インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  なるほど!ミュージアム

なるほど!ミュージアム

  

7月20日(旧暦 享保元年6月2日)は、尾形光琳の命日です
(掲載日時:2019年07月19日)
燕子花図や紅白梅図(ともに国宝)をはじめ、多数の装飾的な名作を残した光琳。1716年に死去しました。

7月20日(旧暦 慶安3年6月22日)は、岩佐又兵衛の命日です
(掲載日時:2019年07月19日)
江戸初期の絵師で、1650年に死去。辻惟雄氏が評する「奇想の画家」の一人です。

7月20日は、人類が始めて月に到達した日です
(掲載日時:2019年07月19日)
1969年、アポロ11号が到達。「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」

7月19日は、ナチスが「退廃芸術展」を開催した日です
(掲載日時:2019年07月18日)
「近代美術の公開処刑」を目的に1937年にミュンヘンで開催。大評判となり、後に各地を巡回しました。

7月18日は、カラヴァッジョの命日です
(掲載日時:2019年07月17日)
1610年没、今年で410周年です。バロック期の代表画家として知られますが、とても奔放な人物で、自宅で暴れて拘置所に送られたり、乱闘騒ぎを引き起こしたり、誤って人を殺めたこともありました。
今年から来年にかけて巡回展が開催されます。

7月17日は、コローの誕生日です
(掲載日時:2019年07月16日)
1796年生、今年で生誕223周年です

7月16日は、三内丸山遺跡から多数の土器などが発見された日です
(掲載日時:2019年07月15日)
1994年7月16日、青森県青森市の三内丸山遺跡で巨大建造物の木柱や大量の土器が出土し、国内最大級の縄文期の集落跡と判明しました。

7月15日に、ロゼッタ・ストーンが発見されました
(掲載日時:2019年07月14日)
1799年7月15日、エジプト・シリア戦役の途上フランス軍人ピエール=フランソワ・ブシャールが発見しました。1822年に、ジャン=フランソワ・シャンポリオンによって解読、ヒエログリフ解読の鍵となりました。

7月15日は、「三筆」のひとり、嵯峨天皇の命日です
(掲載日時:2019年07月14日)
第52代天皇の嵯峨天皇は平安時代の能書家。延暦寺には国宝「光定戒牒」が残ります。843年のこの日(旧暦・承和9年7月15日)に死去しました。

7月15日は、黒田清輝の命日です
(掲載日時:2019年07月14日)
1924年没、日本洋画の巨匠です。

7月14日は、坂本繁二郎の命日です
(掲載日時:2019年07月13日)
1969年没、今年で50周年です。明治から昭和にかけて活躍したの洋画家。青木繁とは同郷で同年生まれ。小学校から同級生で終生のライバルとして知られます。

7月13日は、青木繁の誕生日です
(掲載日時:2019年07月12日)
1882年生、今年で生誕137周年です。明治期の画家で、『海の幸』などが有名ですが、満28歳の若さで亡くなったため、作品数も少なく、未完成の作品が多く残されています。

7月13日は、青森県立美術館の誕生日です
(掲載日時:2019年07月12日)

7月12日は、モディリアーニの誕生日です
(掲載日時:2019年07月11日)
1884年生。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人に数えられます。

7月11日は、ヘレン・シャルフベックの誕生日です
(掲載日時:2019年07月10日)
フィンランドの国民的女性画家は1862年生まれ、今年で生誕157年です。

7月11日は、アルチンボルトの命日です
(掲載日時:2019年07月10日)
1593年没、今年で426周年です。マニエリスム期のイタリアの画家で、果物などを寄せ集めて描く不思議な肖像画が有名です。

7月10日(旧暦 寛政11年6月8日)は、長沢芦雪の命日です
(掲載日時:2019年07月09日)
円山応挙の弟子。曽我蕭白や伊藤若冲らとともに「奇想の画家」と言われます。1799年に死去しました。

7月10日は、ピサロの誕生日です
(掲載日時:2019年07月09日)
フランス印象派の画家、カミーユ・ピサロは1830年生。来年で生誕190周年になります。

7月9日は、サイパンの戦いが終結した日です
(掲載日時:2019年07月08日)
太平洋戦争末期の1944年のこの日、サイパンで日本軍は全滅。多くの民間人も犠牲になりました。悲劇的な場面を油彩で描いたのは藤田嗣治。大作「サイパン島同胞臣節を全うす」は東京国立近代美術館に無期限貸与されています。

7月9日は、日本科学未来館の誕生日です
(掲載日時:2019年07月08日)

7月8日は、東山魁夷の誕生日です
(掲載日時:2019年07月07日)
1908年生、今年で生誕111周年です。昨年は京都国立近代美術館と、国立新美術館で、生誕110年を記念する展覧会が開催されました。

7月7日は、岡本太郎の『明日の神話』が公開された日です
(掲載日時:2019年07月06日)
『明日の神話』はメキシコのホテルのために制作されましたが、30年近く行方不明になっていました。2003年にメキシコ国内の倉庫で発見され、修復作業を経て、2006年7月7日に汐留で公開されました。展事後は4箇所から誘致されましたが、現在は渋谷マークシティの連絡通路に設置されています。

