インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  なるほど!ミュージアム

なるほど!ミュージアム

  

1月25日(旧暦 天保7年12月19日)は、富岡鉄斎の誕生日です
(掲載日時:2020年01月24日)
明治・大正期の画家で儒学者です。最後の文人とも謳われます。1837年生まれです。

1月24日は、キスリングが親友モディリアーニのデスマスクをとった日です
(掲載日時:2020年01月23日)
1920年のこの日、モディリアーニは貧困と荒廃した生活の中で、肺結核のため35歳で死去。臨終に立ち会ったキスリングは、モディリアーニのデスマスクをとりました。

1月23日は、エドゥアール・マネの誕生日です
(掲載日時:2020年01月22日)
「草上の昼食」「オランピア」などで有名な、西洋近代絵画の巨匠です。1832年生まれ、今年は生誕188年です。

1月20日は、松井冬子さんのお誕生日です
(掲載日時:2020年01月19日)
幽霊の絵などで知られる美貌の日本画家、1974年生まれです

1月20日は、ジャスパー・ジョーンズが衝撃的なデビューを飾った日です
(掲載日時:2020年01月19日)
1958年のこの日、27歳のジャスパー・ジョーンズはNYで初個展を開催。個展最終日に売れ残った作品はわずかに2点、3点はMoMAが購入という華々しいデビューでした。

1月19日は、靉光(あいみつ)の命日です
(掲載日時:2020年01月18日)
昭和前期に活躍した洋画家。独自の画風で将来を期待されましたが、終戦翌年の1946年のこの日、復員を待たずに上海で病死、まだ38歳の若さでした。今年は没後74年です。

1月19日は、日本最古の貨幣「富本銭」が発見された日です
(掲載日時:2020年01月18日)
1999年、奈良県明日香村で発見されました。同じ地層から見つかった木簡などから年代が判明。それまで最古とされてきた和同開珎よりも古い年代のものと発表されました。

1月17日の阪神・淡路大震災では、ミュージアムも大きな被害を受けました
(掲載日時:2020年01月16日)
地震は1995年なので、今年で25年。兵庫県立近代美術館、兵庫県陶芸館、白鹿記念酒造博物館、沢の鶴資料館、菊正宗酒造記念館などが大きな被害を受けました。

1月16日は、梅原龍三郎の命日です
(掲載日時:2020年01月15日)
大正、昭和を代表する洋画家。1909年に渡仏した際、ルノワールに出会い、直接指導を受けました。1986年没、今年で没後33年になります。

1月15日は、平氏によって奈良の大仏が焼き討ちにあった日です
(掲載日時:2020年01月14日)
1181年のこの日(旧暦・治承4年12月28日)、平氏に対抗していた奈良の仏教寺院に対し、平清盛の命を受けた平重衡がいわゆる「南都焼討」を決行。興福寺や東大寺は大きな被害を受けました。

1月14日は、「刀剣乱舞-ONLINE-」がリリースされた日です
(掲載日時:2020年01月13日)
2015年のこの日にリリース開始。これをきっかけに刀剣目当てに若い女性が博物館に殺到するという信じられない光景が各所で見られる事態になりました。2017年には流行語大賞にもノミネートされています。

1月14日は、ベルト・モリゾの誕生日です
(掲載日時:2020年01月13日)
印象派の女流画家として有名なベルト・モリゾは1841年生まれ。マネのモデルとしても知られ、マネの弟と結婚します。ベルト・モリゾが亡くなった後、ルノワールやドガが、娘のジュリー・マネの後見人になりました。

1月13日は、橋本雅邦の命日です
(掲載日時:2020年01月12日)
明治期に活躍した日本画家です。東京美術学校の教員時代の教え子には、下村観山や横山大観、菱田春草など草々たる名前が並びます。明治41年(1908年)没、今年は没後112周年です。

1月13日は、田中一光の誕生日です
(掲載日時:2020年01月12日)
1930年生まれの、昭和を代表するグラフィックデザイナー。「LOFT」のロゴなど、代表作は今も多くの場所で見ることができます。2002年に71歳で死去しました。

1月12日(元治元年12月15日)は歌川国貞の命日です
(掲載日時:2020年01月11日)
面長猪首型の美人画の作風で知られ、浮世絵師の中でも1万点以上という最多作を誇ります。1865年没。

1月11日は上村一夫の命日です
(掲載日時:2020年01月10日)
70年代初頭に「同棲時代」によって時代の寵児になった漫画家、上村一夫(かみむらかずお)さん。最盛期には月産400枚という驚異的なスピードで傑作を量産しました。1986年のこの日に、わずか45歳で死去。ちょうど没後30年の2016年、弥生美術館で企画展が開催されました。

1月10日(天保5年12月12日)は、福沢諭吉の誕生日です
(掲載日時:2020年01月10日)
一万円札の肖像画としておなじみ、幕末から明治にかけて活躍した思想家で学者で教育者です。1835年生まれで185周年。経済、文明開化、動物園などの言葉を作ったのも福沢諭吉です。

1月8日は、ジョットの命日です
(掲載日時:2020年01月07日)
中世イタリアの画家で1337年没、今年は683周年になります。ルネサンスの画家たちに残した影響は大きく、西洋絵画の父とも言われます。スクロヴェーニ礼拝堂の壁画などが代表作です。

