インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  なるほど!ミュージアム

なるほど!ミュージアム

  

12月16日は、小磯良平の命日です
(掲載日時:2019年12月15日)
昭和期に活躍した洋画家で、1988年に85歳で亡くなりました。2007年には戦争画について言及した手紙が発見され、大きな話題になりました。

12月15日は、古都京都が世界遺産に認定された日です
(掲載日時:2019年12月14日)
1994年、「古都京都の文化財」として、清水寺や二条城などの寺社仏閣17件が登録されました。

12月14日は、シャヴァンヌの誕生日です
(掲載日時:2019年12月13日)
1824年生まれ。象徴主義の先駆者ともされる、幻想的な世界を描くフランスの画家です。

12月12日は、盗難にあったモナリザが発見された日です
(掲載日時:2019年12月11日)
1911年にルーブル美術館から盗まれて、約2年後の1913年にフィレンツェで発見されました。この事件で、ピカソは容疑をかけられて警察に連行されています。

12月11日は、最後の月面着陸の日です
(掲載日時:2019年12月10日)
1972年、第6番目の月面着陸ミッションでアポロ17号が月面に着陸しました。有名な地球の全景写真はこのとき撮影されました。「我々は月を探査しに行ったのだが、実際には地球を発見することになった」(宇宙飛行士ユージン・サーナン)

12月10日は、第1回目のノーベル賞授賞式の日です
(掲載日時:2019年12月09日)
1901年、第1回目の記念すべき受賞者には、X線を発見したレントゲン、ジフテリアの血清療法を研究したベーリング、赤十字を創設したアンリ・デュナンなどがいます。

12月9日は、日本で最初の世界遺産が登録された日です
(掲載日時:2019年12月08日)
1993年、屋久島、白神山地、法隆寺地域の仏教建造物、姫路城の4つが世界遺産として登録されました。現在の日本国内の世界遺産は、自然遺産が4つ、文化遺産が16つになりました。

12月7日は、小松崎茂の命日です
(掲載日時:2019年12月06日)
空想科学イラストや戦記物を手掛けた画家・イラストレーターですが、何といってもプラモデル箱絵の巨星として知られます。2001年に死去しました。

12月6日は、ミュシャが「スラヴ叙事詩」の最初の3作品をプラハ市に寄贈した日です
(掲載日時:2019年12月05日)
ミュシャはスラブ民族の歴史を描いた20点の絵画連作「スラヴ叙事詩」を、1912年のこの日に初めて寄贈。その後1925年まで、ほぼ毎年2点以上の作品をプラハ市に寄贈しました。チェコ人としてのアイデンティティを強く持ち続けた画家でした。

12月5日は、奈良美智さんの誕生日です
(掲載日時:2019年12月04日)
にらみつけるような目の女の子で知られる現代美術家の奈良美智さんは、1959年、弘前市生まれです。

12月3日は、第一回大東亜戦争美術展が開幕した日です
(掲載日時:2019年12月02日)
12月27日まで、東京府美術館(現在の東京都美術館)で開催されました。1942(昭和17)年末、戦局が悪化していた頃の出来事です。

12月2日は、ナポレオンの戴冠式が行われた日です
(掲載日時:2019年12月01日)
1804年のこの日に行われた戴冠式を、特大の油彩で描いたジャック=ルイ・ダヴィッド。描かれた作品は、実際の戴冠式の模様とはかなり異なります。ルーヴル美術館の所蔵です。

11月28日は、たった1日だけの原田直次郎展が開催された日です
(掲載日時:2019年11月27日)
原田直次郎は明治時代に活躍し、36歳で亡くなった洋画家。没後10年目を経た1909年のこの日に、畏友・森鴎外の呼びかけで初個展が開催されました。

11月28日は、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの命日です
(掲載日時:2019年11月27日)
バロック期を代表するイタリアの彫刻家・建築家。サンピエトロ大聖堂の天蓋や、サンピエトロ広場の設計などで有名です。ダン・ブラウンの「天使と悪魔」で知名度が急上昇しました。1680年に死去。

11月27日は、藤田嗣治(レオナール・フジタ)の誕生日です
(掲載日時:2019年11月26日)
「乳白色の肌」で有名なフジタは、エコール・ド・パリの寵児。近年は戦争画にも注目が集まります。1886年生まれ。
東京都美術館で没後50年 藤田嗣治展も開催されました。

11月26日は、チャールズ・M・シュルツの誕生日です。
(掲載日時:2019年11月25日)
スヌーピーやチャーリー・ブラウンが登場する『ピーナッツ』で知られるアメリカの漫画家です。1922年生まれ、今年は生誕66周年です。

11月24日は、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの誕生日です
(掲載日時:2019年11月23日)
ムーラン・ルージュなどを描き人気の高いロートレックは、1864年生まれ。今年生誕155年です。

11月23日は、クロード・ロランの命日です
(掲載日時:2019年11月22日)
17世紀に活躍したフランスの画家で、風景を主に描きました。ターナーはクロード・ロランに大きく影響を受けたことでも知られています。1682年没です。

11月21日は、ルネ・マグリットの誕生日です
(掲載日時:2019年11月20日)
シュルレアリズムの代表的な作家。ベルギー生まれ、ベルギー育ちです。1898年生まれ、今年生誕121周年です。

