インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ミュージアム 干支コレクション アワード 2018 犬  >  現在の結果を見る  >  《萱草遊狗図》

ミュージアム 干支コレクション アワード 2018 犬

<現在の順位>   <投票数>
1位/全58キャラクター中
《萱草遊狗図》
785
     

●応援メッセージ
・ 眼福です。絵を出展された方に感謝。
・ 生で見たい。
・ 今後、国宝に指定されることを期待しています。
・ 色彩が上品で格調の高さを感じます。
・ 大きな口や子犬のしぐさ、また萱草の配置等
画家は直感的に描くのでしょうか。
・ 絵は平和な時代を連想させます。
・ 表情が現代的
・ 大和文華館に行ってみたいです!
・ もふもふ感が素晴らしい.寒い冬に心が癒やされます.
・ 犬好きの私が見てこれが一番!
・ 大和文華館さんですね。企画が充実していてスタッフさんも親切なので、よく遊びに行っています。
・ 構図と色彩のバランスが素晴らしいです。
・ 昔の人の感性と現代人の感性には相通じるものがあるのですね.
・ 色は劣化しているのでしょうか?赤色のリボンが見えません。
・ 描かれた当時から、この色彩ですかね。
・ 是非とも見に行きたいです
・ 犬の表情がとても自然に描かれ心を和ましてくれます。
・ ほのぼのします。
・ 顔料はどんなものを用いているのか,とても繊細ですね.
・ 素晴らしいッ!,の一言です.
・ 父親の犬は白黒だったのかな?!
・ 犬種はシーズー?私も飼ってたワンちゃんです。
・ 大きな口をあけた親犬の先には、飼い主がいるのでしょうか?
・ 現代的な表現方法に驚き
・ 親犬は萱草に感謝しているのかもしれません
・ 美術品でもあり,貴重な資料でもあるのですね.
・ 子犬がかわいい
・ 子犬が愛らしいです。
・ 静と動のバランスが良いです
・ それぞれのワンちゃんの表情が豊かですね。
・ なごみます
・ 大きな口が良いですね。
・ 応援します!!
・ すやすや眠る子犬がかわいいです。
・ ふわふわとした感じが、いいね!
・ いい顔です
・ 実物を見てみたい
・ 犬の親子かなぁ
かわいい❤️
・ とても可愛いです。12世紀の作品が残ってるのも奇跡ですね。
・ 子犬の可愛さが,何とも言えません。
・ 子孫繁栄。男の子に恵まれたいので応援します!
・ 大きな口が愛らしい
・ いつの時代も、ワンコ特に子犬は可愛いです。
・ 渋いネ
・ 愛らしい表情ですね。
・ 自由に遊んでる子犬達が可愛いですね。
・ 南宋時代にもこんなかわいい犬を飼う習慣があったんだ!
・ 大昔からこんなかわいい犬がいたんだ
・ 昔の絵にしてみれば、かわいさが感じられます。
・ 愛がこもっています
・ 上品な絵ですね
・ 子犬の安心感がなんとも言えません。
・ 犬たちの表情が生き生きしていて,かわいいです。
・ ほのぼのとしてますね
・ 趣のある作品に心惹かれます。
・ 写実性もさることながら、犬の性格的特性や本質に迫ろうとしており、まさに秀作。
・ もふもふが、可愛い
・ もふもふ感が可愛いですね。
・ 表情が良い
・ すごい
・ 生命感にあふれる作品です。
・ 2月末からの展示会が楽しみです.
・ 芸術性の高さに魅了されます。
・ 繊細な色彩が印象的で素晴らしいです。
・ この絵を一言で表すとするなら、犬ですね
・ 繊細な描写が素晴らしい
・ 縁起が良い、福がもたらされそうな絵ですね。
・ 犬の表情が可愛らしいですね。
・ 南宋時代の作品ですね!萱草は忘れ草と呼ばれるそうです。昨年の悲しみを忘れて良いお年を迎えましょう!
・ この犬達が渡り歩いてきた美術館の方々の努力の賜物でしょうね。
・ こんなに古い絵が、もふもふ感の伝わるレベルで現在まで保存されていることに驚きです。
・ 新年に相応しい絵画ですね.
・ 南宋時代とは,あの水滸伝の舞台に近いですね.
・ 歴史感の深い作品
・ 犬がかわいいですね!この時代にもこういうかわいい犬がいたのですね!
・ 応援しています!!
・ 犬好きです!
・ 南宋時代の作品ですか.ぜひ会場で見たいですね.
・ 幻想的な世界観の中の犬に生命力を感じさせます。
・ 犬の家族の暖かさが伝わってきます。
・ 楽しい犬の家族がいいです。
・ 楽しい犬の家族がいいです。
・ か、かわいい!
・ 趣があって良いと思いました、
・ 花のそばに犬が居るのは偶然なのでしょうか.花の美しさを感じているのでしょうか.奥の深い絵です.
・ 格調高い作品ですね.
・ 子犬たちが活き活きと描かれています.大変貴重な作品と思われます.
・ 子犬の無邪気な様子が描かれていて気に入りました。
・ 大変素晴らしい作品と思いましたので、投票させて頂きました。
・ さすが歴史の重みを感じさせる作品ですね.
・ そんなに昔から犬は人に飼われていたのですね。
・ たくさん票が入ってるのは、「美術の窓」1月号で紹介されたからかな?
・ 投票します
・ 犬の視線の先にあるユリも可憐で素敵
・ いい絵ですね
・ 犬好きです
・ 毛の質感が素晴らしいです。
・ 犬が可愛いですね!
・ 現代のペットブームか?と思わせるものが、歴史的な財産として残っているのは、大変興味深いですね。
・ 応援しています!
・ 犬種、何かなー?
・ 4匹の犬の表情がとても良い
・ さすが重要文化財、格調高いですね!
・ 手前の犬と奥の花の対照が素晴らしい.
・ さすが重要文化財だけあって見栄えがする.
・ もふもふ
・ もふもふ感、見に行きたいです!
・ 2004年の根津美術館の「南宋絵画」展覧会で見て以来、忘れられない絵です。奈良にあったのですね。
・ 素朴なモチーフながら,絵に気高さと深さを感じる.
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社