1月7日は、ピサの斜塔が公開休止となった日です
(掲載日時:2020年01月06日)
有名な斜塔ですが、度重なる工事の影響により、1990年に安全上の問題で公開休止。傾斜角を是正するための工事が行われました。この際、イタリア政府の呼びかけで世界中の建設会社から改良作が提案されました。2001年に公開が再開。工事の結果、300年は安全と保障されています。

1月6日は、アントニオ・ロペスさんのお誕生日です
(掲載日時:2020年01月05日)
スペイン・リアリズムの巨匠は1936生まれ。84歳のお誕生日です。2013年には日本初の個展が開催されました。

1月6日は、生きているダイオウイカの撮影にはじめて成功した日です
(掲載日時:2020年01月05日)
2013年、窪寺恒己博士らが小笠原諸島父島の東沖の深海で撮影に成功。その映像はTVでも放映されました。ダイオウイカの標本が展示された「特別展深海」は2013年もっとも多くの人が訪れた展覧会です。

1月5日は、宮崎駿さんの誕生日です
(掲載日時:2020年01月04日)
日本を代表するアニメーション作家は、1941年東京生まれ。79歳の誕生日です。

1月4日(旧暦 文政11年11月29日)は、酒井抱一の命日です
(掲載日時:2020年01月03日)
江戸琳派の祖は1829年に死去。今年で没後191年です。

1月2日は、漫画家・浦沢直樹の誕生日です。
(掲載日時:2020年01月01日)
1960年、東京都府中市に生まれました。ちょうど還暦になりました。代表作は「20世紀少年」です。

1月2日は、ポントルモの命日です
(掲載日時:2020年01月01日)
マニエリスム期のイタリアの画家です。ポントルモという名前は出身地のフィレンツェ近郊「ポントルメ」に由来します。1557年に死去しました。

1月1日(旧暦 寛政9年11月15日)は、歌川国芳の誕生日です
(掲載日時:2019年12月31日)
江戸末期の浮世絵師で、無類のネコ好き。斬新な画風で、近年は大きな人気を集めています。1798年に日本橋で生まれました。

12月31日は、ムリーリョの誕生日です
(掲載日時:2019年12月30日)
1617年生まれ。スペイン、バロック期の画家です。甘美な聖母像や子どもの絵などで知られ、「無原罪のお宿り」はいくつか描いており、いずれも人気が高い作品です。

12月30日は、モナ・リザに石が投げつけられた日です
(掲載日時:2019年12月29日)
1956年、ボリビア人の青年が石を投げつけて画面左下部の顔料が僅かに剥落。後に修復されました。

12月29日は、ダヴィッドの命日です
(掲載日時:2019年12月28日)
「ナポレオンの戴冠式」などで有名な新古典主義の代表画家。ナポレオンが失脚すると、ダヴィッドも失脚。亡命先のブリュッセルで1825年に死去しました。

12月28日は、ヴァロットンの誕生日です
(掲載日時:2019年12月27日)
異様に緊張感のある作品を描くスイスの画家。妻との不仲が作品に反映されているともいわれます。1865年生まれです。

12月26日は、ユトリロの誕生日です
(掲載日時:2019年12月25日)
エコール・ド・パリを代表する画家の一人で、1883年生まれ。母のヴァラドンも画家ですが、父は不明。ルノワールという説もあります。

12月25日は、東京中央郵便局の旧局舎が完成した日です
(掲載日時:2019年12月24日)
モダニズム建築の傑作とされる建物は1931年完成です。東京駅丸の内口の正面のKITTEとして2013年に生まれ変わりました。中にはインターメディアテクがあります。

12月23日は、東京タワーが完成した日です
(掲載日時:2019年12月22日)
1958年に完成、開業しました。正式名称は日本電波塔です。

12月21日は、マサッチオの誕生日です
(掲載日時:2019年12月20日)
1401年にイタリアで生まれた、初期ルネサンスの重要な画家です。人物の感情表現や、透視図法など、その後のルネサンスの芸術家たちに多くの影響を及ぼしました。

12月20日(旧暦 元治元年11月22日)は、竹内栖鳳の誕生日です
(掲載日時:2019年12月19日)
今から153年前の1864年、幕末の京都で生まれました。この年は新撰組で有名な池田屋事件の年です。京都画壇を代表する大家で、動物を描けばその匂いまで描くといわれました。

12月19日は、ターナーの命日です
(掲載日時:2019年12月18日)
ロマン主義の画家で風景画の名手、日本では夏目漱石の小説「坊ちゃん」でも知られています。1851年のこの日に、76歳で亡くなりました。

12月19日は、吉田五十八の誕生日です
(掲載日時:2019年12月18日)
1894年日本橋生まれ、和風の意匠である数寄屋造りを近代的に用いた建築で知られます。代表作には先代の歌舞伎座や、五島美術館などが挙げられます。今年生誕124周年です。

12月18日は、池田理代子さんのお誕生日です
(掲載日時:2019年12月17日)
大人気漫画「ベルサイユのばら」で知られる池田理代子さんは1947年生まれです。

12月17日は、ライト兄弟が動力有人飛行に成功した日です
(掲載日時:2019年12月16日)
1903年のこの日、兄弟は交互に飛行機に乗って4回の飛行に成功しました。この時に使われたライトフライヤー号は、スミソニアン航空宇宙博物館に展示されています。

12月16日は、小磯良平の命日です
(掲載日時:2019年12月15日)
昭和期に活躍した洋画家で、1988年に85歳で亡くなりました。2007年には戦争画について言及した手紙が発見され、大きな話題になりました。

(1) 2 3 4 ... 24 »
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社