インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2013年上半期、印象に残った展覧会ランキングを発表します
(掲載日時:2013年10月31日)
2013年上半期、印象に残った展覧会は?
2013年上半期、皆さんの心に残った展覧会をまとめました。ラファエロやミュシャ、干し首まで・・・あなたのお気に入りは何位にランクインでしょうか?
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月30日)
大恐竜展 ─ ゴビ砂漠の驚異
7000年前じゃないですよ、7000万年前の本物です。「聖地」からやってきたのは、実物化石が90%!
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月29日)
小林古径生誕130年記念 古径と土牛
鳥、蓮、猫、犬など、同じ画題で描かれた二人の作品を比較できるのも本展の魅力です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月28日)
東大寺 ― 鎌倉再建と華厳興隆 ―
肖像彫刻の最高傑作、国宝《重源上人坐像》が金沢文庫に。老身の痩躯ながら、威厳ある表情は圧倒的
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月23日)
朝倉彫塑館がリニューアル
とても東京とは思えない落ち着いた佇まいですが、日暮里から徒歩5分。4年半ぶりの再開館です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月23日)
松本かつぢ展
昭和初期の少女雑誌で中原淳一と人気を二分した大スター。手塚治虫より20年も前に描いた少女漫画も!
インターネットミュージアムへのアラート告知について
(掲載日時:2013年10月23日)
2013年10月22日(火)7:00~19:00の間、インターネットミュージアムをChromeやFirefoxなどのブラウザで見たり、Googleで検索すると「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」という警告が出ました。複数のセキュリティツールで確認したところサイトに問題は発見されなかったため、甚だ遺憾ながら、広告配信のためのJavaScriptがマルウェアと誤検知されたのが原因と思われます。Google側に対処を要請した結果、現在は正常に閲覧できます。今後も安心してインターネットミュージアムをご利用ください。
「MUSEUM ACTION」を更新しました
(掲載日時:2013年10月18日)
福島美術館 vol.2
震災取材レポート「MUSEUM ACTION」。復活した福島美術館を再び訪ねました。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月17日)
スヌーピー展
誰もが知っている大人気キャラクター。4本足で歩く初期のスヌーピーも登場。ミュージアムショップも要チェックです!
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月17日)
ターナー展
英国絵画史上最高の画家の作品、計約110点が来日。文字通り、ターナーの作品ばかりを集めた大規模展です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月16日)
種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展
「映画美術は、撮影が終わって壊すことによってはじめてフィルムの中にしか存在しない空間になる」(種田さん)
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月15日)
カイユボット展 ― 都市の印象派
印象派の重要人物にも関わらず、知名度があまり高くなかったカイユボット、理由は3つ。早世、裕福、都市の絵。
「皇室がご覧になった展覧会」を更新しました
(掲載日時:2013年10月12日)
皇室がご覧になった展覧会 2013年後半
皇后陛下は「カラーハンティング展」へ、天皇陛下は「益田一と日本の魚類学」をご覧に。
トピックスを更新しました
(掲載日時:2013年10月11日)
岡田美術館が開館
近世・近代の日本画と東アジアの陶磁器を中心に、東洋の美が一堂に会した美術館が箱根に開館。足湯もgood♪
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月11日)
横山大観展 ─ 良き師、良き友
近代日本画の両巨星といえば、西の栖鳳に対し、東はもちろんこの人。師・友との交流に着目しました
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月10日)
特別展 京都
米国からの里帰り、高精細映像…「京都でも見ることができない京都。」刺激的なキャッチコピーに偽りナシ
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月08日)
三菱一号館美術館名品選2013
西洋美術コレクションの主要作品を公開。ミレー、ルノワール、モネ、トゥールーズ=ロートレック…錚々たる顔ぶれです
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月08日)
印象派を超えて ─ 点描の画家たち
関連性が薄いように思われるキャッチコピーの3人を結びつけるキーワードは「色の分割」
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月06日)
ウィリアム・モリス 美しい暮らし
安易なプロセスに妥協せず「美しい暮らし」を求めたのがこの人。会場には楽しい体験コーナーも
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月06日)
トスカーナと近代絵画 もうひとつのルネサンス
フィレンツェの美術といえば、まず思い起こすのはルネサンス。では19~20世紀の美術は?
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月04日)
吉岡徳仁 - クリスタライズ
世界に最も影響を与える創り手の一人による、過去最大規模の個展。理屈抜きの美しさが際立ちます
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月03日)
上海博物館 中国絵画の至宝
展覧会の規模は大きくはありませんが、密度の濃さは保証付き。本場中国でもなかなかここまでは見られません
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年10月02日)
笑う浮世絵 ─ 戯画と国芳一門
日本が誇る芸術作品の浮世絵も、もともとは庶民の手軽な娯楽。脱力系の戯画ばかりを集めてみました

2013年10月は計 23 件のニュース記事があります
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社