インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

「皇室がご覧になった展覧会」を公開しました
(掲載日時:2013年09月30日)
皇室がご覧になった展覧会
特別展「深海」、大野麥風、福田美蘭…調べてみたら、かなりご覧になっています。今後も随時更新します
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月30日)
ライゾマティクス inspired by Perfume
Perfume不在でも繰り広げられる新次元のライブパフォーマンス。海外で話題になったあのステージも見られます。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月27日)
六本木クロッシング2013
タイトルにつけられている「アウト・オブ・ダウト」は、社会通念や既存の制度に向けられた疑念(ダウト)から
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月26日)
オリンピックがやってくる 1964-2020
ロゲ会長のひと言で、50年ぶりの高揚感を手に入れた私たち。前回の東京五輪を振り返ります
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月25日)
明治のこころ モースが見た庶民のくらし
130年前にモースが絶賛した、名もなき日本の庶民の暮らし。今でも私たちはこの賞賛を受けることができるでしょうか
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月23日)
ベルサイユのばら展
数々の名セリフも印象深い国民的コミックの連載40周年記念展。「自由であるべきは心のみにあらず!!」
キャラクターアワード、ベスト3のコメントを掲載しました
(掲載日時:2013年09月17日)
ミュージアムキャラクターアワード
ベスト3に入ったミュージアムからのコメントを掲載しました
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月17日)
モローとルオー
師弟の枠を超えて強い絆で結ばれていた二人。「私は橋です。君たちの何人かがその上を渡っていくでしょう」(モロー)
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月17日)
Drinking Glass ― 酒器のある情景
酒を嗜むための数々のガラス器を、置かれた情景に着目して紹介する企画展。会場は清々しいイメージです
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月13日)
清雅なる情景 日本中世の水墨画
唐の時代の中国で生まれた水墨画。日本には鎌倉時代末期から室町時代にかけてもたらされ、禅宗と結びつきながら普及していきました。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月12日)
ミケランジェロ展─天才の軌跡
ミケランジェロの最初期から晩年の彫刻作品、そして素描や甥への手紙、そして食事のメモまで展示されています。神のごとき巨匠の食生活とは?
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月12日)
国宝「卯花墻」と桃山の名陶
国宝の茶碗だけでなく、個人所有の名陶もずらり。これまで公開される機会がほとんどなかった逸品ばかりです
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月06日)
竹内栖鳳展 近代日本画の巨人
京都画壇の近代化の旗手、過去最大規模の大回顧展。鳴き声が聞こえてくるような動物は、徹底的な写生から
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月06日)
国宝 興福寺仏頭展
1300年にわたって多くの仏教美術を守り伝えてきた古刹、興福寺。国宝《銅造仏頭》は、後ろに回っての鑑賞も可能です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年09月03日)
チェコの映画ポスター
1960年代のチェコの映画ポスターは超独創的。血の滴+喰いしばった歯+崩れた門のポスターは、あの日本映画です。

2013年9月は計 15 件のニュース記事があります
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社