インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月31日)
没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖
上野彦馬と並んで「東の蓮杖、西の彦馬」と呼ばれ、日本写真文化の礎を築いた下岡蓮杖。“写真元祖”の絵師でした
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月28日)
鉄道×絵画
「日本のゴッホ」長谷川利行の大作《赤い汽罐車庫》を8年ぶりに展示。隣にある花の絵は、鉄道と関係ないと思いきや…
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月27日)
観音の里の祈りとくらし展 ─ びわ湖・長浜のホトケたち ─
織田信長が焼き討ちにする中でも、川に沈めて、田んぼに埋めて、大切に守り抜いた長浜の観音さま
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月27日)
特別展「栄西と建仁寺」
日本に禅宗をもたらした栄西の800遠忌にあわせた特別展。俵屋宗達による国宝《風神雷神図屏風》が、5年ぶりの登場です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月24日)
藝大コレクション展 ― 春の名品選 ―
「コレクション展」と銘打っていても文化財指定の作品が普通に並んでいるのは、さすが藝大です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月24日)
コメ展
「はじめちょろちょろ、中ぱっぱ…」、美味しくご飯が炊けるでしょうか? クオリティの高さは唸るほど、子ども連れにもGood!
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月24日)
ちょっとパリまで、ず~っとパリで
住友グループ各社が収蔵する数多くの美術品。ビジネスの現場を彩っている知られざる逸品を展観できる、滅多にないチャンスです
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月20日)
富士と桜と春の花
2013年6月に世界文化遺産に登録された、富士山。古来信仰の対象であり、雄大な姿は多くの芸術作品を生み出してきました。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月20日)
特別展 医は仁術
世界最先端と評価されている日本の医学・医療。その原点は、江戸時代にありました。解剖図は首なし、その理由は?
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月18日)
歴史にみる震災
日本では過去にも数々の巨大地震が発生し、多くの悲劇が生まれてきました。私たちは、また忘れてしまうのでしょうか
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月14日)
魅惑のニッポン木版画
日本人にとって馴染みが深い芸術表現のひとつが、木版画。幕末から現代まで、日本の木版画表現の歩みを辿る展覧会です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月11日)
郵政博物館がオープン
日本最大の切手展示、国内外の郵政資料、体験・体感型コンテンツと、見どころたっぷり。東京スカイツリータウンの新名所です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月06日)
「驚くべきリアル」展
「日本スペイン交流400年」の交流事業の一環としてはじまった展覧会。スペイン・ラテンアメリカ美術の現在を紹介します
インターネットミュージアムが紹介されました
(掲載日時:2014年03月06日)
@niftyの「アートで安らぎを(芸術鑑賞)」特集で、インターネットミュージアムが紹介されました。
iPadのお得なレンタルキャンペーンや、おすすめの楽しみ方も紹介しています。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月05日)
イメージの力 ─ 国立民族学博物館コレクションにさぐる
博物館と美術館のコラボレーション。ありそうでなかった企画展です。時代や地域などの先入観は外して楽しむのがベストです。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月04日)
ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡
“直接行動”で日常に芸術を持ち込んだ前衛芸術家集団の結成50年記念展。トレードマークは、赤い「!」です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年03月03日)
清麿展 -幕末の志士を魅了した名工-
幕末に活躍した日本刀の名工、生誕200年の記念展。18歳で造った処女作からも、ただならぬ才能の持ち主だったことが分かります。

2014年3月は計 17 件のニュース記事があります
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社