7月7日は、大日本陸軍従軍画家協会の第一回展覧会が開幕した日です
(掲載日時:2019年07月06日)
同会は日中開戦後に戦地に従軍した画家、彫刻家によって結成された美術団体でした。展覧会は7月13日まで日本橋三越で開催。1938(昭和13)年の出来事です。

7月6日は、浅田政志さんの誕生日です
(掲載日時:2019年07月05日)
自分の家族と自らがセルフタイマーで写るユニークな写真集『浅田家』で、2008年度の木村伊兵衛写真賞を受賞。1979年生まれ、40歳のお誕生日です

7月6日は、ルドンの命日です
(掲載日時:2019年07月05日)
1916年没、今年は103周年です。
昨年、<a href="https://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view&id=1021&quo...ルドン−秘密の花園</a>が三菱一号館美術館で開催されました。

7月6日は、第一回聖戦美術展が開幕した日です
(掲載日時:2019年07月05日)
7月23日まで、東京府美術館(現在の東京都美術館)で開催されました。1939(昭和14)年、「文展以上のゴッタ返す」人気でした。

7月5日は、バウハウス創立者のヴァルター・グロピウスの命日です
(掲載日時:2019年07月04日)
1969年没、今年で50周年です。近代巨匠の四大巨匠(ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に)の一人とされます。バウハウスはドイツのモダニズム建築に重要な影響を及ぼした建築学校で、関わる物件はまとめて世界遺産に登録されています。

7月4日は、アーウィン・ブレーメンフェルドの命日です
(掲載日時:2019年07月03日)
1969年没、今年で50周年です。シュルレアリスム系統の写真や、ファッション写真で知られます。

7月3日は、中村彝の誕生日です
(掲載日時:2019年07月02日)
1887年生、今年で生誕131周年です。大正期の洋画家で、2013年に新宿区下落合のアトリエ跡に「新宿区立中村彝アトリエ記念館」がオープンしました。

7月2日は、金閣寺放火事件が起きた日です
(掲載日時:2019年07月01日)
1950年(昭和25年)7月2日の未明に出火。国宝の舎利殿(金閣)が全焼し、創建者である足利義満の木像など国宝を含む文化財6点も焼失しました。

7月1日は、日本人画家による西洋画模写の展覧会が、初開催された日です
(掲載日時:2019年06月30日)
明治42(1909)年のこの日、牛込神楽坂の盆栽屋の2階と3階で「泰西名画展覧会」が開幕。主催は磯谷商店(額縁製造業)の店主・長尾健吉。黒田清輝らの作品が出展されました。

7月1日は、北斎より引っ越しが多かった浮世絵師、豊原国周の命日です
(掲載日時:2019年06月30日)
幕末から明治にかけての浮世絵師。117回も転居し「絵は北斎には及ばないが、転居数では勝っている」と誇っていたそうです。1900(明治33)年に死去しました。

7月1日は、ジョルジュ・サンドの誕生日です
(掲載日時:2019年06月30日)
1804年生、今年で生誕215年です。サンドはフランスの小説家、彼女が紹介したことで「貴婦人と一角獣」はその名を知られるようになりました。

6月30日は、川合玉堂の命日です
(掲載日時:2019年06月29日)
1957年没、今年で62周年です。

6月30日は、パンダ「カンカン」の命日です
(掲載日時:2019年06月29日)
1972年に来日して大人気となったカンカンとランラン。カンカンは没後37年になります。ランランは2017年9月に死にました。

6月29日は、パウル・クレーの命日です
(掲載日時:2019年06月28日)
クレーは1879年、スイス生まれ。1940年に亡くなったので、今年は没後79年です。

6月28日は、クールべが世界初の「個展」を開催した日です
(掲載日時:2019年06月27日)
1855年のパリ万博に出品したギュスターヴ・クールベは、大作『オルナンの埋葬』など三点が落選したため、博覧会場のすぐ近くに小屋を建て、同日から作品展を開きました。自らの作品だけを展示する世界初の個展といわれています。

6月28日は、ルーベンスの誕生日です
(掲載日時:2019年06月27日)
バロックの巨匠は、日本では「フランダースの犬」で知っている人が多いかもしれません。1577年生まれ、今年で生誕441周年です
昨年、近年では最大級のルーベンス展が<a href="https://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view&id=1107&quo...国立西洋美術館</a>で開催されました。

6月27日は、ヴァザーリの命日です
(掲載日時:2019年06月26日)
1574年没、今年は445周年です。マニエリスム期イタリアの画家で建築家です。フィレンツェのドゥオモに天井画を描き、ウフィッツィ美術館には彼の名を冠した「ヴァザーリの回廊」があります。

6月26日は、前川國男の命日です
(掲載日時:2019年06月25日)
ル・コルビュジェに建築を学んだ前川國男は1986年没、今年で33年になります。上野の国立西洋美術館は本館がル・コルビュジェ、新館が前川國男の手によるものです。

(1) 2 3 4 ... 25 »
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社