インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

ミュージアム 干支コレクション アワード、顔で選んでください
(掲載日時:2015年12月24日)
干支コレ 2016 猿 「顔で選ぶ」
猿の館蔵品が60点、顔だけ並べたページを作りました。インスピレーションで選んでください
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月24日)
オノ・ヨーコ|私の窓から
《グレープフルーツ》《カット・ピース》など代表作はもちろん、近作から10代の作品まで
「第2回インターネットミュージアム検定」リリースしました
(掲載日時:2015年12月23日)
インターネットミュージアム検定
ミュージアム通への登竜門、第2回インターネットミュージアム検定をリリースしました
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月22日)
夷酋列像 ─ 蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界 ─
松前藩を揺るがす大事件「クナシリ・メナシの戦い」。藩の存亡をかけて、「異様かつ威容」のアイヌ像が描かれました
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月20日)
ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある
素朴な手法で作られた映像作品ですが、独特の存在感は他の追随を許しません。現代美術が苦手な方に、特に強くお勧めいたします
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月17日)
最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて
幅広い技を身に着けた巨匠。「芸妓を身受けした披露の席から検挙・連行された」など、豪快なエピソードも伝わります
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月17日)
18th DOMANI・明日展
毎年恒例の海外研修成果の発表展。今回は11人+1人の作品と、保存・修復分野2人の成果が紹介されました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月16日)
水 神秘のかたち
水は命の源であると同時に暮らしに近い存在でもあり、日本では古くから祈りの対象として表されてきました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月16日)
ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展
フランス・ブルターニュ地方の小さな村、ポン=タヴァン。独特の文化と風光明媚な自然を持つこの地は多くの才能を惹きつけました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月15日)
戦後70年:もうひとつの1940年代美術
栃木での開催という事もあって、行く前に少し迷っていたのが恥ずかしくなりました。「戦後70年展」の決定版は、これです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月15日)
絵本原画からアニメまで スノーマン展
25年ほど前、日本でもCMに採用されたスノーマンのアニメ。なんと冒頭のナレーションはデヴィッド・ボウイでした。
ミュージアム 干支コレクション アワード、投票スタートです
(掲載日時:2015年12月14日)
ミュージアム 干支コレクション アワード
日本画、浮世絵、お面、木彫、考古、工芸、ラベル…。猿が入っている館蔵品、お気に入りの一点に投票お願いします
干支が入っている館蔵品が揃いました
(掲載日時:2015年12月13日)
ミュージアム 干支コレクション アワード
猿が入っている館蔵品、今年は60館も参加いただきました! 投票は12月14日(月)の13:00からです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月07日)
山端祥玉が見た昭和天皇 ─ 摂政から象徴まで ─
天皇の戦争責任を追及する声が出る中、山端らが写した「新しい事態に即した皇室の御写真」とは
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月04日)
東京国立博物館 平成館考古展示室リニューアル
トーハクに行っても見ないで帰っていた方も多いのでは?縄文時代から江戸時代まで、充実の考古資料をお見逃しなく!
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月04日)
鎌倉からはじまった。1951-2016 PART 3: 1951-1965 鎌倉近代美術館 誕生
終戦からわずか6年後に誕生した、日本で初めての公立近代美術館。さようなら、カマキン。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月03日)
金銀の系譜 ~宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界~
1年半に及ぶ休館を経て、リニューアルオープン。再開後初の展覧会は、金銀を多用した豪華な作品を紹介する企画です
「猿」が入っている館蔵品、募集中です
(掲載日時:2015年12月03日)
ミュージアム 干支コレクション アワード
干支が入っている館蔵品をご紹介するとともに、好きな1点にネットで投票していただく企画。エントリー受付中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月02日)
三井家伝世の至宝
年明けからのお披露目が恒例の、円山応挙の国宝《雪松図屏風》。今回は年末からお楽しみいただけます。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年12月01日)
村上隆の五百羅漢図展
国内では14年ぶりとなる大規模個展、創作プロセスも公開されています。展覧会は写真撮影も可能です。

2015年12月は計 20 件のニュース記事があります
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社