インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月31日)
IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器
江戸時代の約100年間だけ、ヨーロッパへ輸出された伊万里焼。西欧の宮殿を飾ったコレクションが日本初お披露目です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月30日)
江戸の面影 浮世絵は何を描いてきたのか
高嶺の花だった吉原の花魁。人物を書かずに表現した団十郎の「暫」。江戸の姿を切り取った浮世絵の数々
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月30日)
ラファエル前派展
形式と慣例に縛られていたアカデミズムに真っ向から反旗を翻したRPB。人間関係はドロドロでした…
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月29日)
眞葛焼 ─ 田邊哲人コレクションと館蔵の名品 ─
欧米を熱狂させた「MAKUZU」こと眞葛焼(まくずやき)。息苦しくなるほどの濃密な装飾が魅力です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月28日)
クリーブランド美術館展 ― 名画でたどる日本の美
全米屈指の日本美術コレクションを誇るクリーブランド美術館から、選りすぐりの日本絵画が来日
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月24日)
戦国アバンギャルドとその昇華 兜 KABUTO
キャラが立っている戦国武将は、個性的な兜が必須アイテム。大阪展の好評を受け、関東に巡回です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月22日)
プライベート・ユートピア ここだけの場所
28名中の出展作家の中で、17名がターナー賞のノミネート・受賞者という豪華な展覧会。「英国現代美術館のいま」がここに
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月22日)
メイド・イン・ジャパン南部鉄器
約400年前に誕生した岩手の伝統工芸品は、欧州での評判が日本に還流し、再び評価が高まっています
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月21日)
人間国宝展 ― 生み出された美、伝えゆくわざ―
現代の工芸家の頂点である重要無形文化財の保持者(人間国宝)104名の作品を集めた展覧会です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月17日)
Kawaii 日本美術 ― 若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで ―
マンガやアニメだけでなく、日本美術の中にもたくさんある「Kawaii」。館長をはじめ、学芸員も全員女性の山種美術館がお届けします
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月16日)
木島櫻谷 ─ 京都日本画の俊英 ─
「屏風にするよりも写真屋の背景にした方がいい」と夏目漱石が酷評した、京画壇の人気者
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月16日)
松岡コレクション 理想郷
遠い昔から人々が憧れていた理想郷。悠久の歴史の中ではぐくまれた「いのりのかたち」をご案内
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月15日)
シャヴァンヌ展
フランス公共建築の壁画はドラクロワ → シャセリオー → シャヴァンヌ。19世紀フランスを代表する壁画家です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月10日)
和歌を愛でる
2014年の根津美術館は「和歌」で開幕。新春に相応しい、雅な名品がそろいました
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月10日)
大浮世絵展
これさえ見れば浮世絵は大丈夫。オールスターが揃った「浮世絵の教科書」です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月09日)
降臨!神業絵師 伊藤彦造という男
ハンデを負いながらも、経験に基づく緊迫感あふれる挿絵で、戦前の少年たちを熱狂させた絵師。画人ではなく、武人です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月08日)
没後70年 中村不折のすべて
明治から昭和にかけて活躍した中村不折。「描く→売る→中国の書の資料を収集する」を繰り返した、書の救世主です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月08日)
楽茶碗と新春の「雪松図」
同じ展覧会ですが二度目の取材に。もちろんお目当ては、例の屏風です。圧倒的な存在感は神々しいほど
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月07日)
草乃しずかの世界展 一針に祈りをこめて40年
繊細な手仕事による日本刺繍の世界。草乃しずかさんの40年に及ぶ刺繍作家活動の全貌を展観します
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年01月06日)
O JUN ― 描く児
画家・O JUN(おう・じゅん)の東京初の大規模個展。ベッド、足踏み…あの事件を題材にした新作も

2014年1月は計 20 件のニュース記事があります
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社