ・スタイリッシュ!
・とにかくかっこいい!
・一番カッコイイ猿君です ♪
7
《ホルス神の眼を捧げ持つヒヒの護符》
古代オリエント博物館 )
0 % 124 (0%) ・色がキレイだしカワイイ!
・美しい色合いですね〜
・色がすてきでした!小さいのに長生きしてるんだなあ
8
《備前猿香合 銘不言》
荒川豊蔵資料館 )
0 % 117 (0%) ・ハッ!
・言わざる!
・かわいい。地元で、見たことがあります。
9
《猿猴図》
東京国立博物館 )
0 % 115 (0%) ・可愛らしいお顔にキュンキュンします!
・もふもふにやられました
・普通に愛らしい。
10
《蜂猿図》
敦賀市立博物館 )
0 % 61 (0%) ・それぞれの猿に個性があって、見ていて楽しい。
・癒されます!
・それぞれの猿の個性が垣間見て楽しい!猿と言えばそせん!
11
《鉄釉猿形水滴》
土岐市美濃陶磁歴史館 )
0 % 58 (0%) ・❗五郎丸ポーズ❗
・ゆるさが最高です♪
・ユルイ感じがなんとも可愛らしいですね!
12
《両手に果実をもつ赤猿》
中野区立歴史民俗資料館 )
0 % 51 (0%) ・みんな生き生き。
・目つきがかわいい。
・静岡の神社でしたら「みかん」でしょうか?
13
《手捏ね人形(猿)》
兵庫県立考古博物館 )
0 % 46 (0%) ・尼崎より応援してます。
・お猿さんなにを思っているのかなあ…
・ものうげな姿に一票!
14
《猿根付》
京都国立博物館 )
0 % 43 (0%) ・これって・・・さるかに合戦のサル?!
・このイタズラそうな顔がたまりません!!
・極小なのに、毛並みの細かさや手脚の美しさ、何とも言えない表情が可愛らしくて、なにより美味しそう!
15
《西遊記》
小杉放菴記念日光美術館 )
0 % 38 (0%) ・小杉放庵、とぼけてていい!
・悟空の大冒険 ドカーン
・孫悟空だ~
16
《牙彫猿の桶作り置物》
徴古館 )
0 % 36 (0%) ・2頭の猿が一生懸命彫ってる様子に、惹かれました♪
・猿の表情、桶を作る仕草、丸い桶を中心につくられた構図が素敵です。
・顔は・・だけど、なんかほほえましいところが好きです。質感もいい。
17
《猿》
足立美術館 )
0 % 35 (0%) ・ハンサムさんです(男子か女子かは不明ですが・・笑)
・賢そう包容力がありそう理想の男性
・毛並みが最高
18
《狂言面「猿」》
演劇博物館 )
0 % 33 (0%) ・超サル!
・狂言面大好きなのでこれ! かぶると猿に変身しそうなリアリティ。
19
《猿蟹合戦図沈金硯屏》
石川県輪島漆芸美術館 )
0 % 30 (0%) ・腹黒サル!
・猿といえばさるかに合戦でしょう!
・迫力あるサルに拍手!(^^)!  (カニさん御免)
20
《猿》
徳島県立近代美術館 )
0 % 23 (0%)
21
《加彩猿置物》
京都市立芸術大学芸術資料館 )
0 % 22 (0%) ・洗練からは遠いけれど、どてっと温かい存在感があり
・リアルでかわいい!
22
《マッチラベル(猿とポスト)》
たばこと塩の博物館 )
0 % 20 (0%) ・年賀状書かなくちゃなぁ
・かわいいおサルさん
22
《樹上猿》
埼玉県立近代美術館 )
0 % 20 (0%) ・下向きな表情を浮かべる所が、みすぼらしい。
・孤高の猿 そんな感じが 凄く好きです 
・ふわふわしていてとても可愛いです。福がありそう!
23
《浮世美人寄花 山しろや内はついと 萩》
山口県立萩美術館・浦上記念館 )
0 % 18 (0%) ・趣があると感じたので、こちらのお猿さんにしました。
・絵の猿が恋文を渡すという発想がおもしろくて好きです。
・地元なんで
24
《背中に猿を乗せた「八幡馬」》
三春町歴史民俗資料館 )
0 % 17 (0%) ・膝なのか、そうでないものなのかが気になる猿の体型。
25
《御幣猿の目貫》
松岡美術館 )
0 % 16 (0%) ・縁起がよくてけっこうでございます。(*´∇`*)
・烏帽子を被ったユーモラスな猿と装具としての精巧さのアンマッチが絶妙です。
・東京らしいですね。
26
《博多祇園山笠図「猿嶌」》
福岡市博物館 )
0 % 15 (0%) ・祝い目出度-の♪
・猿蟹合戦と桃太郎のコラボって…。さすが博多(笑)
26
《博物図「獣類一覧」より テナガザル》
国立公文書館 )
0 % 15 (0%) ・がんばってください
・頑張ってー(((o(*゚∀゚*)o)))
26
《秋桜老猿》
DIC川村記念美術館 )
0 % 15 (0%) ・この表情と立ち姿!老猿の愛らしさにやられました。
・面白い企画ですね。本物を美術館に見に行きたいと思います。
・毛並がふわふわ。枯葉がきれい
27
《崖上双猿図(部分)》
桑山美術館 )
0 % 14 (0%) ・親子ってところがグッときます
・かわいいっ
・小猿がかわいい!
