インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月27日)
誕生50周年記念 ぐりとぐら展
1963年に生まれた、ふたごの野ねずみ「ぐり」と「ぐら」。誕生50周年を記念した全国巡回の展覧会が、松屋銀座から始まりました。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月27日)
探幽3兄弟展
江戸初期の狩野派を代表する狩野探幽(かのうたんゆう)。実は弟の尚信(なおのぶ)、安信(やすのぶ)も幕府の御用絵師でした。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月25日)
柳瀬正夢1900-1945 時代の光と影を描く
15歳で再興院展に入選、32歳で治安維持法違反で逮捕、45歳で空襲のため死去…。精力的な創作で力強い足跡を残した天才画家の歩み
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月24日)
野口哲哉展 ― 野口哲哉の武者分類図鑑 ―
古びた姿の鎧武者が、ウォークマンを聞いていたり、ソファでくつろいでいたり…。虚実入り交ぜた武者象です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月19日)
都美セレクション 新鋭美術家 2014
公募団体の合同展から、今後の活躍が期待される新進作家を選抜して個展形式で紹介。今年選ばれたのは、この5人です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月19日)
アンディ・ウォーホル展:永遠の15分
没後四半世紀を過ぎても、その人気は健在。日本では過去最大級の回顧展、作品と資料あわせて約700点です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月17日)
2011.3.11平成の大津波被害と博物館
戦後最大の自然災害となった東日本大震災から3年。被災した文化財の救出活動や保存処理は、今もなお継続中です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月17日)
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900
ラファエル前派から繋がる唯美主義を、日本で初めて本格的に紹介する展覧会。アルバート・ムーアによる優美な女性像は要チェック
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月14日)
描かれた風景 ~絵の中を旅する~
本展の後に、1年半の休館となる静嘉堂文庫美術館。天気が良い日の午前中なら、アレが見えるかも。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月13日)
あなたの肖像 ― 工藤哲巳回顧展
伝説の《インポ哲学》が半世紀ぶりに復活。反芸術の旗手、東京初の大回顧展。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月12日)
国宝「紅白梅図屏風」と所蔵名品展
決まった時期に決まった美術館でしか見られない名品はいくつかありますが、こちらもそのひとつ。尾形光琳の最高傑作を、熱海で満喫。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月10日)
岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜
開明派の文化人・岸田吟香。その四男は〈麗子像〉の岸田劉生。その長女の岸田麗子。三代の物語をたどる企画展です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月07日)
三井家のおひなさま
日本橋に春の訪れを告げる恒例の展覧会。いつもは国宝がある展示室で見るひな人形、新鮮です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月05日)
葛飾応為「吉原格子先之図」
旦那をバカにする、アゴが出ている…女子力はイマイチでも、画力は折り紙付き。知られざる“画狂老人”の娘。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年02月05日)
世紀の日本画
日本美術院が再興されて100年。再興院展の歴史は、近代日本画の歴史そのものです

2014年2月は計 15 件のニュース記事があります
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社