11月20日は、ジョルジョ・デ・キリコの命日です
(掲載日時:2019年11月19日)
後にダダイズムやシュルレアリズムに大きな影響をもたらした、彫刻家であり画家です。1978年に90歳で没。今年で41周年です。

11月19日は、プッサンの命日です
(掲載日時:2019年11月18日)
17世紀フランス、バロック時代の画家です。ルーブル美術館所蔵の代表作「アルカディアの牧人たち」は「ダ・ヴィンチコード」の謎解きアイテムのひとつにも取り上げられています。1665年に死去しました。

11月18日(延暦13年10月22日)は、平安京遷都の日です
(掲載日時:2019年11月17日)
歴史の年号語呂あわせで有名な「鳴くよ(794年)ウグイス平安京」。東西4.5km、南北5.2kmの広大な都です。今年は1225周年になります。

11月17日は、イサム・ノグチの誕生日です
(掲載日時:2019年11月16日)
彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家という多彩な芸術家。1904年ロサンゼルス生まれ、今年で生誕115年です。

横浜美術館ムで、イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの展が開催されました。

11月15日は、ダ・ヴィンチによる幻のキリスト画が落札された日です
(掲載日時:2019年11月14日)
昨年のこの日、クリスティーズの競売で、レオナルド・ダ・ヴィンチ「サルバトール・ムンディ」が、美術品競売史上最高額となる約4億5000万ドル(約508億円)で落札されました。日本に来ないのでしょうか…。

11月15日は、シートンが野生動物保護区の設立を提案した日です
(掲載日時:2019年11月14日)
自然保護のパイオニアだったシートンは1924年のこの日、カナディアン・クラブで野生動物保護区の設立を提案しました。

11月15日は、昆布の日です
(掲載日時:2019年11月14日)

11月14日は、モネの誕生日です
(掲載日時:2019年11月13日)
いわずと知れた、印象派を代表する画家。日本で最も人気がある西洋人画家とも言われています。1840年生まれ、今年は179周年です。
横浜美術館でモネ それからの100年展も開催されました。

11月13日は、モネが「印象、日の出」を描いた日です。
(掲載日時:2019年11月12日)
印象派の名の由来ともなった歴史的名画。気象学や、商業年鑑などを検証し、様々な観点から導き出された、最も可能性の高い日が1872年11月13日です。パリのマルモッタン・モネ美術館所蔵です。

11月13日は、カミーユ・ピサロの命日です
(掲載日時:2019年11月12日)
計8回の印象派展に欠かさず出品した、ただ一人の画家です。1903年没、没後116年になります。

11月11日は、シニャックの誕生日です
(掲載日時:2019年11月10日)
点描画で有名な、新印象派の代表的な画家です。1863年生まれ、生誕156年になります。

11月9日(旧暦 慶応3年10月14日)は大政奉還の日です
(掲載日時:2019年11月08日)
1867年の出来事です。二条城で徳川慶喜が各藩の重臣に諮問した絵が有名ですが、これは大政奉還の前日の様子です。

11月7日は、国会議事堂が完成した日です
(掲載日時:2019年11月07日)
日本の中枢は1936年完成。設計はコンペで決定し、官僚設計士たちの合同作になっています。

11月5日は、旧石器捏造事件がスクープされた日です
(掲載日時:2019年11月04日)
事件は2000年。日本の前期・中期旧石器時代の遺物や遺跡だとされていたものが捏造だったと発覚した大事件でした。毎日新聞のスクープです。

11月4日は、ツタンカーメン王の墓が発見された日です
(掲載日時:2019年11月03日)
1922年に、考古学者ハワード・カーターが発見しました。王墓としてはきわめて珍しいことに、ほとんど盗掘を受けていませんでした。

11月4日(旧暦 延宝2年10月7日)は、狩野探幽の命日です
(掲載日時:2019年11月03日)
狩野永徳の孫で狩野派を代表する絵師の探幽は、1674年に死去しました。

11月3日は、横浜美術館の誕生日です
(掲載日時:2019年11月02日)
1989年に開館、今年で30周年です。

11月3日が開館記念日のミュージアムは、いっぱいあります。
(掲載日時:2019年11月02日)

11月2日は、地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)の誕生日です。
(掲載日時:2019年11月01日)
発掘された2万年前の旧石器時代の遺跡面を、そのまま現地で保存して公開するという世界的にも珍しいミュージアム。1996年に開館しました。震災での被害についてはこちらをご覧ください。

11月2日は、国立科学博物館の開館記念日です
(掲載日時:2019年11月01日)

11月1日は、藤田嗣治が時代の寵児になった日です
(掲載日時:2019年10月31日)
1921年のこの日に開幕したサロン・ドートンヌ(フランスの美術展)に、藤田は「裸婦」など3点を出品。東洋陶磁器を思わせる滑らかな肌の表現は絶賛され、観客は作品の前に詰めかけたといいます。

(1) 2 3 4 ... 27 »
取材レポート
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
彫刻の森美術館「箱根ナイトミュージアム」'
ナイトミュージアム
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
Bunkamura
リヒテンシュタイン
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
出光美術館
やきもの入門
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて
特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 富野由悠季の世界 利休のかたち 継承されるデザインと心 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社