28
《耕作図巻》
三重県総合博物館 )
0 % 12 (0%) ・農村ののどかな風景に心和みます。
・黄金色の稲穂。猿回しの小猿。駆け寄る子供達。農村が最も幸せな季節の風景画。
29
《恵山泥人 斉天大聖》
埼玉県山西省友好記念館 )
0 % 11 (0%) ・表情、ポーズ、色合い等、かわいいです。
・活動的でかわいいです。
・かわいい。ほしい。机の上に飾りたい。
29
《猿》
弥生美術館 )
0 % 11 (0%) ・ここの取材レポートで小田富弥を知り、弥生美術館に初めて行きました。思い出に残っているので、1票。
29
《鳥取丸絵葉書》
日本郵船歴史博物館  )
0 % 11 (0%) ・親子猿の顔がシンプルでとっても可愛いです!
・モチーフの組み合わせがユニーク
・かわいい!
30
《礼者猿(れいしゃざる)》
高槻市立しろあと歴史館 )
0 % 10 (0%) ・住吉神社の初辰まいりの猫を思わせる服装が可愛らしいです。ビビッドな色もおしゃれ。
・正装して干支の御挨拶♪
31
《鈴(れい)》
ふじさんミュージアム )
0 % 9 (0%) ・富士山が申年生まれだなんてビックリ!
・どんな音がするのかな?
・今年、富士山頂へと登拝。奇跡の御来光も拝むことができたので、こちらのお猿さんにしました。
32
《人物画帖》
昭和美術館 )
0 % 8 (0%) ・お正月らしい、のんびりした気持ちにさせてくれます。
32
《土人形(猿)》
唐古・鍵考古学ミュージアム )
0 % 8 (0%) ・素朴な形と風合いが好きです。
32
《春風猿語図》
岡田美術館 )
0 % 8 (0%)
32
《猿舞図》
根津美術館 )
0 % 8 (0%) ・縁起ものらしくて良いです。
33
《『おもちゃ十二支』より》
千葉市美術館 )
0 % 7 (0%) ・可愛らしらまんでん
33
《森の物語り》
HOKUBU記念絵画館 )
0 % 7 (0%) ・好みの版画です。
・たのしい!
・猿の表情もいいし、作品も素晴らしい。
33
《猿乗り八幡馬》
八戸市博物館 )
0 % 7 (0%) ・別の作品に投票するつもりが、もふもふに心を奪われました。
33
《猿形容器》
MIHO MUSEUM )
0 % 7 (0%) ・ずんぐりかわいい体形でも男前
・かわいい!
34
《ジュピター》
朝倉彫塑館 )
0 % 6 (0%)
34
《動植物画稿(猿)》
長崎県美術館 )
0 % 6 (0%)
34
《猿》
山種美術館 )
0 % 6 (0%) ・味のあるという観点で投票しました!
34 0 % 6 (0%)
34
《猿図花瓶》
大阪歴史博物館 )
0 % 6 (0%) ・藤と猿の組み合わせがいいな~と思いました。どれか1つもらえるならこれが欲しい!
34
《長臂猨(ちょうひえん)考》
東洋文庫ミュージアム )
0 % 6 (0%) ・何となく神秘的な雰囲気と愛らしさ漂う
・ほのぼのする。
・この図版には感動や芸術性はないが見ると笑顔になれる。
35
《弓を引く猿》
九州歴史資料館 )
0 % 5 (0%) ・何かの縁起物だったのでしょうか...
35
《群猿図》
大乗寺 )
0 % 5 (0%)
36
《猿の張子面》
日本玩具博物館 )
0 % 4 (0%) ・顔、デカっ
37 0 % 3 (0%) ・colorful!!!
37
《冬暖》
西宮市大谷記念美術館 )
0 % 3 (0%) ・地元の美術館で、一番見慣れた猿たちの絵です!
・ふわふわの毛がかわいいですね!
37
《十二支図巻》
田原市博物館 )
0 % 3 (0%)
37
《和春》
横浜美術館 )
0 % 3 (0%) ・展覧会、良かったですよ
37
《猿図》
五島美術館 )
0 % 3 (0%) ・かわゆい
・かわいくて(左右)、かっこいい(真ん中)
37
《緑釉猿文博山爐》
北海道立函館美術館 )
0 % 3 (0%) ・二匹の猿さんの間が絶妙!
38
《リキシャアート》
あーすぷらざ )
0 % 2 (0%) ・見た目からして猿という作品が多いなか、人力車に猿?!という意外性があって面白いです。
・バングラデシュ製って、珍しいですね。
インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社